爆報!THE フライデー爆報ミステリー!実録!名前の出せない芸能界事件簿第11弾「銀座No.1マダムAバラバラ殺人事件」で犯人と疑われたのが若手歌手だった。

このデビュー間近の若手歌手の19歳の青年に降り掛かった銀座の女王バラバラ事件・・
その犯人としてあらぬ疑いがかかってしまったのだ。

若手歌手は、ある男に夢を叶えたかったら俺の言うことを聞いていればかならず、スターになれると洗脳されていたのだ。

このある男というのが、銀座マダム事件として世間を震撼させた真犯人の伊東こと韓和義だった。

この男はとにかく口八丁、手八丁、嘘八百を並べててすっかり銀座の夜の世界で大物気取りになっていたのだ。
そんな韓と若手歌手は銀座の夜の世界でしりあってしまった。

若手歌手は、自分の夢を叶えるために岐阜から出てきたばかりの19歳の青年だった。

スポンサーリンク


若手歌手はその後とんでもない事件に韓和義のせいでマダムの手伝いをさせられただけではなくて、なんと犯人として逮捕されてしまったのだ。

そもそも、若手歌手は芸能活動の相談していたときに、突如として韓和義が突然、ドライブに行こうと若手歌手を千葉まで連れ出したのだ。

実は・・叔母が可愛がっていた犬を誤ってシナせてしまった。
バレるのは非常にまずいから、これを海に捨てるのを手伝って欲しい・・・

そんな頼み事をされたのだ。

しかし・・若くても19歳と言えばさすがに犬と人間の区別はつく。

どう考えてもこれは犬ではなく人間ではないか?

その疑念を抱いた若手歌手の青年は、中野の勤務先のバーの経営者に相談して事件が発覚したのだった。

爆報!THE フライデーではこの若き青年と驚きの真犯人を特集する

スポンサーリンク


銀座ホステスバラバラ殺人事件 犯人と被害者の悲しい接点とは?

コメントは利用できません。