金栗四三が今、再び注目を帯びている。中村勘九郎さんと阿部サダヲさんのW主演。宮藤官九郎さんキャストで2019年の大河ドラマとして話題になっているのだ。

そこで、日本が初めてオリンピックに参加した時のマラソン選手の金栗四三さんを特集する!

スポンサーリンク


2019年の大河ドラマで話題の金栗四三さんは世界最速ではなく、世界最長記録保持者ということでも有名だ

金栗四三さんのプロフィール

日本人として初めてのオリンピック選手となった金栗四三さん。

まずは、彼のプロフィールをご紹介しよう。
【氏名】金栗 四三
【読み方】かなぐり しそう
【生年月日】1891年(明治24年)8月20日
【没年月日】1983年11月13日(満92歳没)
【学歴】旧制玉名中学を卒業後、1910年(明治43年)、東京高等師範学校(現・筑波大学)
【自己ベスト】2時間32分45秒

「走れ25万キロ マラソンの父 金栗四三伝」など多くの著書にもなっている金栗四三さん。

日本人初のオリンピックランナーは実は、とても珍しい世界記録をもっているのだ。

金栗四三さんは世界最長のマラソン記録保持者

実は、日本人初のオリンピック選手となった金栗四三さんは、ある珍しい記録保持者だ。

それはオリンピックの第5回 ストックホルム大会での出来事。

1911年(明治44年)、金栗は翌年に開催されるストックホルムオリンピックに向けたマラソンの予選会に出場し、マラソン足袋で当時の世界記録(当時の距離は25マイル=40.225キロ)を27分も縮める大記録(2時間32分45秒)を出し、短距離の三島弥彦と共に日本人初のオリンピック選手となった金栗四三さん。

満を持して、翌年のストックホルムオリンピックに出場した。

しかし・・・
なんと、金栗四三さんはレース途中に意識を失って倒れてしまっただのだ。
レース途中で日射病により意識を失って倒れたところを通りかかった人が発見し、近くの農家で介抱された。金栗が目を覚ましたのは既に競技が終わった翌日の朝であった。このため金栗はレースを諦めざるを得ず、そのまま帰国した。

金栗四三は消えた日本人ランナーとして話題に

当然のように現地ではマラソン中に突如として消えた金栗四三さんは消えた日本人ランナーとして話題になっていた。

しかし、金栗四三さんが倒れたのは実は日射病以外にも理由があった。

日射病以外にも理由が

日本からスウェーデンへは船と列車で20日と肉体的負担は相当なも。
さらに時差などの問題もありかなりの睡眠不足に陥っていた。
現地の食事は当然のようにお米などある恥ずがなく、食事などの栄養面でもかなりのハンディがあったと言われている。

そして最大のトラブルは、なんとマラソンの当日は金栗を迎えに来るはずの車が来ず、競技場まで金栗四三は走って競技場に向ったのだ。

長い時を経て、遂に金栗四三さんはゴールする!

実は、ストックホルムオリンピックでは、金栗四三さんの棄権の意思がオリンピック委員会に伝わっておらず、「競技中に失踪し行方不明」として扱われていたのだ。

記念式典が近づいていたオリンピック委員会が金栗四三さんの存在に気がついたのだ。

1967年(昭和42年)3月、スウェーデンのオリンピック委員会からストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待された。ストックホルムオリンピックでは棄権の意思がオリンピック委員会に伝わっておらず、「競技中に失踪し行方不明」として扱われていた。記念式典の開催に当たって当時の記録を調べていたオリンピック委員会がこれに気付き、金栗を記念式典でゴールさせることにしたのである。招待を受けた金栗はストックホルムへ赴き、競技場をゆっくりと走って、場内に用意されたゴールテープを切った(日付は1967年3月21日)。この時、「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」とアナウンスされた。54年8か月6日5時間32分20秒3という記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録であり、今後もこの記録が破られる事は無いだろうと言われている。金栗はゴール後のスピーチで「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」とコメントした。

引用:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%A0%97%E5%9B%9B%E4%B8%89

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。