今日のYahoo!ニュースのトップにもあがり話題になっている幼稚園園長の大野敏子さん。

大野敏子さんの勇気ある行動に様様な意見が上がっている。

東京都江戸川区小岩近く(住所は松本二丁目)の六人ぐらしの住宅で火災が発生。
94歳の母親を救う為に炎がある家の中に飛び込んだのだ。

スポンサーリンク


事件概要とネットでの様々な声

 25日午後10時5分ごろ、東京都江戸川区松本2丁目の2階建て住宅から出火、1階部分の約60平方メートルが焼け、室内からこの家に住む幼稚園の園長大野敏子さん(67)と大野さんの母(94)が助け出されたが、大野さんは煙を吸うなどして病院で死亡が確認された。母親にけがはなかった。

 警視庁小岩署によると、大野さんは母親と30代の娘夫婦、孫2人の6人暮らし。出火当時は全員家にいたが母親だけ避難が遅れ、大野さんは助けるため再び家の中に戻って火災に巻き込まれた。2人は1階の別々の場所に倒れていたという。署は、燃え方などから1階の仏間が火元とみて、出火原因を調べている。

 現場はJR小岩駅から南に約2キロの住宅街で、大野さんは隣接する私立「松本幼稚園」の園長。

出典 ソースクレジット:朝日新聞デジタル 11/26(土) 12:21配信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-00000036-asahi-soci 

大野敏子園長は現在67歳でも現役の園長先生として、若い保育士や母親からの信頼も厚かったようだ。

ネットでは、様様な意見で溢れている。

●悲しいけど、母を想う気持ちと勇気はすごい。残念でならない。

●これはつらすぎる・・どんな思い出で火の中に飛び込めるんだろう

●あまりにも無念、それしかない

●いくら家族でも自分だったら火の中に飛び込めないよ・・どう考えても園長先生としても子供たちを大切にしていたと思う。

●助けに行った人が犠牲になる・・こんな事あっていいのかよ

●自分だったらその行動が取れない。ただただその勇気に尊敬

●こういう時って判断が難しい。プロでも救出が難しいだろうに。でも、きっとこの園長先生は身体が勝手に動いたんだろう

●悲しすぎる。周囲の人が身体を張ってでも止ないと。

●母様のお気持ちを考えると胸が苦しくなる

●大阪のトランク事件もあれば、67歳の女性の親を思う気持ちがあったり。でも人生ってのはときに残酷。

●お母さんがご無事だってのが喜ばしい。でも悲しい、つらすぎる事件

●お気の毒で言葉もないけどご遺族さまにとっては永遠の誇りになる、素晴らしい勇気、美しい行動だ

●この行動の正解はないけど、家族のために命をかけて救出に出向くってのは凄い

スポンサーリンク


コメントは利用できません。