NHKの人気ドラマドラマ10 コピーフェイス~消された私~第二話のあらすじ・ネタバレと感想をまとめます。

ドラマ10 コピーフェイス~消された私~の第一話が放送されたからネットは「これ!ガチで面白い!」「やばい!これはハマる!!!」など絶賛のコメントが多くありました。

今夜は注目の第二話「私を捨てた日」が放送されます。

注目の第一話のあらすじ
そして本日放送の第二話のあらすじ・ネタバレと感想を順番にまとめます。

スポンサーリンク


前回のおさらい!コピーフェイス~消された私~第一話のあらすじ・ネタバレ

ヒロインは、スクープを追うすご腕の週刊誌記者。ある美容外科クリニックの不正を暴くため、クリニックの理事長夫人に接近し、潜入調査を試みる。だが夫人を追って乗り込んだ飛行機が事故で墜落、夫人に間違われて救い出されたヒロインは、最高の医療技術を駆使され、元の夫人の姿に完全整形されてしまったのだった。事故のショックで記憶を失ったヒロインは、しばらく自らを「理事長夫人」と信じて生活するが……。

コピーフェイス~消された私~第二話あらすじ・ネタバレ

第2回「私を捨てた日」

総合:2016年11月25日(金)よる10時

(再放送)総合:2016年11月29日(火)午後3時10分

衝撃の事実を思い出した和花(栗山千明)だが、そのまま芙有子のふりをして朝倉家に潜入する決意をする。まず雑誌編集者の橘(鶴見辰吾)に会い、ことの経緯を告げ協力を仰ぐ。一方、朝倉医院では和花の復活を宣伝材料にする動きが持ち上がり、和花も取材のためその企てに乗る。夫の柊二(佐藤隆太)は妻の変化に愛情を取り戻してゆくかにみえた。二人の心が通いかけた時、和花のもとに医院の被害者を名乗る電話がかかってきて…。

引用・出典:http://www.nhk.or.jp/drama10/copyface/html_copyface_story.html

スポンサーリンク


コピーフェイス~消された私~第二話 キャスト

広沢和花(ひろさわのどか・35)…栗山千明

朝倉柊二(あさくらしゅうじ・36)…佐藤隆太

朝倉芙有子(あさくらふゆこ・36)…栗山千明

朝倉洋人(あさくらひろと・33)…玉置玲央

朝倉弘明(あさくらひろあき・71)…寺田農

朝倉佐枝子(あさくらさえこ・68)…田島令子

三島奈那子(みしまななこ・30)…芦名星

橘慎一(たちばなしんいち・48)…鶴見辰吾

森山ちひろ(もりやまちひろ・35)…前田亜季

2016年11月18日(金)スタート・総合 毎週金曜よる10時(連続6回)
【原作】
サンドラ・ブラウン(『コピーフェイス~消された私~』新潮社)
【脚本】
篠﨑絵里子
【音楽】
窪田ミナ
【エンディングテーマ】
加藤ミリヤ(『最高なしあわせ』)
【演出】
佐々木善春
【制作統括】
真鍋斎


https://twitter.com/mamo_nuko/status/801986417949753344

スポンサーリンク


コメントは利用できません。