INCIDENT

【芥川豊史】 新潟県で6月15日にビジネスホテルで発見も真相究明は霧の中か・・

芥川豊史(あくたがわとよふみ)の内山茉由子さんとの関係はどのようなものだったのか。

静岡県藤枝市の山中で、浜松市の看護師内山茉由子さん(29)が変わり果てた姿で発見された事件。

連れさられた5月26日にインターネットの掲示板で芥川豊史が集めた鈴木充と伊藤基樹らが何の罪もない女性を連れ去った事件が急展開を迎えた。

主犯格と見られていた芥川豊史が6月15日に新潟市内のビジネスホテルで自○していたのだ。

スポンサーリンク



芥川豊史が静岡県内のホテルで逮捕前に変わり果てた姿で発見される

29歳の看護師の内山茉由子さんが自宅近所のスポーツジムの駐車場から拉致された事件で静岡県警捜査本部は午後三時から緊急の記者会見を開いた。

藤枝市の山の中で女性看護師の見つかった事件で、静岡県警は19日、新たな容疑者として新潟県出身の39歳の男を新潟市内で遺体で発見したと発表しました。

「追跡捜査中の男性の死亡を確認した。被疑者、芥川豊史、39歳」

静岡県警はこのように実名を公表しています。

 静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師内山茉由子さん(29)の遺体が見つかった事件で、浜松東署捜査本部は19日、内山さんを車ごと連れ去ったとして、逮捕監禁の疑いで逮捕状を取って行方を追っていた住所、職業不詳芥川豊史容疑者(39)=新潟県長岡市生まれ=が新潟市内で15日に遺体で見つかったと発表した。捜査関係者によると、拉致を主導した疑いがあり、自殺とみられる。

 事件では同容疑で名古屋市天白区の鈴木充容疑者(42)と住所不定の伊藤基樹容疑者(28)が逮捕されている。

 

芥川豊史はすでに逮捕されている名古屋市の鈴木充と伊藤基樹をインターネットサイトの地元密着をテーマにした掲示板で「金になる仕事がある」と事件への共謀を呼びかけたとさえれています。

9日にサイバーパトロールで浮上してい事情を聞かれていた伊藤基樹が逮捕。12日には逃げ切れないとして鈴木充が逮捕されていた。

芥川豊史の経歴やプロフィール

氏名:芥川豊史
かな:あくたがわとよふみ
生年月日:不明
年齢:39歳
出身:新潟県
住所:住所不詳
職業:職業不詳

出身:新潟県長岡市

 

芥川豊史の家族や嫁は

芥川豊史は新潟県長岡市の出身と報道されている。

過去には高知県のスーパーで事件を起こしたと報道されている。これが同一人物だとすると、高知県や静岡。そして新潟県と点々としていたことがわかっている。

鈴木充や伊藤基樹が逮捕されて逃げられないと思ったのか。

最後は自分の生まれ故郷のホテルで変わり果てた姿で発見されている。

年齢的に結婚して嫁がいてもおかしくない年齢だが、家族などの情報はわかっていない。

スポンサーリンク



被害者のご家族は自宅周辺の取材自粛を要請

今回の事件で被害に合われた29歳の看護師の女性。果たして芥川豊史と何かしらの関係や接点があったのでしょうか。

すでに、事件発覚から数日後にメディアに向けてコメントを発表しています。

内山さんの家族は12日、静岡県警を通じて「今回の件で私たち家族は大変心を痛めております」などと記したコメントを出した。

さらに、自宅周辺でのメディアの取材の自粛などを申し入れています。

主犯とみられていた芥川豊の事件概要

静岡県警は14日までに監禁の疑いで逮捕された住所不定の伊藤基樹容疑者(28)と名古屋市天白区の鈴木充容疑者(42)は、インターネットの「高額バイト」という“闇サイト”の募集に応じて、互いに初対面で犯行に及んだことを公表。

その闇サイトに募集をかけたのが芥川豊史だったと見ている。

伊藤基樹と鈴木充は事件当日にはじめて顔をあわせている。

当然、被害者の29歳の看護師の女性とは面識はなかった。

 

5月26日 芥川豊史と鈴木、伊藤基樹がはじめて合流

インターネットの掲示板サイトで「高額バイトがある」として芥川豊史の募集に応じたのが鈴木充と伊藤基樹だった。

5月26日 18時ごろ被害者を拉致

芥川豊史の高額バイトで集められた二人は5月26日午後6時ころ、浜松市のスポーツジムの駐車場で、被害者の女性が自分の車に乗り込もうとしたとき伊藤、鈴木容疑者に襲われ、車ごと連れ去られた。

行方不明届けと防犯カメラの拉致映像から警察は捜査を開始

内山さんの家族から警察に行方不明との届けがあり、スポーツジムの防犯カメラから犯行が発覚した。静岡県警はスポーツジムの防犯カメラの映像からどこかで監禁されているのでは、と捜査を開始しました。

被害者女性の車が発見される

芥川豊史らが拉致したと見られる女性の車が三重県桑名市で発見されます。

警察は事件性があるとして捜査を大幅に拡大。

カーナビの履歴から静岡県藤枝市の山中が浮上して捜査していました。

芥川豊史の場当たり的な犯行と二人の裏切り

高額バイトで集められた二人は、途中で怖くなって芥川豊史の車から逃げ出している。

伊藤、鈴木容疑者は車で連れ去ったが、「1度は主犯の”謎の男”と一緒に内山さんの車に乗った。だが、怖くなって、2人とも車を降りて逃げた。そのあと、車と内山さんがどうなったか知らない」と供述している。

スポンサーリンク