デカワンコやダイレンジャーなどで知られる俳優の能見達也さんの突然の訃報にファンからは悲しみの声が上がっている。
能見孝一さんがtwitterでファンに向けて報告をしてくださっている。
さらに突然の訃報に死因は何だったのかを心配する声が上がっている。

能見達也さんと言えば、何と言っても代表作はダイレンジャーが有名だ。

まずは名俳優の能見達也さんの足跡を振り返ることにしよう。

スポンサーリンク


能見達也さんプロフィールと経歴


まずは突然の訃報で久しぶりに能見達也さんのお名前を聞いた方も多いと思うので、改めてプロフィールを簡単のご紹介しよう。

【氏名】能見 達也
【読み方】のうみ たつや
【本名】能見 毅(のうみたかし)
【生年月日】1969年8月13日
【没年月日】 2017年5月18日(満47歳没)
【年齢】47歳
【学歴】東京都立赤羽商業高等学校卒業
【出生地】東京都
【趣味】映画鑑賞、読書 ラーメン
【特技】ダンス、短距離走
経歴は次の通りです。

1989年、劇団東京ヴォードヴィルショーに入団。また、同年に結成された劇団の先輩の山口良一・たかはし等を中心とする劇団内ユニット「花組エキスプレス」公演『あほんだらすけ』のメンバーとなる。同年放送のTBSドラマ『ドラマ23・同級生は七変化』でデビュー。
1993年、『五星戦隊ダイレンジャー』でシシレンジャー/天幻星・大五役で出演。東映特撮作品では他に1999年『燃えろ!!ロボコン』第20話、2002年『忍風戦隊ハリケンジャー』第42話・最終話、『轟轟戦隊ボウケンジャー』第37話に出演。以後、テレビドラマでの露出が増える。
2000年に企画ユニット「地球ゴージャス」公演VOL.4『さくらのうた』に参加し、以後同ユニットの公演の常連として活躍。2002年7月に劇団を退団し、2015年9月まで太田プロダクションに所属[2]。現在も劇団との交流はあり、劇団の公式サイトの日記や山口良一のブログ上でもしばしば名前が登場する。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E8%A6%8B%E9%81%94%E4%B9%9F

テレビ朝日
五星戦隊ダイレンジャー(1993年〜1994年) – シシレンジャー/天幻星・大五 役 ※レギュラー
燃えろ!!ロボコン(1999年)(第20話 村山潔)
忍風戦隊ハリケンジャー(2002年、2003年)(第42話、最終話 釣り人・浜田三平)
轟轟戦隊ボウケンジャー(2006年)(第37話 若林マネージャー)
土曜ワイド劇場 なんでも屋探偵帳3
土曜ワイド劇場 名探偵由利麟太郎 蝶々殺人事件
土曜ワイド劇場 宗谷海峡に消えた殺人者(西田功)
土曜ワイド劇場 逆転報道の女2(山本隆)
はぐれ刑事純情派
相棒(2005年) – 新井山宗次
おみやさん2(第4話 中田和彦)
Answer〜警視庁検証捜査官(第4話 長野正史)
TBS
同級生は七変化
ハンチョウ〜神南署安積班〜 シリーズ3(第12話)
フジテレビ
君といた夏
ハートにS(ルームメイト、路上のラブストーリー)
世にも奇妙な物語 『チャネリング』(1991年)
古畑任三郎(第4回 『殺しのファックス』 ボーイ)(1994年)
金曜プレステージ「私立探偵・下澤唯」悲しみの殺人迷路(2011年 中島隆)

スポンサーリンク


兄の能見孝一さんがtwitterでファンに向けて報告

能見達也の突然の訃報はtwitterで能見達也さんの兄の能見考一さんがファンに向けて報告をしてくださった。

こちらがそのtwitterだ。

能見達也さんの死因は・・ファンはtwitterで悲しみにくれる

当初は何かしらの病死という意見もあったが、兄の能見考一さんのtwitterで大方の予想が付いた。

それだけにファンも残された兄の孝一さんも悲しみとやり場のない思いをぶつけているようだ、

能見達也さんの兄の孝一さんの返信のない弟への悲痛なリプがあまりにも胸を撃つ。

次のページでは能見達也さんが何かしらのトラブルに見舞われていた事を示唆する内容をまとめる

スポンサーリンク



次ページに続きます

ページ:

1

2
コメントは利用できません。