神奈川県川崎市宮前区の黒沼由理さんの事件で、遂に犯人が逮捕される事が分かった。ネット上ではこの犯人が鈴木洋一という服役中の男性ではとの情報が上がっている。

私自身、この現場近くで生活していただけに、当時の物々しい状況は克明に記憶している。

黒沼由理さんの事件が起きた現場は地元住民からは「危ないトンネル」として、とくに若い女性や子供は道を避けて歩く人が多かった。

改めて、黒沼由理さんの事件と鈴木洋一についてまとめる。

スポンサーリンク


黒沼由理さんの事件を振り返る

  平成18年9月23日(土曜日)午前0時00分ころ、東京急行田園都市線梶ヶ谷駅

 (川崎市高津区所在)から電車を降りて、区内の自宅に帰宅途中の黒沼由理さん(

 27歳)が、区内にあるJR梶ヶ谷貨物ターミナル駅下トンネルで、何者かに○され

 る事件が起きました。
画像:神奈川県宮前署公式ホームページより引用一部伏せ字あり

黒沼由理さんの事件は今から11年前の2006年9月23日頃に起こった。

川崎市宮前区梶ケ谷の市道トンネル内で、近くに住むアルバイト黒沼由理さん(当時27歳)が胸から を流して倒れているのを、帰宅途中の男性会社員が発見、110番した。黒沼さんは近くの病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。胸と下腹部の2カ所に○物によるとみられる傷があり、神奈川県警捜査1課は事件と断定、宮前署に捜査本部を設置した。  

黒沼由理さんが事件の被害にあったこのトンネルは地元では「危なにトンネル」として有名だった。

しかし、黒沼由理さんの自宅は事件現場となったトンネルからわずか200メートルの至近距離でこの道を使わざるを得ない状態だったようだ。

内部の側壁やフェンス、歩道には約30メートルにわたり大量の血が残っており、周辺住民らは事件の悲惨さに誰もがショックを受ける状態だった。

現場となったトンネルは全長170メートルで薄暗く、トンネル内は落書きが多く地元の男性でも普段はあまり利用したくない場所だった。女性ともなれば近隣住民でも、わざわざトンネルを迂回しする人が多かった。

スポンサーリンク


アルバイト先のチーズ梱包会社の勤務先から帰宅途中だった

黒沼由理さんは神奈川県内の短大を卒業後してから、川崎市内のコンピューター関連会社に就職。しかし、お菓子作りやケーキ作りの夢が捨てきれずに、会社を退職して専門学校に通い直していた。

このアルバイト先のチーズ梱包会社からの帰宅途中に事件の被害にあってしまったようだ。

2006年6月ごろに退職し、東京都千代田区のチーズこん包会社で週1回ほどアルバイトをしていた。

近所の主婦の話しによると「背が高くて明るい感じの人だった。とてもショックです。トンネルは痴漢などのうわさが絶えず、夜遅くは通らないようにしている」という当時のインタビューが残っている。

黒沼由理さんの財布などはなくなっていなかった

黒沼由理さんが事件の現場で被害に合ってから多くの謎があった。

同区梶ケ谷のトンネル内の歩道で真正面から何者かに○物で○され、死亡した。黒沼さんは胸と腹の2カ所に○された傷があり、司法解剖の結果、死因は出血性ショックと判明し、県警は事件と断定。宮前署に捜査本部を設置し、先月下旬までに、捜査員延べ約2万4千人を投入し、現場周辺で延べ約1万5千世帯の約2万3千人に聞き込みなどを行うなど捜査を進めていたが、犯人特定につながる情報は得られていなかった。

鈴木洋一が犯人か?!同様の事件で逮捕されていた

実は、黒沼由理さんの事件で、警察は別の同様の事件で逮捕され起訴、服役しいる鈴木洋一を事件と関係があるではと疑っていたのだ。

鈴木洋一が逮捕された事件は、2007(H19)年4月5日に帰宅途中の保険会社の会社員だった当時40歳の女性が被害にあった事件だ。
神奈川県警捜査1課と宮前署は、神奈川県川崎市市高津区久末、会社員、鈴木洋一(ひろかず)を逮捕した。

しかし、鈴木洋一は一貫して犯行を否定。

「俺はやってない」と警察の取り調べに否認し続けていた。

調べでは、鈴木容疑者は、5日午後10時25分ごろ、
同市宮前区野川の路上で、
女性の背中と腰の2カ所を○物で○し、
1カ月の重傷を負わせた疑い。

広告

鈴木洋一は一貫して容疑を否認・黒沼由理さん事件関与も明確に否定

この当時40歳の被害女性の事件で逮捕された鈴木洋一は、警察から黒沼由理さんの事件などの関与の徹底的に調べられていた。

しかし、警察は明確な物証が出てこない為に、結局鈴木洋一の逮捕を見送っている。

現場では40歳女性の事件の他に黒沼由理さんの事件。さらに三件目の同様の事件が発生しており、連続通り魔事件の犯人が鈴木洋一ではないとかと警察は見ていた。

鈴木洋一は第一発見者を装っていた

実は鈴木洋一は40歳女性の事件では、第一発見者を装っていた。

おそらく、事件の犯行時に手を負傷して、このまま病院に行けば犯人と疑われることは明白。

第一発見者を装い、犯人と揉み合ったと身勝手なストーリーを仕立て上げたようだ。

鈴木洋一は事件の約1時間後、左手の指に切り傷を負った状態で宮前署を訪れ、
「レンタルCDを返しに行く途中で、包丁を持った男を見かけた。後をつけると、男は前にいた女性に襲いかかった。
止めに入ったが、振り向きざまに左手を切られた」などと説明。
女性を介抱しなかったことについては、
「救急車の音が聞こえ、女性も大声を上げたので、
誰かが介抱すると思った」と説明していた。

スポンサーリンク


黒沼由理さんと同様の事件が3件も発生していた

この事件現場から黒沼由理さんの事件現場まではわずか一キロしか離れていない。
2005年3月 神奈川県川崎市高津区梶ケ谷4で帰宅途中の女性(当時43)
2006年9月 帰宅途中の黒沼由理さん
2007年4年 当時40歳の帰宅中の女性

これらは同一犯の可能性が高いと言われていた。

鈴木洋一は最高裁まで争うなど徹底的に罪から逃げ回っていた

しかし、鈴木洋一は「私は事件に関わっていません」と一環して無罪を主張して最高裁まで争っていた。

事件の公判は横浜地裁川崎市部で、加登屋健治裁判長のもとで開かれた。初めて行われた被告人質問では、検察側からの30以上の質問に対し、鈴木被告は一貫して「お答えできません」と繰り返した。

一審横浜地裁川崎支部は
「被害者を助けに入った犯行の目撃者と名乗り出て、
捜査のかく乱を試みるなど、
責任回避の態度は卑劣」と指摘。
二審東京高裁も
「面識のない無防備な女性を背後からいきなり○し、
理不尽で悪質」として懲役10年が相当とした。
(出典:共同通信)

結局、最高裁で無職鈴木洋一被告(28)の上告を棄却する決定が出て懲役10年が確定した。

鈴木洋一は妻と子供がいた普通の男のように見えた

鈴木洋一は2004年に近くの団地に移り住んできた。

鈴木洋一には妻と幼い子供が二人もいた。4人家族で団地に生活していた。

「話すとニコニコする人で、奥さんが2人目を産む時も、よく上の子の面倒を見ていた。まさかあの人が」

との証言も出ていた。

高校時代の鈴木洋一はちょっと変わった人間だった。

高校時代の同級生の女性(26)は、「不良というわけではないが、
少し変わっているところがあった。
暴力を振るうというよりも、やられるタイプだったので、
事件は信じられない」

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。