辞任の電話が籠池にかかって来てた時、俺、その会話、全部聞いてる。あの弁護士、完全に嘘ついとる。
そう言ったのは菅野完氏だ。

籠池泰典の元弁護士の酒井康生が何かしらの鍵をにぎっているとは。。

スポンサーリンク



実は、この酒井康生は、維新の会の足立康史議員と非常に仲がよく頻繁に接触してたことは実は以前から関係者の間では有名だった。

酒井康生弁護士のプロフィール

ではまず、改めて昨日の籠池泰典氏から飛び出した籠池理事長の元顧問弁護士の酒井康生さんのプロフィールを見ていこう。

【氏名】酒井康生
【読み方】(さかい やすお)
【生年月日】1979年生まれ
【年齢】38歳
【職業】弁護士
【所属】北浜法律事務所・外国法共同事業

 

【経歴】
1979年 大阪府豊中市生まれ
1998年 大阪府立北野高等学校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2004年 司法試験合格
2006年 司法修習修了(第59期)、弁護士登録(大阪弁護士会)、北浜法律事務所・外国法共同事業入所
2014年 同事務所パートナー就任

 

【公職・役職など】
2010年~大阪女学院大学・短期大学非常勤講師
2016年一般社団法人箕面青年会議所理事長

日本会議と青年会議所は非常に密なつながりがあるのは以前から話題になっている。
この日本会議に親しい青年会議所の所理事長を努めていたのが酒井康生弁護士だ。

 

そう、あの森友学園の顧問弁護士としてメディアにも登場していた人物だ。

その酒井康生弁護士の助言に従って土地を買い、小学校の認可取り下げも酒井康生弁護士だと籠池泰典理事長はのべている。
今、問題になっている国有地の取得に関して、酒井康生弁護士が主に近畿財務局と交渉にあたっていたとうのだ。

自らが、土地取得のために財務局と折衝していた人物が、ある日突然、小学校の認可を取り下げた。

なんと、驚くべきことに、この小学校認可取り下げを助言したのがこの酒井康生だったというのだ。

 

近畿財務局と土地取得のについてのやり取りはこの酒井康生弁護士が行っていたというのにだ。

この酒井康生弁護士と維新の会の足立議員がとても仲良しだというのだ。

では、籠池理事長が国会で述べた部分をまとめよう。

 

「また、あの土地に、ヒ素や鉛などの有害物質があることは、契約上も明らかだったのですが、平成28年3月にはいって、工事が始まってから、新たに生活ごみが出てきました。その後、工事施工業者に弁護士を紹介していただきまして、以降の土地取引に関する一切の交渉をお願いしましたところ、最終的に、土地価格を8億あまりも値引きされた、1億3400万円になったとお聞きして、想定外の大幅な値下げにその当時はちょっとびっくりいたしました。が、売買契約を結びました。私は交渉の詳細については、詳しく承知していないので、値引きの根拠などについては、近畿財務局、当時の理財局長、弁護士にお聞きいただきたいと思います」

 

どうやら、この問題の国有地格安払い下げの事件を調査するには、実際に交渉に当たった酒井康生弁護士と、決済権のる迫田元理財局長を証人喚問する必要があるようだ。

スポンサーリンク


小学校の許認可取り下げも顧問弁護士だった酒井康生のご指示で行った

証人喚問で、籠池理事長はこうも述べている。

「なお先日、私は大阪府への小学校の認可申請を取り下げました。これは顧問弁護士だった先生のご指示によるもので、私は断腸の思いで申請を取り下げました。しかし、その後、なんら事態は改善することなく、むしろ、この問題で、私だけを悪者にするような政府の要人や大阪府知事の対応をみて『何かおかしい』と気づき始めました。財務省の理財局長の部下が『10日間隠れていて』と、顧問弁護士の先生から申し添えられましたことも、その時はなんでだろうと不思議に思っておりました。平成29年3月15日になって、『もうこれ以上関わることはできない』と突然、顧問弁護士辞任の申し出をいただきましたが、私には何があったのか理解できません。(弁護士が)財務省近畿財務局や大阪府とどのような関係があったのか、ぜひ、国会でも聞いていただきたいと思います」

不可解なのはこの酒井康生弁護士は財務省の佐川理財局長から名を受けたとされる嶋田という人物から電話があり10日間身を隠してくれと言われたという。


この報道がでると、突然、この報道を否定して籠池氏の顧問弁護士を速攻で辞任してしまった。

そこで冒頭の菅野完氏の発言だ。

どうして、彼は土地絡みで交渉をし、どういった経緯で8億もの値引きを引き出したのか?

果たして、これが意味するものは一体何なのだろうか?
安倍晋三小学校の補助金や建設費、ゴミ産廃業作・・籠池マネーとも言うべき補助金に群がった人たち。
だれが一番得をしたのか? ここは見逃せないポイントだろう。

その中に突如として建設業者から紹介されたのが、日本会議に近い青年会議所の一般社団法人箕面青年会議所理事長を努めた酒井康生氏

そう、籠池理事長の息子が一時期関わっていたのに否定した人物だ。

スポンサーリンク


酒井康生と維新の足立議員のつながり

酒井康夫弁護士、正確には籠池氏の元担当弁護士。

稲田朋美夫婦のあとに籠池氏の弁護士を引き受けた方だ。

なんとこの、酒井康生は弁護士でありながらマスコミ各社にFAXを送り籠池氏の顧問弁護士を辞任すると発表したのだ。

それにしても、この維新の会と親密な酒井康生弁護士が籠池泰典は金なると利用したのではとの見方もある。
ネット上の酒井康夫弁護士に対する声をまとめた。

いずれにしても、安倍総理の100万円よりも8億円の値引きがどのように行われたのか?証人喚問で理財局長と弁護士双方の意見を聞くべきだろう。
それにしても、この森友問題は維新がきってもきっても金太郎飴のように出てくる不思議な事件だ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。