11/30 追記になります。
タクシー会社チェッカーキャブは11月30日、28日に覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたASKA容疑者が逮捕直前に乗車していたタクシーの車内映像をテレビ各局に提供したことを認め、謝罪しました。

 


ASKA容疑者のタクシー映像公開が大きな問題になっている。
ネット上ではASKAタクシー映像の会社はどこ?だと怒りの特定作業をするものまで登場。

坂上忍さんなども番組で苦言を残している。
さらに、逃亡や証拠隠滅などの恐れがありながら警察からのリークによりマスコミのASKA再逮捕への情報を各社が一斉に報じた。

極めつけは、ASKA容疑者の自宅敷地内に無断で入り込み住居侵入に、ASKA容疑者がのったベンツのエンブレムを破壊する器物破損などやりたい放題。

さらに、芸能レポーターの井上公造さんがASKAから送られてきた音楽のデータを無断でテレビの生放送で公開するなど完全に人権を無視したやりたい放題の報道が続いている。
はっきりいって、覚せい剤の逮捕など完全に自業自得の犯罪に弁解の余地などない。

刑務所の空きがあれば、執行猶予など付けないで実刑にすべきだと思っている。すぐに犯罪者に人権人権と騒ぐ人間も個人的には嫌いだ。

それにしてもだ、今回のマスコミの過熱報道はあまりにも行き過ぎだ。

スポンサーリンク


ASKAタクシー映像の会社はどこ?タクシー会社を監督する国土交通省・関東運輸局にクレームの嵐

関東地方のタクシー会社を監督する国土交通省・関東運輸局には今回のASKA容疑者の映像がニュースにながれるとクレームが殺到している。
インターネット上で物議を醸しているのだ。

完全にプライバーの侵害。業務上知り得た情報を勝手に公開したのか?タクシー会社はどこだ?社名を好評すべきだとの声が上がっている。

ASKAさんは11月28日午後8時20分過ぎ、警察に用意された車に乗って、自宅から警視庁へ出頭した。これに先立って、外出していたASKAさんは同日午後6時半ごろ、大勢の報道陣が待ち構える自宅前にタクシーで戻って来ていた。

このとき乗車したタクシーに搭載されたドライブレコーダーの映像が11月29日、テレビ各局の情報番組などで公開された。その映像には、タクシーの後部座席に乗ったASKAさんが、運転手に対して指示している様子が映っていた。

映像は、タクシー会社か運転手が提供したものとみられるが、ネット上では「プライバシーの侵害になるんじゃないか」「どこのタクシー会社だ?」「犯罪捜査以外に第三者に渡していいものか」といった疑問の声が多数あがっている。
引用 ソースクレジット:弁護士ドットコム 11/30(水) 12:32配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00005411-bengocom-soci

しかも弁護士ドットコムの取材に対して、関東運輸局は驚くべき発言をしている。

●関東運輸局によると、現在のところ、どの会社なのかといった詳細は把握できていない

●一方で、担当者は「(映像提供が)どういう法律に違反しているか、はっきりいえない。関東運輸局内でも、対応を検討中だ」と述べた。たとえば、強盗などで、タクシー内の映像がニュースに使用されることがこれまでもあったが、「そのことをいけないことだと言ってきていない。この件だけ特別というのは難しいのではないか」(同担当者)。

驚くべき発言だ。どの会社なのかといった詳細は把握できていないなどは完全にちゃばんだ。監督所管すべき立場にあるのに、全く関係のないマスコミがタクシーを特定できて監督所管すべき関東運輸局が会社をとこか特定することが出来ないわけがない。

さらに、強盗などで、タクシー内の映像がニュースに使用されることがこれまでもあったが、「そのことをいけないことだと言ってきていない。この件だけ特別というのは難しいのではないか」??!!
完全に詭弁なのか馬鹿なふりか、完全なバカか職場放棄と言われても仕方ない。

強盗などは犯人逮捕のための警察への捜査協力では顔を公開する場合がある。この場合どこの誰だか特定されていない。それに業務上知り得た情報を外部にもらしているわけでもない。
さらに、テレビ番組の特番などで放送されるタクシーのドライブレコーダーの映像にはモザイクなどのプライバシーの保護処理がされている。

これど、かりにも逮捕前のASKAの様子を勝手に公開することを同列と考えているなら驚きだ。
スポンサーリンク


ASKAが逃亡や証拠隠滅などの可能性がありながら情報をリークした警察と報道したマスコミ、さらに住居侵入に器物破損などやりたい放題

さらに、今回のマスコミの報道に違和感を感じている人間が多い。

警察が逮捕令状を請求する前にマスコミ各社が一斉に覚せい剤使用で再逮捕への一方を打つ。

逮捕令状が発行された段階ではない。裁判所への請求すらされていない段階での報道に問題はなかったのだろうか?
証拠隠滅や犯人の自殺の恐れ、さらに逃亡など様々な弊害がある。

にもかかわらず、各社が一斉に報道した。
警察からのレクがなければこの横並び報道は無理だろう。

さらにASKAが自宅から警察に向かうために車庫のシャッターが開くと自宅敷地内に報道陣がなだれ込む。住居侵入

警察の静止を振り切って静止を聞かずに乱入したのだ。これは公務執行妨害ではなのか?
さららに混乱でベンツのエンブレムは破壊された、これは器物破損に当たらないのか?

情報ライブミヤネ屋では芸能レポーターの井上公造氏がASKAの承諾もなしに勝手に音源をテレビで公開。
もちろん、この時点で逮捕令状は発行されていない。

ASKAはファンや家族や関係者全てを裏切った形だ。
にしても・・今回の報道の仕方はあまりにも異常だ。

はっきり言って終わった元芸能人の薬物逮捕だ。
原発が三基も爆発しても東電の会長の家にも社長の家にも突撃しないのが不思議でならない。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。