直撃!シンソウ坂上

【西鉄バスジャック事件】犯人谷口誠一その後と現在・・直撃!シンソウ坂上で真相をドラマ化!

西鉄バスジャック事件・・当事社会現象となった「キレる17歳」「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)への書き込み」「ネオむぎ茶」などなど、多くのキーワードが注目された事件だった。直撃!シンソウ坂上で真相をドラマ化されることがわかった。

事件から18年。あたらめて日本中を震撼させた西鉄バスジャック事件犯人その後の現在と17歳の犯人の実名報道への賛否など様々な事が議論された事件だった。

事件発生は今から18年前の2000年5月3日13時35分頃だった・・

スポンサーリンク




西鉄バスジャック事件の事件概要

西鉄バスジャック事件に発生は17歳の少年によって行われた凶悪なバスジャック事件だった。

犯人は17歳の少年。

日中の事件でテレビ・メディアは生放送で高速道路を走るバスを生中継。
事件発生当事、バスは1000リットル以上ものガソリンを積んでいたために、東京までの走行が可能とあって、事件がどのような展開を迎えるのか、犯人の要求は一体なんなのか・・緊迫の15時間半だった。

佐賀駅から天神を結ぶ、わずか片道70分のバスの「わかくす号」で事件は起こった。

西鉄バスジャック事件の事件概要事件名:西鉄バスジャック事件
発生日時:2000年5月3日13時35分頃
場所:九州自動車道の太宰府インターチェンジ付近
当日乗客:22名
犯人:17歳少年
車両:わかくす号
定員:56名
トイレ:設置なし

13時35分頃 西鉄バスジャック事件発生

2000年5月3日12時56分頃、佐賀第二合同庁舎発西鉄天神バスセンター行きの西日本鉄道の高速バス「わかくす号」が定刻にバスが出発。西鉄天神バスセンターには14時6分に到着だった。

到着目前の13時35分頃、九州自動車道の太宰府インターチェンジ付近で事件が起こる。
刃渡り約32センチ~40センチの牛刀を持った少年が運転手に牛刀を突きつけられた。西鉄バスジャック事件として日本の犯罪史上に残る事件となる。

バス運転手に牛刀を見せつける

17歳の少年はバス運転手に、刃渡り17センチの牛刀を突きつける。

「おとなしくしてください」
「天神には行かないでください」

西鉄高速バスをバスジャックする。その時の発言はあまりにも異様なものだった。

「天神には行くな、このバスを乗っ取ります。」
「おまえたちの行き先は天神じゃない。地獄だ。」

犯人への指示

西鉄バスジャック事件はここから異様な展開を迎える。

「携帯電話や時計、上着を外して床においてください」
「バスの後ろに詰めて座れ。言うことを聴かないと殺す」

そう言って17歳の西鉄バスジャック事件に犯人はバスの乗客に立て続けに指示を出す。

「二人ずつ移動して女性は真ん中に」
「男性は後ろの席に座ってください」
「窓のカーテンを全部閉めてください」

一人目の被害者

西鉄バスジャック事件は日本のバスジャックの犯罪史上初の被害者が出た凶悪な事件だった。

17歳の犯人が乗客に指示を出す中で前方に座っていた女性は母の介護で疲れ果てて眠ったままで事件発生に気がついていなかった。

すると、17歳の少年その眠って事件に気がついていなかった女性の元に歩み寄るとこう言った。

「あなたふてくされてますね」

そういうと、なんと、女性の首を切りつけたのだ。

西鉄バスジャックの犯人は計画的だった

西鉄バスジャック事件の17歳の犯人は残忍でしかも凶悪。
なによりも犯人の行動は計画的だった。

バスの乗客を後部座席に移動させると、さらに指示を出す。

「補助席をたおせ」

17歳の犯人は男性客の反撃を抑えるために乗客を後ろに集めて、さらに補助席を倒すことで乗客の行動を完全に奪ってしまった。

そして、あのセリフが飛び指すのだ。

「天神には行くな、このバスを乗っ取ります。」
「おまえたちの行き先は天神じゃない。地獄だ。」

スポンサーリンク




幼い少女のとなりに座った犯人は高速道路を突き進むように指示

西鉄バスジャックの17歳の犯人は運転席の後ろにいた幼い少女の隣に座ると運転手に指示を出す。

「そのままバスを高速道路を走りつづけろ」
「このまま岡山まで走ってくれないか」

14:47分 西鉄バスジャック事件発生から1時間12分二人目の被害者

西鉄バスジャック事件発生から1時間12分。福岡県門司ICのバス停ではじめてバスが停車する。

運転手の提案によって乗客をトイレに行かせることになる。

ただし、犯人はこう述べた。

「トイレは一人ずつ。絶対に逃げるな」
「もし逃げたら1人ヤル」

一人目の乗客が犬を抱えて外に出ると、彼女は走ってバスから一気に離れて犯人から逃げることに成功する。

しかし、これが犯人を逆上させてしまう。

「いいですか?みなさんは連帯責任です。僕は約束を守ります。

そういうと、目の前にいた女性に危害を加えたのだ。

14:59 事件発生から1時間24分 事件通報により西鉄バスジャック事件が発覚

先程、なんとかバスから犬とともに逃げられた女性が公衆電話から警察に通報。

西鉄バスジャック事件が明るみになる。

バスはこの時、当初の終点だった天神を超えて山口県に入っていた。

西鉄バスジャック事件は悪化していく

西鉄バスジャック事件の17歳の犯人は表面上は冷静を保っていた。

しかし、自分の思い通り、計画外の事態が発生すると、突如としてキレ始める。

実は事件発生からおよそ2時間たった
15時34分・中国自動車道小郡IC付近で30代の女性がバスから飛びおりて逃げていたのだ。

これに逆上した犯人は3人目の被害者となった女性に危害を加える。

通報ほ受けた警察は高速道路を封鎖、そこにバスが到着する・・しかし

西鉄バスジャック事件は乗客の通報から警察はすぐに高速道路を封鎖。

山陽自動車道下松SAで高速道路を封鎖。

しかし。道路封鎖があまりにも甘く、スピードを落としたバスはパトカーとパトカーの間をスピードを落としながら走行

簡単にパトカーの隙間をすり抜けてしまうのだった。

3人目の脱出者と乗客への危害が発生

この時、犯人の目を盗んで後部座席の男性が窓から飛び降りて脱出に成功する。
しかし、17歳の犯人は先程危害を加えた女性にさらに危害を加えたのだ。

17歳の少年は警察の動きを知って拳銃を要求する

警察の高速道路封鎖によって、事件が発覚したことを知った17歳の犯人は以外な行動にでる。

所持していた携帯電話で警察に自ら電話をかける。
そして、異常な要求を突きつけるのだ。

「バスを乗っとている」
「拳銃を準備してください」

携帯電話から西鉄バスジャック事件の犯人が佐賀県の17歳の少年であることが判明

この通話をもとに、警察は携帯電話の情報から
佐賀県に住む17歳の少年であることが判明する。

17:00 事件発生から3時間25分・マスコミの生中継と男性客の開放

バスジャックから3時間25分。

マスコミは一斉に報道を開始。

上空のヘリから生中継するこで、ゴールデンウイークのさなか、日本中がこの西鉄バスジャック事件に注目することになる。

そして17歳の犯人は武田山トンネル付近で男性の乗客を全て開放する。
さらに、6歳の少女の首にはじめて包丁を向けたのだ。

「おかしなおことをしたらこの子を・・」

スポンサーリンク




17時24分

17時24分。山陽自動車道武田山トンネルでバスは停車。

少女を建てにして男性客4人をバスから下ろした。

17:50分 警察は広島県奥屋PAにバスを誘導

17:50分 警察は広島県奥屋PAにバスを誘導する。

西鉄バスジャック事件発生からおよそ4時間半。
やっとバスは停車する。

ここで、警察が動くのだ。

広島県警機動捜査隊の隊長が少年を説得。

しかし、一向に17歳の少年は説得に応じる気配がなかった。

19時23分 三人の女性が開放される

西鉄バスジャック事件が膠着状態を迎える中で
19時23分 17歳の犯人に切りつけられた三人の女性が開放される。

この時、日本のバスジャック事件に死者が確認された始めて事件となってしまった。

21時36分 膠着状態から4時間、バスは再び動き出す

奥屋PAにバスが停車してから4時間。

事態は膠着状態になっていたが。21時36分。

膠着状態に見えた西鉄バスジャック事件は再び動き出す。

バスは再び、岡山方面に向かって動き出す。

東広島市小谷SAにて簡易トイレを差し入れする

東広島市小谷SAにて簡易トイレを差し入れする。

この時、バスの燃料と引き換えに人質1人を開放。

残る人質は女性10人と運転手の合計11人。

この時、17歳の犯人はバス内の電気を消して人質となった乗客に睡眠を指示している。

23:50 事件発生から10時間15分

23:50 事件発生から10時間15分。。人質たちの披露はピークに達していた。

この時、警察はねばり強い説得と平行して特殊急襲部隊SATを緊急招集、

警察は秘密裏のに西鉄バスジャックと同じ形のバスを容易して人質救出のリハーサルを入念に繰り返していた。

4:30 事件発生から14時間55分

西鉄バスジャック事件発生から15時間。

夜が明け始めた午前4時30分

特殊急襲部隊が車の影で準備を始める。

そして。。

5:05分ごろ、バスを奪還・犯人逮捕

午前5時頃、特殊急襲部隊「SAT」は少年がY子ちゃんと離れた瞬間を狙い、左右の窓をわり、「フラッシュバン(閃光手投げ弾)」を投げ入れ、取り押さえた。救出の際に1人が負傷したものの、当時乗っていた人は全員無事だった。

凶悪犯 西鉄バスジャック事件の犯人谷口誠一その後と現在

このような凶悪犯の西鉄バスジャックの犯人はどうしているのだろうか。

まずは、犯人としてネットでは谷口誠一という氏名が浮上している。
真偽の程は不明だ。

本当に谷口誠一なる人物がいるのか。

実際にいたとしても、生活をする上では谷口誠一から名前を変えて生活している可能性が高い。
ここでは17歳の少年の実名は不明ながら谷口誠一という名前を仮名して用いることにする。

谷口誠一の生い立ち

谷口誠一は西鉄バスジャック事件を起こした当事はまだ17歳の少年だった。

1983年に佐賀県の生まれ。

父親はサラリーマン。母は役所で保険師として働いていた。
妹と両親とごく普通の四人暮らし。
日本のどこにでもある共働きのごくごく普通の家庭だった。

谷口誠一の生い立ちも一概に問題のあるものとは言えはなかったと報道されている。

子供の頃からやんちゃで落ち着きがなかったものの小学生になると成績はかなり優秀な方だった。

まわりからは成績が良かったために優等生として見られていた。

ただ、周囲との協調性がなく孤立する事が多かったという。
学校では比較的おとなしい性格で体も小さかったためにいじめの対象になりやすかったという。

両親は熱心にPTA活動に参加。
母も教育熱心。

小学生の頃は成績が良かった為に本人は両親からの注目や自己肯定感をなんとか保っていたようだ。

谷口誠一が中学に上がると暴力的になる

谷口誠一は中学二年生までは成績も優秀だった。

しかし、運動が苦手で性格もおとなしく、体も小さかった彼は次第にいじめの対象になっていく。

次第に成績も低下。

家族に暴力的な行動をとることも多くなっていったという。

そして、後にひきこもりの原因とも言われてたのが高校受験。
成績が落ちて、高校受験は目標よりも一つしたの高校になんとか入学する。

スポンサーリンク




谷口誠一は高校を9日で中退してひきこもり

谷口誠一は高校を9日で中退。

原因は様々に言われている。

表向きには校風が合わないとして中退をしたとされている。

繰り返される暴力とお出かけと称したドライブ

谷口誠一は自分の劣等感を家族、とりわけ母や妹など自分よりも体の小さい人間に暴力を振るうという行動で発散していた。

父親は、谷口誠一と家族から一定期間切り離す意味でも週末は谷口誠一を連れてドライブといてひたすら高速道路を何十時間もドライブしていた。

報道によると、観光などをするでもなくひたすら父は車を走らせていたという。

父は谷口誠一からせがまれるとこの「おでかけ」としてたドライブをしてなんとかストレスを発散させようとしていた。

3月4日 息子のドライブ中に発見した犯罪の準備

母は息子が父とドライブに向かったときに部屋でとんでもなものを発見してしまう。

3月4日、父親と谷口誠一がドライブに行っているあいだ、母親は彼の部屋でスタンガン、ナイフ、ハンマー、催涙スプレー、など犯罪の準備、さらに犯行声明文を発見する。

その犯行声明文には学校に立てこもり事件を起こすことが記されていた。

3月5日 母は警察に通報

母親はもう自分たちの手ではどうにもならないと警察に通報。

当日は三人の警察官が自宅を訪れて事情を聞かれた。

この後、なんとか息子を病院につれて行こうとするが谷口誠一は頑なに拒否。
警察からもこの事では動くことができずに有名な精神科医に相談。

なんとか入院が許された。

入院すると谷口誠一の態度は一変する。
面会にきた母にキレることはあったが、基本的には礼儀正しく問題を起こすこと無く静かに生活していた。

5月1日に別の17歳が事件を起こす

そして、5月1日に谷口誠一とおなじ17歳の少年が大きな事件を引き起こす。

谷口誠一は「先をこされた」と記していた。
この事件について日記に

素晴らしい。
僕と同じ17歳とか。

良い風潮だ。

僕も今日実行する。

なにか君とは運命的なものを感じるよ。
歳も一緒。学校では優等生。

アハハ。

ここでは記せないようは差別的な表現で被害に合われた女性を侮辱。
さらに犯人を称賛していた。

事件当日の5月3日療養所から外泊して一時帰宅

5月3日、療養所から外泊許可をもらい、自宅に帰ってきた。
「ぼく1人で、のんびり森林公園にでも行きたい」
昼頃、Aはそう言うと、買ってもらったばかりのリュックサックを背負い、家を出ていった・・

犯人谷口誠一その後と現在

犯人谷口誠一その後は6月5日 広島地検は刑事処分相当と判断、
9月29日、佐賀家裁が医療少年院装置を決定した。

谷口誠一はその後、被害者となった女性と三回に渡って面会して事件を謝罪している。

現在は刑期を終えて一般社会に復帰しているものと見られている。

スポンサーリンク