金スマ「北村弁護士の事件簿 第三弾」北村弁護士と死者の声を聴く男・天才監察医が暴く「花嫁事件 顔のない放火事件」の真相とは?

言葉を失った被害者の声を聴く男。
この事件は別荘地で起きた火災事故。

この火災の裏には巧妙に仕組まれたトリックがったのだ。

火災の焼け跡から男性の遺体がみつかったのだ。

被害者は35歳も歳の離れた夫婦だった。

毎週末訪れる軽井沢が舞台だった。
警察は、歳の離れた妻を本星として睨んでいた。

現場検証の結果、タバコの不始末が出火の原因だった。

しかし旦那さんはソファーの上で家事にあっていた。

司法解剖をすると、不思議な事実が浮かび上がったのだ。

スポンサーリンク


通常、被害者は家事で亡くなると肺の中に「すす」がべったりと付着するのだ。

しかし、火災時に被害者の男性に呼吸をしてる痕跡がなかったのだ。

解剖しても死因はわからず。

警察は即座に35歳も歳の離れた妻に疑いの目を向けていた。

そこには巧妙に仕組まれたトリックがあったのだった!!

35歳離れた夫が亡くなることによって、妻には多額の保険金が入ることになっていた。

二人は客とホステスの関係だった。

司法解剖の結果は13時~14時が死亡推定時刻。

妻は、まるでアリバイを証明するかのようにレシートを保管。

さらに、喫茶店でお茶を飲んでいたという。

この喫茶店でも、アリバイを証明するかのように、何度も喫茶店のマスターに時間を確認していた。

ポイントは喫茶店を出たあとの行動だった。

妻は、喫茶店を出た後、友人とあっていたというのだ。

なんと、妻は不倫相手と山梨で会っていたというのだ。
しかも、この不倫相手には多額の借金があった。

夫を亡き者にして、保険金をせしめれば二人は晴れて結ばれるのだ。

しかし・・・
肝心の夫の死因がわからなかった。

怪しいのは妻と不倫相手。
でも、死因がわからない以上、妻を逮捕できなかったのだ。

そこで頼ったのが上野だった。

すでにご遺体は埋葬。
ほかの医師が解剖した資料からしか鑑定がでいなかった。

しかし、上野は被害者の男性は病死の所見はなかったと判断したのだ。

たった一枚の、誰も見向きもしなかった写真からとんでもない真相にたどり着いたのだった!

程なくして、妻は逮捕された。

しかし、妻は犯行を完全に否定。さらに裁判でも夫の突然死を訴えていたのだ。

ここで裁判所は上野に出廷を求める。
そして、上野は被害者を病死に見せかけた絞殺と判断したのだ。

首をしめられた場合は顔にうっ血の後がのこる。
しかし、火災で消失して、うっ血の証拠は見つからなかった。

しかしたとえ遺体を焼いても、証拠を上野は発見したのだった!!

実は頭蓋底にもうっ血のあとがはっきりとみえるのだった。 

頭蓋骨を監察医になってからずっと上野はみ続けてきた。
教科書には載っていなくても、多くの体験から絞殺の場合、うっ血するとう事実を知っていたのだ。

脳も頭蓋骨も療法調べたのは、まさにどの医学書にも乗っていない医学的事実だった。

しかし・・これは、嫁の犯行を裏付ける証拠にはならなかった。

スポンサーリンク


上野の見立ては絞殺と判断。

しかし、火災で首から上の部分は証拠が火災によって消失。

まさに「顔のないご遺体だった」

そんな中、上野は写真の中に埋もれていた一枚の写真を発見したのだ。

犯行は・・幅の広いタオル。

それを指摘した上野によって、偶然焼け残っていた凶器のタオルを発見。

これによって妻の犯行が裏付けれたのだ!

次のページに続きます!!
スポンサーリンク


次ページに続きます

ページ:

1

2
コメントは利用できません。