驚くべき時代になった。なんと一宮市立浅井中学校3年の担任の47歳の男性教諭が生徒をいじめるというあまりにも許しがたい行為で謹慎処分を受けているという。

いじめを受けた生徒は、自らこの世を去るというショックな事態に、一宮市立浅井中学校3年いじめ担任の名前は誰?!顔写真をだせ!逮捕だろう!と怒りの声が上がっている。

男性生徒の携帯ゲーム機には遺書のようなメモがあり、そこには「担任に学力や存在価値など、私の人生全てを壊された」などと記されていたということです。
しかも、両親は学校側に対して、男子生徒は中学3年生になってから担任の教師との人間関係に悩んでいて、両親がたびたび改善を求めていたということです。

twitterでは一宮市立浅井中学校3年いじめ担任の名前は誰という誰もが知りたい情報に対して相良人司という人物の名前を上げている人物がいる。

スポンサーリンク


一宮市立浅井中学校3年いじめ担任の名前は誰

昨日、12日の夜に急遽開かれた一宮市立浅井中学校3年いじめ事件で臨時のPTA総会を開いた学校側。

そこで、担任教師による生徒へのいじめがあったことを認めたのだ。

まずは、今回の報道を引用してみよう。

愛知県一宮市の中学3年の男子生徒が「担任に私の人生を壊された」とメモを残して自殺した問題で、学校側は12日夜、臨時のPTA総会を開き、「担任教諭によるいじめがあった」と説明しました。

一宮市立・浅井中学校では、同夜、臨時のPTA総会が開かれました。

市教育委員会によりますと、この学校に通っていた中学3年の男子生徒は、「担任に私の人生を壊された」などと記したメモを残し、今月6日、大阪市内の商業施設から飛び降り自殺しました。

出席者によりますと、PTA総会で、学校側は「担任の教諭に男子生徒をいじめるなどの問題があった」と認めたということです。

まず、問題なのは市教委は10日、「死を選ぶまでに思い悩んでいたことに気付かなかった」といったん発表していたのだ。

ろくな調査をしなかったのか、事実を隠蔽したのか、どちらにしても虚偽の発表をしたのだ。
、遺族から去年の10月には学校に相談していたと指摘されたのを受け、11日、「気付かなかったという表現は、適切ではなかった」として訂正した。

後手後手の対応に虚偽の発表、と現場は大混乱してるようだ。

一宮市立浅井中学校3年いじめ担任教師は現在はを学校は、担任の教諭(47)を自宅謹慎処分にした。

ネットでは、twitterなどでこの一宮市立浅井中学校3年いじめ担任教師の名前は相良人司という人物ではいかという話が出ている。
現在公式な発表は無いので、確認は取れていない。

スポンサーリンク


一宮市立浅井中学校3年3組の担任は相良人司か

現在、一宮市立浅井中学校のホームページは鍵かかかって確認できない状態だが、アーカイブは普通に修学旅行などの中学生の画像が確認できる。

ただ、生徒たちの顔写真の画像がはっきり掲載されているので、ここではリンクの紹介はさけて、三組の担任と思われる相良人司の顔写真の画像だけを引用する。

これは、ある女子生徒が、三組の担任が相良人司であることを匂わせるTweetをしてることでネット上では、ほぼ確定なのではと話題になっているのだ。

衝撃的な事件だけに、担任教師は誰だ?!顔写真や画像を公表すべき!相良人司を逮捕だ!など怒りの声が上がっている。

ただ、一方でこのあまりにも衝撃的な事件は、裏があるのではという声が聞かれるのも事実だ。
実は、ここ数年何かと問題が多発していた学校だったのだ。
次のページでは一宮市立浅井中学校の二年前の信じられない不祥事に迫る!

スポンサーリンク



次ページに続きます

ページ:

1

2
コメントは利用できません。