Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
爆報!THE フライデー・金スマ

【金スマピアニスト】野田あすかさんはのだめモデルで広汎性発達障害だった・・母親の恭子さんは子育てに悩む日々だった!!

そのコンクールで野田あすかさんのある楽曲が国際的な評価を獲得することになる。

それが「不思議な森の一日」だ。
この曲の編曲を担当して国際障害者ピアニストフェスティバル銀賞・オリジナル作品賞を獲得する。彼女の感性が一気に開花したこの作品。しかし、ここで野田あすかさんは驚くべき事実にぶち当たります。

「楽譜を書くのはすぐにできたが(編曲はすぐにできたが)弾くことができなかった。」
「もともとの曲は指が11本必要だったから、減らして6本で弾けるようにしたの!頭では弾けていたの!」

豊な完成をもった彼女はとにかく無邪気。
話の途中でも、何かに興味を持つと無邪気にはしゃいでいた。

とにかく野田あすかさんは純真。

「みんなんとおしゃべりが苦手だからピアノでしゃべったときに伝わらなかったらつらいし怖いから練習する。」

上手に弾けたり自分が満足したらお父さんとか先生にすぐに電話する」と笑顔で語っていた野田あすかさが印象的だった。

野田あすかさんは自分の気持ちを伝えるために「ありがとう」を耐えるために彼女はピアノを奏でている。

あすかさんの母親の恭子さんは・・夫が単身赴任など出張がおおく、二人だから・・「あなたが悪い」と娘のことでせめられていたという。もっとこうしたららいいとアドバイスをもらうたびに自分を攻める日々だたとう。

のだめモデルとなった

この天真爛漫の天才ピアニスト・・なにかでご覧になったことはないだろうか?

そう、あの人気コミックでドラマも大ヒットしたのだめカンタービレのモデルになったのが野田あすかさんだったのだ。

「のだめ」は主人公「のだめぐみ」さんのニックネームだった。

ドラマでは様々な意見を巻き起こした上野樹里さんの演技。
しかし、野田あすかさんを知ってから改めてのだめを見直すと、上野樹里さんの嫌味のない高い表現力に驚かされるばかりだ。

なんだか、文字にしていても彼女の苦悩や喜び、家族の戦いと喜び・・全てを伝える事はとても難しい。

今日放送される金スマで野田あすかさんがどのように取り上げられるかまだ分からない。
しかし、なんの脚色もなく彼女のピアノを聴けば、私が書いたこの文章などよりも、一瞬で全てが伝わる。私はそう思っている。

ぜひ、放送を楽しみに待ちたいです!!

1 2