茜チーフがゆりあんレトリィバァのCA替え玉受験に相手だったとして大炎上しているのだ。

これは先週の週刊文春で『〈ゆりやんレトリィバァ〉 航空会社CA採用で“替え玉”受験』として格安航空会社ピーチ・アビエーションのCA採用試験を替わりに受けていたとしてスクープ報道されたのだ。

この時点では格安航空会社ピーチ・アビエーションのCA採用試験の替え玉を依頼していたのが先輩女芸人Aとして報道されていた。

しかし、2ちゃんねるなどの特定でほぼその日うちに茜チーフが先輩女芸人Aとして特定されていた。

すでにネットではゆりあんレトリィバァは謝罪をしていたが、先輩女芸人Aこと茜チーフが未だに沈黙を守っている事で大炎上している。

スポンサーリンク


茜チーフが先輩女芸人Aと特定され大炎上

大変失礼ながらゆりあんレトリィバァは、人気もありテレビでも見かける女芸人だが、茜チーフが先輩女芸人Aとして特定されるまでは、正直申し上げて茜チーフを存じ上げなかった。

まずは茜チーフが先輩女芸人Aこと茜チーフとはどのような人物かをまとめてみたい。

【氏名】茜チーフ
【本名】武内 茜(たけうち あかね)
【生年月日】1982年11月15日
【年齢】
【あだ名】茜ぴん
【出身】高知県出身

芸人になる前は証券会社に4年間務めていたとのエピソードは有名だ。
女芸人としてカーニバルというコンビを相方の山口ゆきえとコンビを組んでいた。※相方の山口はピン芸人で活動していたが、2016年に元アルドルフの小野竜輔とセクシーパクチーとコンビを組んで現在は活動している。

NSCの試験に一度落ちている。その理由を本人は「まだ会社に務めていたから」と分析しているが、山口は「蛇の抜け殻を体に巻いた写真を履歴書に貼っていたから」と語っている。
カーニバルを結成する前は「オバン」、「包み込むように…茜」(ピン芸人)として活動していた。
T.M.Revolutionの大ファンである。
コンビ解散後は、芸名を「茜チーフ」に改名し、ピン芸人として活動している。

スポンサーリンク


週刊文春の茜チーフ替え玉CA受験報道

 

巨体にハリウッド女優風のドレスをまとい、妙に流暢な英語ネタを繰り広げる芸風でブレイク中の女芸人ゆりやんレトリィバァ(26)に、ある疑惑が浮上した。

 ゆりやんレトリィバァは、R-1ぐらんぷりで三年連続決勝進出し、NHK上方漫才コンテストでも優勝した若手有望株だ。
「関西大学卒の“賢い芸人”。二〇一五年春には、ある番組の企画で米ニューヨークに三カ月間住み、そこでも英語力を発揮していました」(テレビ局関係者)
 そんなゆりやんに生じた疑惑について、吉本関係者が声を潜める。
「実は、ゆりやんは先輩女芸人Aに頼まれて、格安航空会社ピーチ・アビエーションのCA採用試験を替わりに受けているんです」
 ピーチは日本初の格安航空として二〇一二年に就航。大阪をベースに国内線だけでなく、ソウルや台湾にも路線を展開している。
「AはOLから芸人に転身し、芸人デビューが遅い。なかなか売れず、話題づくりにCAを目指すことを思い立った。ただ筆記試験に自信がなく、知人から“賢い人に受けてもらったら”と言われて、その気になったようです。『英語は、ゆりやんがええわ』と即決でした」(同前)

ここでの週刊文春の先輩芸人Aの情報をまとめると次のような情報が上がってくる

●元OL

●ゆりやんレトリィバァさんよりも先輩

●関西弁

●Aはイニシャル

週刊文春が茜チーフを直撃すると・・

 Aは昨年春と秋、今年春に採用試験を受けているが、今年一月、知人にこんなメールを送っている。
〈かしこい芸人かきあつめて試験頑張ってもらいます〉
 試験終了後、Aは「私が受けたら0点やった」などと悪びれることもなく周囲に語っていたが、今年三月、内定を得ている。
 替え玉疑惑をまずAに直撃したが、「えっ何? 怖い怖い怖い」と足早に自宅の中に入ってしまった。
 一方のゆりやんを劇場での出番後に直撃したところ、神妙にこう語った。
「Aさんから『ピーチに提出するから、英語を横で見といてくれへん』と一緒にやりました。ネットカフェに二人で行って、私が左、Aさんが右に座って、Aさんから『分からんけど、どう思う?』と聞かれたら、『こうですかね』という感じで、アドバイスをした記憶はあります。あくまでレポートで、テストとは聞いていなくて、その認識はありませんでした。手伝ったのはその一回だけです」

かなり厳しい追求に終始していたようだ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。