11月18日放送の「本当にあった女の人生ドラマ」が放送される。

そこで、「本当にあった女の人生ドラマ」の「がめつい女」ネタバレあらすじやキャストをご紹介します。。

本当にあった女の人生ドラマ『つい女』のキャストは櫻井淳子主演!

「がめつい女」のキャストは以下の通りです。
三沢結子・・・櫻井淳子 専業主婦で二児の母
清美・・・・島崎和歌子 三沢結子夫の兄の妻

スポンサーリンク


本当にあった女の人生ドラマ「がめつい女」のあらすじ

「がめつい女」…守銭奴の親戚に何もかもむしり取られていく女!

夫と2人の子どもの4人家族で暮らす専業主婦・三沢結子(櫻井淳子)。結婚してから結子の頭を悩ませているのは、夫の兄の妻である清美(島崎和歌子)の存在。清美はとにかくケチで、何かあると金、金、金。そのくせ結子のものはタダでもらっていく守銭奴のような義姉だった。ある日、結子は清美夫妻が同居している結子の母、つまり結子にとって義母の介護費として毎月3万円払えと清美から言われ、その強欲はエスカレートしていき…。

出典:公式ホームページ

がめつい女のネタバレ

櫻井淳子が演じる三沢結子の夫には姉がいた。

その姉の清美はまさに守銭奴そのもの。とにかく金の支払いに対しての執着心は並々ならぬものがあった。

自宅に来たお歳暮のおすそ分けに料金を上乗せ、一緒に食事にいっても一切お金を払わない。そんなある日、なんと清美から毎月3万円の支払いを要求されるのだ。

その名目はなんと。。。将来の義母の世話代としての介護費用

結局、義理の姉の強引な要求に根負け。

なんとかパートを増やしたり、夫の小遣いを減らすなどしてその介護費用の三万円を捻出することに。

するとある日、義母がその三万円を返却しに家に尋ねてくるのだ。

自分はは仕事もしてるいるし年金もあるから、そんなものは必要ないと。
なんと、清美はこの義母からも多額の現金を徴収していたのだ。

流石に三沢結子はかわいそうになり義母との同居を考えるようになる。

その最中、義母がなんと急死したのだ。

スポンサーリンク



すると、呆れたことに清美はこの義母の急死すら自らの至福を肥やすために利用するのだ。

葬儀代は一切払う素振りは無し。それどころか、香典もなんだかかんだと理由を付けて10万円しか渡してくれ無かった。

葬儀代や義母の遺品を売り飛ばした代金や香典などを合計して一千万近い金を手にしたのだ。

そして驚くことに清美はこの金を元手に駅前に立つ新築のマンションを購入。
義母の大切な遺品を売り飛ばした金と香典なをせしめて購入したマンションをみて驚愕していると・・

どうしても許せいない事が起こる。

なんと、形見訳をしたいと自慢のマンションに呼び出されると、残されたのは義母が使っていた習字道具だけ。。

しかも、この部屋に似つかわしいとの理由で持っていけというのだ。
流石にもうこの人間とは付き合いきれないと、それ以来三沢結子は清美と縁を切ることを決意する。

次のページでは衝撃の結末が!

スポンサーリンク



次ページに続きます

ページ:

1

2
コメントは利用できません。