INCIDENT

ぼんちきよしの現在!タイで怪我や病気も嫁もなく元気に暴れまくっていた!

ぼんちきよしの現在!タイで怪我や病気も嫁もなく元気に暴れまくっていた!まさにタイランドドリームを実現した男、ぼんちきよしの現在が話題になっているのだ。

週刊文春が報じたところによると、 吉本興業所属のベテラン芸人・ぼんちおさむ(65)の弟子にあたるぼんちきよしが現在、タイで事件を起こしたと報道して話題になているのだ。

改めて週刊文春の報道を振り返るとともに、ぼんちきよしの現在とタイで元気にあばれまくる様子や怪我や病気も嫁なども合わせてご紹介します。

スポンサーリンク






ぼんちきよしの現在

吉本興業所属のベテラン芸人・ぼんちおさむ(65)の弟子にあたるぼんちきよしの現在が話題になっている。

2015年に吉本興業のアジアProject「住みますアジア芸人」の1人として、ぼんちきよしさんはタイに渡った。

タイと日本の友好の架け橋になりたいとして取材に応えていたぼんちきよしさん。

ぼんちきよしさんの経歴からごしょうかいします。

【氏名】ぼんちきよし
【本名】佐藤 協相(さとう きよし)
【生年月日】1976年2月29日
【年齢】
【出身】大阪市生野区出身
【学歴】啓光学園
【趣味】ラグビー
【旧コンビ】サイドB つばさ・きよし

ぼんちきよしはの師匠はぼんちおさむ。

1994年に弟子入りして芸能界入り。
啓光学園ラグビー部の元主将で花園に出場経験がある。

出っ歯がポイントで「明石家さんまの偽物」としてしばしばお笑いのネタにしていた。

以前はサイドBというコンビで活躍、大木つばさと2000年8月につばさ・きよしを結成するも、「吉本最後の弟子っ子コンビ」と呼ばれたが、2012年12月30日の『オールザッツ漫才2012』(MBSテレビで生放送)出演中に、2013年でコンビを解散することを明かした。解散を機に、大木つばさは芸能界を引退するが、ぼんちきよしは「ピン芸人」として芸能活動を続ける。

そんな、ぼんちきよしが、一躍脚光を浴びることになったのはタイで成功だった。

「日本のエンタメをアジアに伝える“伝道師”という立場で、10数人の芸人が『住みますアジア芸人』としてアジア5カ国に移住したのです。このプロジェクトは吉本興業主導。きよしはタイに向かった1人でした」(吉本関係者)

 先輩芸人のケンドーコバヤシ(45)が、きよしのタイでの活躍を日本で広めた。

「ケンコバがテレビ番組で語ったところによると、きよしは当初、風呂、水道なしの部屋に住んでいましたが、“忍者の末裔”と称して黒装束に身を包み、飲食店を営業で回ったところ大受け。スポンサーが続々と現れ、ジム付きの超高級コンドミニアムで暮らせるようになったと紹介していました」

ぼんちきよしの嫁は?

ぼんちきよしは既婚者で二人のお子様がるようだ。
ウィキペディアにも、その旨の情報が記載されている。

既婚者。2児のパパ。

病気や怪我とは一体なに?

ぼんちきよしといえば、タイに渡って病気や怪我が心配されてた。

とくに有名な怪我としては、ぼんちきよしさんは、タイに渡って、ネズミに足を噛まれて50針縫うなどの大怪我を負っていた。
さらに、タイに住んで一番最初のアパートはかなりボロボロ。

ある日、ぼんちきよしさんが寝ているとなんと信じられないくらい巨大なアリの大群に足を噛まれていたなどという逸話まであった。

しかし、単身でタイに乗り込むとなると、その病気や怪我さえも笑いに変えるところは流石だ。

スポンサーリンク


週刊文春の報道が話題に

そんな、嫁を置いて単身でタイににのりこみ怪我や病気を笑いい変えて突き進むぼんちきよしさんに週刊文春の報道が話題になっている。

 事件が起きたのは昨年7月9日のことだった。この日、バンコク市内のバーベキュー会場に、現地で飲食店を経営する知人男性A氏の仲間が集い、誕生日会が行われた。A氏が明かす。

「深夜12時を過ぎた頃、姿を見せたきよしは泥酔状態。飲食店スタッフに相撲を挑んだ後、『喧嘩しよか』と捲し立てたのです。そして彼はワインやビールの瓶を手当たり次第、地面に叩きつけ始めた。1時間ほど大暴れし、そのうちの1つのボトルが僕の右足甲部を直撃。足は大きく膨れ上がった。それでもきよしは収まらず、周囲とふたたび衝突したのです」

 吉本興業の担当者はこう釈明する。

「ぼんちきよし自身も怪我を負っており、日本の警察に対し、被害者として被害届を出しています。(暴行当日の行動については)捜査中なのでお答えできません」

 2月1日(木)発売の「週刊文春」では、もう1件の暴行事件も含め、その後の経緯について詳報している。

スポンサーリンク