またも週刊文春の文春砲がさく裂した!今回は、テレビ東京の報道番組「ゆうがたサテライト」キャスターの進藤隆富氏(41)が番組を降板していたことが「週刊文春」の取材で判明した。

進藤隆富は2010年からワールドビジネスサテライト(WBS)」キャスターを3年半務めた後、ニューヨーク支局にも勤務した同社のエース社員だった。

そんな進藤隆富がセ○ハラで降板とはかなり穏やかではない。ネットでは検索すると年齢や結婚、さらにかわいいなどのワードが出て来るが、その内容は決して可愛くない内容だ。

スポンサーリンク


進藤隆富の経歴とプロフィール

まずは、進藤隆富の経歴とプロフィールをご紹介しよう。

【氏名】進藤隆富
【読み方】しんどう たかとみ
【年齢】41歳
【学歴】慶應義塾大学卒業
慶應義塾大学卒業後の2000年に、テレビ東京へ入社。

『ワールドビジネスサテライト』の記者・ディレクター、日銀担当記者、東証担当記者を経て、『NEWS MARKET 11』『TXNニュースアイ』などの番組で市況キャスターを務める。

2009年からは、『ガイアの夜明け』でディレクターを担当。
2010年10月から2014年3月28日まで、フィールドキャスターとして『WBS』に復帰していた。

『WBS』降板後の2014年6月から2016年10月までは、記者としてテレビ東京ニューヨーク支局へ赴任していた。

2016年11月7日からは、平日の夕方に放送を開始する報道番組『ゆうがたサテライト』で、フィールドキャスターを務めている。

進藤隆富の担当番組

現在

○ ゆうがたサテライト(フィールドキャスター 2016.11.7~)

過去

ワールドビジネスサテライト(フィールドキャスター 2010.10~2014.3.28)
○Opening Bell(東証アローズ中継 2004.4~2007.3.30、マーケットブース(東証概況)2007.4.2~2008.9.26)
○Closing Bell(東証アローズ中継)
○NEWS MARKET 11(マーケット情報)
○TXNニュースアイ(マーケットアイ)
○ワールドビジネスサテライト(ニューヨーク支局記者 2014.6.26~2016.10.4)

進藤隆富がセ○ハラ降板劇を週刊文春が衝撃のスクープ

事件があったのは自身の夏休み直前の7月28日、番組スタッフとの飲み会の後のことだという。

「20歳代の女性ADを別の店に連れ出し、二人きりになるとキスを迫るなどしたようです」(「ゆうサテ」関係者)

 進藤氏は、夏休み明けの8月7日に何食わぬ顔で番組に出演していたが、翌8日から突如、姿を消していた。

 テレビ東京広報部は取材に対して、「社内規程の違反があったため、厳正に処分いたしました」と回答。週刊文春8月23日発売号では、降板にいたるまでの裏側を明らかにしている。

スポンサーリンク


過去にも同様の問題で謹慎になったアナウンサーがいた

実は、過去に問題行動などが原因で飛ばされたアナウンサーは以外と多い。

噂の粋をでないものも多少あるが、高いコンプライアンスが求められるテレビアナウンサーはどうして、このような事件で躓いてしまうのだろうか。

若林健治アナは男子学生への疑惑

若林健治アナは男子学生への疑惑が報じられたのは記憶に新しい。

自宅にアナウンス志望の学生を招き入れていたと報じられている。

新谷保志アナ

新谷アナは1999年入社で箱根駅伝の実況をはじめスポーツ中継などを担当してた。爽やか好青年で日テレのスポーツ報道の中心にいた。

制作会社所属でスポーツ局で働く女性に、しつこく食事に誘ったり交際を迫るメールを送るなどセ○ハラをしていたと週刊誌に報じられている。
日テレの広報部もこれを認めている。

「事実であり、誠に遺憾です。当該社員に対しては既に厳正な処分を行いました。今後このようなことがないよう、さらに再発防止に努めてまいります」とコメントしている。

船越雅史も過去に問題行動報じられている

こちらも日テレの船越 雅史アナ。
HJホールディングス合同会社職務執行者社長を勤めているが、過去には疑惑が報じられている。

しかし、これも疑惑で真偽はわかっていない。

2006年9月22日発売の写真週刊誌フライデーが船越の「セ○ハラ事件」をスクープ。船越がチーフアナウンサーから降格させられたという記事が掲載される。その後、同年12月1日付でコンプライアンス推進室ライツ審査部に異動した。

結局、同年4月には日本テレビに籍は残しつつも、Hulu日本事業の受け皿会社として設立された「HJホールディングス合同会社」に出向、同社ヴァイス・チェアマンとなる。2015年4月には同社職務執行者社長に就任し、正式に同社を率いることになった。

進藤隆富の報道にネットの声は?

▼さすがに、人妻の狩野アナには手を出さなかったんだな。なんて言うか、立場の弱い黙ってそうな若い子を前から狙ってた感じがして凄く嫌な気持ちです。
▼テレ東の対応早い。
▼コンプライアンス違反には速やかに厳正に対処する姿勢は素晴らしいね
▼地方テレビ局に勤めてる友達に聞いたがアナウンサーはやっぱりどこか人を見下してる感があるそうな。もちろん全員ではないだろうが。
▼文春怖い、、、。
▼記事を読んでから画像を見るとやっぱり気持ち悪い顔してるもんなって思ってしまう。
▼あちゃー。。。
▼文春もやるが、テレ東も対応が早いな。
▼俺はアナウンサーという驕りがあるんだろうね。
▼ADは下っぱで多少のことは許されると思いあがってるな

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。