もはや、日本政治の劣を象徴する事件となった国有地格安払い下事件。

昨日の国会で話題になった、安倍昭恵内閣総理大臣夫人と私人のと愛国幼稚園の副園長のメールが今問題になっている。

スポンサーリンク


しかも、本来であれば真相解明に近づくはずの私人同士のメールをなんと野党が公開拒否したというのだ。
ネットでは辻元清美の生コンという部分が問題で野党は公開拒否したというデマが拡散している。

それにしても野党のメール公開拒否の理由とは一体なんだったのだろうか?

野党がメール公開拒否の理由は?

本来、真相究明に近づくはずの安倍昭恵内閣総理大臣夫人と塚本幼稚園副園長のメールのやり取り。

野党は恣意的としてメール公開を拒否した。

そもそもこの安倍昭恵内閣総理大臣夫人と塚本幼稚園副園長の籠池氏のメールとは一体何なのか?

時事通信から引用する。

 自民党は24日午前の参院予算委員会理事会に、安倍晋三首相夫人の昭恵氏が学校法人「森友学園」の籠池泰典氏の妻と交わしたメールについて、やりとりの記録を提出した。

籠池氏が受け取ったと主張する100万円の寄付について、昭恵氏は「記憶がない」と否定。籠池氏が支払ったとしている10万円の講演料も「頂いた記憶がない」と説明している。

記録は昨年6月4日から今月16日までのやりとりで、西田昌司自民党参院議員の事務所が昭恵氏から入手した。学園への国有地売却問題が明らかになった2月中旬以降も、昭恵氏と籠池氏の妻は頻繁にメールを送り合っていた。

2月28日には、学園運営の幼稚園で講演した時の講演料について、昭恵氏が「講演の謝礼を頂いた記憶がなく、頂いていたのなら教えていただけますか」とする確認のメールを送信。これに対し、籠池氏の妻から「あまりにひどい。なぜ、その情報はどなたからですか」と返信があった。

寄付金を否定したのは今月16日に昭恵氏が送ったメールで、「小学校をやめて破産。お父さん(泰典氏)は詐欺罪。あまりにも権力を使うなら死ぬ」と迫る籠池氏の妻に対し、昭恵氏は「権力など使っていない」などとして、寄付を否定している。

自民党は予算委理事会で、メールの記録を委員会で配布することを提案したが、民進党は「恣意(しい)的な抜粋だ」と応じなかった。

菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、メールの内容について、「全て出したい。第三者的な立場で(事実関係を)明らかにする必要がある」と述べた。

まず、意味不明なのが、野党がなぜココに来てメール公開を拒否したのか?

野党がメール公開を拒否した理由は恣意的だったからだという。

恣意的とは・・・

恣意的とは、自分勝手に、思うがままに、偶然的に、場当たり的に、といった意味の形容動詞である。「恣意」は「恣(ほしいまま)・好き勝手な心、考え」の意味。
引用:http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%81%A3%E6%84%8F%E7%9A%84

はっきりいって、こんなメールを公開したところで、籠池氏が口利きを依頼した事実も、内閣総理大臣夫人がそれに答えて動いた事実は消えない。

にもかかわらず、野党は自らメール公開を拒否した。

スポンサーリンク


辻元清美の生コンで公開拒否したのだと意見

だれもが「どうして?」と首を傾げる野党のメール公開拒否。

ネットでは辻元清美議員に反応する方々が一気に反応を示す。

その方々が反応したのがこの部分だ。
twitterでスクショしてくれている方がいた。
https://twitter.com/happykarinko/status/845089897736134656

昭恵夫人に公平な反論の機会を奪った自民党の昭恵夫人の証人喚問拒否

さらに、自民党の動きがどうもおかしいのだ。

こんなニュースが入ってきた。

自民、昭恵氏喚問を拒否
自民党の竹下亘国対委員長は24日午後、民進党の山井和則国対委員長と会談し、安倍晋三首相夫人の昭恵氏の証人喚問を拒否する考えを伝えた。 (時事通信)

安倍総理を引きずり降ろそうとしている人物が与党の中にいるのではないか?
とくに、今回の一見の中では些細な問題だが100万円の寄付の問題がある。

今回の問題は不当な土地取引と学校認可、それにたいする政治家の口利きや金銭授受があったのかだ。
別に、安倍晋三や昭恵夫人が寄付しても問題ないのにどうしてこんな大事になるのか?

なんと自民党は100万円の寄付を受け取ったとされる籠池氏だけを証人喚問に呼んでで意見を述べる機会を与えた。

であるならば、公平に昭恵夫人にも反論の機会を与えてしかるべきだ。

とくに偽証罪に問われる非常に重い証言になる証人喚問で籠池氏側だけに証言をさせるのは、昭恵夫人に対して失礼極まりない。

昭恵夫人もフェイスブックという何の効力もない私的なSNSでしか反論できないという異常事態。

菅官房長官はすべて協力したいと昭恵氏の私的なメール公開までしておいて、フェイスブックでしか反論させなとは、あまりにも昭恵夫人が可愛そうだ。
政府は安倍昭恵内閣総理大臣夫人に平等な反論の機会を奪った。

野党も与党も何をかばい何を守っているのか?

国民がまた置いてけぼりになっている。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。