那覇空港ジェット機爆発炎上事故は2007年、着陸後のジェット機から突如、炎が上がる。炎は次第に大きくなり、ついに爆発!その一部始終を一般人が撮影していた。

トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン 3時間スペシャル 実録映像満載!でこの「那覇空港ジェット機爆発炎上事故」が特集される。
機長と整備士のとっさの判断で犠牲者を出さずに済んだこの大事故。

那覇空港ジェット機爆発炎上事故は、別名「チャイナエアライン120便炎上事故」としても有名だ。
改めてこの事故を振り返ることにしてみよう。

スポンサーリンク


那覇空港ジェット機爆発炎上事故はどのようにして起こったのか?

那覇空港ジェット機爆発炎上事故は別名チャイナエアライン120便炎上事故の名前で記憶してる方も多いかもしれない。

2007年8月20日に日本の沖縄県那覇市にある那覇空港で発生した航空事故だ。
桃園県・桃園国際空港現地時間午前8時15分(日本時間9時15分)発、那覇空港午前10時45分着の予定で出発。
中華民国(台湾)・台北発那覇行きのチャイナエアライン120便(ボーイング737-800型機)が、那覇空港到着直後にエンジンから出火し爆発、炎上した。

事故機には乗員・乗客165名が乗っていた。
まずは、その衝撃の動画をご覧ください。

チャイナエアライン120便は、午前10時27分に那覇空港滑走路18に着陸後、41番スポットまでタクシングしたが、その途中で機体右側の第2エンジンから煙が出ているのを管制官が発見。

さらに地上にいた整備しも機体からの燃料漏れを確認。

すぐに機長に緊急脱出を要請した。

午前10時32分に第2エンジンから出火した。機体は午前10時34分に41番スポットに停止したが、乗客の緊急脱出中に第2エンジンが激しく炎上した。火は地上に流れ出た燃料に燃え広がった後、風下にあたる左側の第1エンジンに燃え移り、午前10時35分に機体が爆発・炎上した。飛行場を管理する航空自衛隊那覇基地は所属消防小隊を出動させ破壊機救難消防車で消火にあたった。そのほか空港内の航空局消防隊、管轄の那覇市消防本部、更に浦添市、糸満市、豊見城市、東部消防組合、島尻消防・清掃組合の各消防本部から消防隊が出動し、火はおよそ1時間半後に消し止められたが、機体はほぼ全焼した。

引用:wiki

機長と整備士の発見と判断が少しでも遅れていたらとてつもない犠牲者が出ていたところだった。
スポンサーリンク


那覇空港ジェット機爆発炎上事故の原因や報道体制も異例の事態に!

那覇空港ジェット機爆発炎上事故の原因究明もさることながら、中国の飛行機の整備体制性や90秒ルールなど多くの問題点を露呈した。

那覇空港ジェット機爆発炎上事故の原因

事故発生当初から最初に燃料漏れと発煙が確認された事が報じられていたため、燃料漏れの原因に焦点があったっていた。

当初からマスコミも様々な予測原因を報道した。それらはボルト落下説やウィングレット搭載改造が火災の原因の疑い説など多くのメディアが原因をす速した。

2009年8月28日に、事故を調査していた運輸安全委員会が報告書を公表した。 調査報告書によると、事故機が那覇空港に着陸後にスラットを格納した際、右主翼の一番内側に位置する第5スラットの内側にあるトラック・カンに破孔が生じた。 この破孔から前縁スラット側に燃料が漏れだし、事故機がスポットで停止した後、漏れ出た燃料が高温になっていたエンジン後部に接触して引火、火災が発生したものと推定した。

那覇空港ジェット機爆発炎上事故は異例の報道体制をとった

那覇空港ジェット機爆発炎上事故は当時から異例の報道体制が取られていた。

テレビ東京を除く各キー局とNHKの総合テレビでは、報道特別番組を編成して対応した。このときからテレビ東京の安定感は当時も今も変わらなかったようだ。

NHKと朝日放送は甲子園を放送していたものの、急遽報道特番に切り替わるなど異例の報道となった。

さらに飛行機が炎上したた場所は見遠いしが良い場所だったために、ビデオカメラや携帯電話で事故の様子を撮影していた利用客や送迎客がお当時の報道ニュースで衝撃的な炎上の模様が様々な角度から報道されていた。

今日放送のトリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン 3時間スペシャルではさらに細く当時の状況が特集される!
幸いな事にアレだけの大惨事にもかかわらず乗員乗客に1人の犠牲者も出さなかったことが不幸中の幸いだろう。
スポンサーリンク


コメントは利用できません。