謎の多い事件だ。みずほ銀行福岡支店付近の駐車場ではどうして、そのような大金を持っていたのだろうか?

通常だと億単位の高額の金を引き出すときは前もって銀行員と相談する事になっている。

さらに、おそらく全て新札でになるだろう。
ネット上ではどうして、このような3億8000万円もの高額の金を29歳の男性会社員が一人で運搬しようとしていたのかが話題になっている。

※追記速報です。

■福岡空港で3億円の現金を持った韓国人籍の男性が2名確保された模様。

■報道ステーションの報道によると被害者男性と何らかの関わりがある

■被害者の男性は福岡に金の買い付けで三日前から滞在していた。

スポンサーリンク


3億8000万円もの大金をどうして・・29歳男性会社員は東京在住で仕事で福岡に来ていた

まずは簡単に今回の3億8000万円強奪事件の概要をまとめる。

【事件発生日時】2017年4月20日 0:26ごろ
【事件現場】〒810-0001, 1 Chome-10-24

【事件内容】
20日午後0時25分ごろ、福岡市中央区天神1の駐車場で、東京都足立区の会社員男性(29)が現金約3億8400万円が入ったスーツケースを奪われた。男性は駐車場で車に現金を積み込もうとしたところ、男らに催涙スプレーのようなものをかけられて襲われた。男らは3人組で白いワンボックスカーに乗って逃げており、福岡県警は強盗事件とみて行方を追っている。

現場は福岡市内でも比較的交通量も人通りも平日は多い場所だという。

普段は事件などは全く起きるような場所ではないと言うのだ。
ただ、事件現場となった駐車場はみずほ銀行福岡支店の道路を挟んで反対側にある大通りに面した駐車場だ。

しかし、大通りに面した側にはプレハブの「ピンクベリー」というカフェが入った建っているために人目に付かない場所になっているのだ。

スポンサーリンク


29歳男性会社員はどうして大金を一人で運んでいたのか?3億8000万円の理由や何に使う目的だったのか?

今回の3億8000万円強奪事件で被害にあった男性は現在も警察で当時の状況を聞かれているという。

報道を総合すると次のような感じになるのだ。

■29歳 東京から出張で福岡市にきていた
■会社名は公表されていない
■近くの「みずほ銀行福岡支店」で現金を引き出したばかり
■現金は黒いスーツケースに入れて運び、駐車場で車に積み込もうとしていた
■3人組のうち1人は同じ駐車場に止めたワンボックスカーに乗っていた
■残り2人が男性に近付いて催涙スプレーのようなものをかけ、男性がひるんだすきにスーツケースごと現金を奪った。
■銀行で現金を引き出すことは事前に決まっていた
■現金を引き出した理由は「仕事の取引のためだった」

ネットでも様々な声

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。