12月2日のフライデーの報道から成宮寛貴さんのコカイン吸引疑惑、そして怒涛の芸能界引退と一夜にして新進気鋭の若手役者から転落し海外逃亡せざるを得なくなってしまった成宮寛貴さん。

そこにはブログの更新を続ける真月ブルシと真月スカイの両名の存在があった。

当初は友人Aがネットギークの執念の特定作業により発覚。ネットギークは脅威のPV数と賞賛の声で溢れた。

しかし、ここにきて成宮寛貴さんのコカイン吸引疑惑は完全なる捏造であったとう信じがたい証言が出てきたとういのだ。
あらためて、今回、本当にこの疑惑が捏造なのか?真月ブルシと真月スカイとは何者なのか

また成宮寛貴さんの弟の同級生の新証言も合わせてまとめてみたい。
ここまで来ると、何が真実で何がどこまでがウソなのか・・ネットリテラシーが問われる事件だ。

スポンサーリンク


成宮寛貴コカイン引退騒動のまとめ

まずは、カンタンにこれまでの経緯をまとめて見よう。

11月9日 友人Aこと真月スカイにチャーリーというコカインの隠語についての会話を録音される
11月29日 フライデーが成宮寛貴を直撃するも否定

12月1日 明日発売のフライデーが「成宮寛貴コカイン吸引疑惑」を報道することを予告
12月1日 異例の雑誌発売前にもかかわらず所属事務所が疑惑否定コメントを発表 法的措置に言及
12月2日 フライデーが発売。衝撃のコカイン吸引疑惑の写真にワイドショーも騒然
同日   成宮寛貴さんが疑惑否定のコメントを発表
12月9日 フライデー第二弾発売。報道では最終的にはベッドでの写真まで存在してることが報道される。
12月9日 成宮寛貴さんが直筆のコメントを発表!すでのこのFAXが発表される頃には国外に脱出

ここから事態は沈静化するように思えた。

しかし、成宮寛貴の友人A氏こと真月スカイが匿名でtwitterをスタート。
自称・兄の真月ブルシが数分後にこれをリツイート。

とくダネ!などのメディアに真月スカイが出演。
メディアでは友人Aこと真月スカイに批判の声が集中する。

12月26日ネットギークが執念の特定作業で真月ブルシと真月スカイを特定

後に、真月スカイが友人Aであることが確定。
ついにtwitterで自らの本名を名乗る。

12月28日 成宮寛貴の同級生の弟と名乗る人物にスポットが当たる。今回の成宮寛貴の騒動は完全に捏造だと告発。

以上がこれまでの成宮寛貴のコカイン吸引疑惑と友人A騒動の時系列でまとめてみた。
スポンサーリンク


成宮寛貴の友人A

成宮寛貴が海外逃亡してから数日、突如として動きだしたのが友人のA氏こと真月スカイだった。

ネットでは、成宮寛貴さんの身の潔白を信じるファンを中心にこの友人A氏に対しての怒りが増幅していく。

そんな中で、ついにA氏が自らtwitterを使って自分の意見を発信していく。

盲目的な一部のファンがこの一発目のTweetに一斉に攻撃を仕掛ける。
しかし、世間ではこの時点では、成宮寛貴擁護派はごく一部だった。
いや・・疑惑をかけられたら正々堂々と否定すればいいだけだろと冷静な意見が多かった。

しかし、友人A氏の素性が特定されうと徐々に風向きが変わってくる。

友人Aが特定される

twitterとブログで自ら情報を発信。
さらにとくダネ!に出演するなどすっかり今回の騒動の主役になってしまった友人A氏

しかし、ネットでは衝撃の事態になっていた。
ネットギークが執拗の作業でなんと友人A氏を特定してしまったのだ。

まずは、友人A氏の開設したtwitter。
このtwitterを一番最初に拡散した人物を特定。

それが真月スカイの兄とされる真月ブルシだった。
※実際に血の繋がりがあのかは、未だ不明

真月ブルシのFacebookから浮上したのが真月スカイだった。
真月スカイの革ジャンやインナーのシャツが「とくダネ!」出演時の服装と完全に一致。

さらに元モデルという経歴、さらに個人事業主とうい経歴まで一致してしまったのだ。

■元モデル ⇒ ファションセンターしまむらのチラシモデル
■個人事業主⇒ スカイコーポレーションCEO

※彼のSNSで公表された名刺には代表取締役社長と記してあったが、これは法的には間違い。
個人事業主は取締役会がないので代表取締役社長は名乗れない。
CEOは「最高経営責任者」だけなので名乗れる。

次のページではあらたに登場したNEWキャラクターに成宮寛貴の同級生についてまとめる!
スポンサーリンク


さて、ネットギークによって特定されてしまった真月ブルシと真月スカイの二名。

この二名はなんと兄弟名乗っている。

成宮寛貴の同級生の弟が登場・・その真実とは?

さて、ここまでで、すでのお腹一杯な感じがするものの、新たなNEWキャラクターが登場するのだ。

このNEWキャラクターは当初は多数出現する成りすまし説が浮上していた。

しかし、複数の証言からある種の信憑性が高いと判断されたとう。
その衝撃の内容をまとめてみよう。

■自分は成宮寛貴と兄が同級生

■成宮寛貴は薬物は使用しておらず、完全にはめられた

■友人A氏が成宮寛貴に借金をしていた

■金を返せない逆恨みと金儲けで週刊誌に誤報を送った

■事務所は疑惑だけでもアウトと判断しほとぼりが覚めるまで海外に出国させた

■成宮寛貴は出来れば芸能界に戻りたい。

■成宮寛貴の18年来の友達となのり取材を受けていた人物は偽物

■あの写真は最近のものではなく、随分前にホテルでの同窓会の写真

■小学校時代の友人と当時を懐かしんで、当時よく食べた駄菓子を持ち寄って食べていた

これらの発言はある程度の辻褄が合うのが不思議だ。

成宮寛貴の友人Aは借金を抱えていたのは週刊文春の報道ですでに明るみに出てる。
さらにFacebookなどで女性から借金返済の催促のメッセージがくる。

18年来の友人は偽物というの真月スカイが偽装工作で真月ブルシのスカジャンを着せていた。

さらにあの写真も自宅ではなくホテルだった?

真月ブルシと真月スカイの成宮寛貴の三人が行き着く結末とは?

さて、12月は成宮寛貴ではじめって真月ブルシとスカイで終わるかと思いきやついに第三の同級生の弟までが登場した。

真月スカイのブログでは「とっておきの情報が本当にあるなら早くだせ!」という意見が多い。

しかし、ソレを出してしまったらブログのアクセス数はそれを最後に激減する。

それだけに、年をまたいで雑誌などが通常に発売するタイミングを見計らっている様に思える。
しばらく、旅行ビザが切れるたびに成宮寛貴は滞在する国を転々としなければならない。

最近ではあの写真そのものが捏造されたもんだという疑惑すら浮上。

もはや擁護派と疑惑を疑う双方の意見は完全に真っ二つになっている。ネットではリテラシーを問われるほど様々な情報が出ている。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。