中谷美紀の新恋人として注目を集めているのがウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるドイツ人のティロ・フェヒナー氏(48)だ。

ティロ・フェヒナーさんはどのような人物なのだろうか?

スポンサーリンク


ティロ・フェヒナーさんのプロフィール

【氏名】ティロ・フェヒナー
【生まれ】1968年、ドイツ・ベルリン生まれ
【年齢】48歳
【経歴】大学在学中から多くのオーケストラで実践を重ねる。96年ジュネーブのスイス・ロマンド管弦楽団に加わり、97年にミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団入団。2004年にウィーン国立歌劇場管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に加わる。

中谷美紀さんとの馴れ初めは小澤征爾氏(81)、ズービン・メータ氏(80)が指揮を務め、10月1、2日に行われたサントリーホール30周年記念ガラ・コンサートのため、フェヒナー氏が来日した際に出会った。語学が堪能な中谷は英語でコミュニケーションを取り、意気投合。すぐに交際をスタートさせたという。

まるで歌うように演奏する素晴しい室内楽奏者と表されるティロ・フェヒナーさん。

その画像がコチラだ
nakatani
画像出典:https://www.japanarts.co.jp/news/news.php?id=809


動画引用 JapanArtsCorporation公式

スポンサーリンク


気になる中谷美紀さんとティロ・フェヒナーの恋の行方は?

さて、中谷美紀さんの新恋人として所属事務所が正式に公表したティロ・フェヒナーさん。

中谷美紀さんといえば、ドラマ『ケイゾク』で共演以来、長らく内縁関係を続けてきた渡部篤郎さんと破局。

その後、すぐに渡部篤郎さんが他の女性と結婚してしまったためにひどく落ち込んでいると報道されていた。
いわゆる「大人の恋愛」を15年間もの間続けてきたのだ。

しかも渡部篤郎は当時、RIKACOと結婚して七年目。長男が誕生して三億円もの豪邸を建てたばかりだった。
さらに。。RIKACOと中谷美紀は定期的に食事をする仲だったことから当時は泥沼不倫と言われていた。

結局、渡部篤郎とRIKACOが離婚にまで発展。

一度は離れたもののドラマの共演で二人の恋仲に火がついてしまう。

しかし・・・・

結局、結婚に温度差のあった二人は別れを選択することに。
次のページではあり得ない渡部篤郎のナイショ話をまとめます

スポンサーリンク



次ページに続きます

ページ:

1

2
コメントは利用できません。