愛が生んだ悲しい嘘・・・銚子シングルマザー愛娘事件の真相と母親の名前とは?

「本当は私が死ぬはずだったのに……。なぜ手にかけてしまったか分からない。可純には、本当に申し訳ないことをしてしまった……」

2014年9月24日に起きた悲劇は、母ひとり、子ひとりの生活の中。
娘を思うあまりに起きた悲劇だったのだろうか?

 

それとも。。

この事件は、親の愛、ミエ、溺愛。果たしてソレだけが事件の真相だったのか?

行政の問題と松谷美花の無計画な散財は切り離して別問題として考えなければならない。

改めてこの銚子シングルマザー愛娘事件を振り返ってみたい。

スポンサーリンク


銚子シングルマザー愛娘事件は強制退去執行の日に起こった

犯人の松谷美花被告は今何を考えているのだろうか。
銚子シングルマザー愛娘事件は2014年9月24日に悲劇が発覚した。

 

犯人の松谷美花被告は娘の可純さんと二人暮らしだった。
銚子の公営住宅で母子家庭ではあるものの二人仲良く暮らしていたはずだった。

 

しかし・・・次第にシングルマザーとして懸命に娘を育ってていはずだった彼女に異変が起こるのだ。
公営住宅の家賃を二年間も滞納し、強制退去されるまで生活は困窮していた。

2014年9月24日。

 

事件発覚は、公営住宅の強制退去の執行の日だった。

 

松谷美花が公営住宅に踏み込むと、中学二年生の一人娘の松谷可純ちゃんが変わり果てた姿で発見されたのだ。

 

可純ちゃんの首には、四日前の中学校の運動会で巻かれていた赤いハチマキが凶器となって巻かれていた。

可純さんの部屋には大好きなアイドルのポスターが沢山貼られていた。そして冷蔵庫の上には家賃の督促状が山積みにされていた。

強制退去の執行官が部屋に踏み込んだとき、松谷美花被告は自ら手をかけた娘の亡骸の頭をなでながら四日前の運動会のビデオ映像を流していたという。

 

一体、シングルマザーに何が起こったのだろうか?
スポンサーリンク


元旦那の数百万円を借金を背負って離婚

松谷美花は2002年に夫と離婚している。

地方を転々としながら、女手一つで愛娘の可純さんを懸命に育てていた。

銚子の県営住宅に越してきたのは7年前だった。

 

県営住宅近くの給食センターでパート職員として働いていた。

給食センターの時給は850円。年収は100万円前後。さらに夏休みなどは仕事がなくなるのだ。可純さんの児童扶養手当と合わせても月収は12万円に過ぎなかった。

自宅の家賃は1万2800円だった。

夫の借金で家族ともトラブルで疎遠・・そして闇金にまで借金していた

松谷美花被告には、北海道の実家には家族がいた。

しかし、夫の借金のせいで無断で実家の土地を担保に入れてしまいトラブルになっていた。

当然のように、遠く離れた親戚や家族とも疎遠になってくのだ。

 

夫も借金だけ抱えて離婚。家族も頼ることができない状況で娘を育てなければならなかった。

その心細さは、誰にも想像がつかないだろう。

生活はドンドン困窮していく。
母の松谷美花はいつも化粧もせずに、伸び切ったTシャツを来ていた。

しかし、愛娘の可純さんにはいつもキレイな格好をさせていた。可純さんもファッションが大好きでいつもファッション誌から飛び出したような格好をしていたという。

「母子家庭だからという理由で特別視されないよう、可純にはできる限り不自由な思いはさせないようにした」

どんなに貧しくても、大切な愛娘の可純さんに苦労をさせたくない。その一心だったようだ。

しかし、どんなに頑張っても生活は改善しない。

友人や知人から金を借りており、ついには闇金にまで手をだしてしまうのだった。13年の春に可純さんが中学校に入学する際には、制服や体操着を購入するカネがなく、ヤミ金融からさらに7万円を借り入れていた。

 

松谷美花の折れそうな心の支えになっていたのは、紛れもない愛娘の可純さんだった。

次のページではあまりも悲惨な現実をまとめる
スポンサーリンク



次ページに続きます

ページ:

1

2
コメントは利用できません。