早大生「嫌がる姿見たかった」赤間和史が女性に対する罪で逮捕された。

早稲田大学商学部に通う赤間和史容疑者は東京都板橋区小豆沢は「女性が嫌がったり、困ったりする姿が見たかった。スリルを味わいたかった」などと容疑を認めている。

じつは、この逮捕された赤間和史は「大学生の発想で人気アップ策 最優秀賞は就活“シード権”」として話題になった「楽天イーグルスビジネスコンテスト」の最優秀賞を受賞したのだ。

スポンサーリンク


赤間和史が逮捕で楽天就職も白紙か?

まずは逮捕された赤間和史の犯行を引用しよう。

「女性が嫌がったり、困ったりする姿が見たかった。スリルを味わいたかった」などと容疑を認めている。

同署によると、赤間容疑者は「帰宅途中の女性を物色し、後をつけた」と供述。北区や板橋区では平成27年から同様の被害が数件あり、同署は関連を調べている。

赤間容疑者は早稲田大学商学部に通っており、同大学は「事実関係を確認した上で、厳正に対処する」とコメントした。
引用:産経新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000553-san-soci

スポンサーリンク


大学生の発想で人気アップ策 最優秀賞は就活“シード権”


画像引用:スポニチ http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/12/18/gazo/20161218s00001173021000p.html
実は、この赤間和史は早稲田大学商学部に在籍して、この賞を獲得したのだ。

最優秀賞に選ばれたのは、早大商学部3年生の赤間和史さん。「背番号入りのユニホームをもっと売るためには?」というテーマに取り組んだ。背番号入りユニホームは選手に親近感を抱いているファンが購入するという仮説を立て、友人や家族ら54人にアンケートを実施。年に数回程度しか球場に足を運ばないファンに、どうやったら選手に親近感を抱いてもらえるか。パワーポイントを使って説明していった。

 赤間さんには来年度の新卒採用試験で、いきなり立花陽三球団社長との最終面接からスタートできるシード権が与えられた。「12球団で楽天は特殊で、目新しいことをやることが多い。社長に将来像などを聞いてみたい」と目を輝かせた。

さらにネット上には彼の自己紹介も掲載されている。

それによると赤間和史のはらない街を歩くのが好きで、時間をとっては国内外問わず一人旅をしています。とある。

これは、時間をとっては国内外問わず一人旅をして犯行を重ねていたのだろうか?
宮崎料理万作などでのアルバイト経験などを報告している。

赤間和史逮捕でネット上の声

  • ちょっとSっ気があるのかな。
  • もう早稲田の商学部くらいじゃ、驚かなくなってしまった自分が悲しい。
  • 早稲田も、慶応も、ダメだこりゃ!
  • そんな動機でそんな事をされた側からすれば、堪ったもんじゃないんだがな……。
  • せっかく苦労して早稲田に入ったけど、これでゲームオーバーだね!
  • Fランの私大だったら大学名でないのにな。
  • 俺はノーマルで良かったと思う事件やね。
  • ここのところ凄いね。千葉医、東邦医、慶応、早稲田とか。よもや大学名門が地に落ちている。
  • 因果応報。自分の名前が晒されたね。自業自得。
  • 難関大学生が何やってんだ・・・
  • 最近、日本の治安が急速に悪化しているよね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。