平成の黒い霧事件として、昨年から話題になっていたプロ野球界の賭博問題で12日、捜査は大きな局面を迎えた。

警視庁組織犯罪対策4課は大学院生のa氏こと松永成夫容疑者(40)=名古屋市中区千代田1=と、大石健太郎容疑者(26)=同区丸の内2=を賭博開帳図利容疑で逮捕した。

松永成夫は容疑を否認。
大石健太郎容疑者は容疑を認めているという。

今回、逮捕されたのが一番の黒幕と噂されていた人物だたけに、松永成夫大学院生と大石健太郎大学院生の逮捕で捜査はいよいよ、真相解明に向けて動き出した。



松永成夫大学院生と大石健太郎のどこの大学だ?ファンからは怒りの声も

警視庁組織犯罪対策4課に賭博開帳図利容疑で逮捕で松永成夫大学院生と大石健太郎大学院生の二名。

大学院生という立派な肩書から一転して野球賭博の容疑者へと変わってしまった。
巨人の元投手らによる野球賭博事件で、笠原将生被告(25)=賭博開帳図利幇助(ほうじょ)罪などで公判中=や巨人の福田聡志元投手(32)らを相手に野球賭博を主催したとして、逮捕されただけに社会的な反響も大きいように思える。

事件の流れはこうだ。

元巨人の笠原将生容疑者⇔元巨人軍福田聡志投手(32)松本竜投手
  ↕
斉藤聡容疑者(無職)
  ↕
松永成夫容疑者(大学院)
  ↕
反社会的勢力の資金源に?

今回も捜査・逮捕に動いたのが警視庁組織犯罪対策4課だけに、背後に暴力団などの反社会的勢力の存在があるのは間違いないだろう。



松永成夫大学院生は暴力団なのか、勉強熱心な大学院生なのか

絶対に許すことの出来ない賭博容疑。さらにプロ野球界を巻き込んだ犯罪に非難の声が上がっている。

とくに松永成夫は大学院生。
40歳にもなって学生で暴力団とも繋がりがあるのはなかなか変わっている。

もともと、地元で不動産業に従事していた松永成夫大容疑者。

その松永成夫大容疑者が通っていた大学院で大石健太郎と出会い、大石健太郎容疑者が高校時代同じ野球部に所属した笠原元投手を紹介したという。

松永成夫容疑者は不動産業から公認会計士を目指して名古屋の大学院に通っていたという。

さらに、ミスターDラゴンズのT浪氏との関係も噂されていた人物だ。

40歳といったら、人生も折り返し地点。
せっかく大学院にまで通っていたのだから、もう少し全うな生き方はできなかったのだろうか?

今回逮捕に動いた警視庁組織犯罪対策4課が捜査にあたっているだけに、プロ野球界と反社会的勢力の交際がこれ以上明るみに出なければいいのだが。

ゴールデンタイムの地上波中継が激減してファン獲得も簡単ではなくなっているプロ野球界だけにさらなる自浄作用が強く求められている。



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。