明日発売の週刊文春が海上自衛隊のエリート指揮官の“女性問題”を報じることがわかった。
そのエリート自衛官とは畠野俊一海将補だ。

現在は、岩国基地の第31航空群司令をつとめている。
2014年8月から昨年12月まで那覇基地を拠点にする第5航空群司令を務めていた当時、「奥さん以外の女性が畠野氏の官舎を訪ねていた」と明かすのは那覇基地関係者からリークされたのだ。

ネットでは、何かのハニートラップか?それもただの不倫なのかと話題になっている。

スポンサーリンク


畠野俊一海将補が不倫?お相手は東京の広告代理店に勤務する40代のA女史

明日発売の週刊文春によると、女性問題が浮上した畠野俊一氏のマッサージ写真付きで報じている。

畠野俊一さんとはどのような人物なのだろうか?

第31航空群司令 海将補 畠野 俊一
海将補
畠野 俊一(はたの しゅんいち)
《プロフィール》
着任年月日:平成28年12月22日
前 配 置:第5航空群司令(那覇)
生 年 月 日:昭和37年2月17日
出 身 地:鹿児島県
職   種:固定翼操縦士
趣   味:スポーツ全般

私は、大事な場面において個人の力を結集し、組織力として発揮させるための「和」を重要視しています。同じように、基地の運営においても、基地を共同使用する米海兵隊や、基地に隣接する地域の住民の方々との良好な関係の維持が最も大切だと考えています。

引用:http://www.mod.go.jp/msdf/iwakuni/about/message/message.html
 

 

まずは週刊文春の報道から引用してみよう。

海上自衛隊のエリート指揮官の“女性問題”が「週刊文春」の取材で明らかになった。問題の指揮官は現在、岩国基地の第31航空群司令をつとめる畠野俊一海将補(54)。2014年8月から昨年12月まで那覇基地を拠点にする第5航空群司令を務めていた当時、「奥さん以外の女性が畠野氏の官舎を訪ねていた」と明かすのは那覇基地関係者だ。

「ショートカットの綺麗な女性が畠野さんの官舎に泊まっていたのです。官舎は、国費によって無償で貸与されており、女性との逢瀬に使うなんてと驚く人もいました。また彼女が宿泊するリゾートホテルに畠野氏が泊まったこともあると聞いています」

お相手は、東京の広告代理店に勤務する40代のA女史。女優の鈴木京香に似たスレンダーな美魔女だ。畠野氏は、来沖したA女史とともに美ら海水族館などでデートしていた。デートには、畠野氏の部下である40代の女性隊員B氏も随行していたという。

前出の基地関係者が、当時の様子を語る。

「2人がホテルに泊まった際にも、B氏が付き添っていました。その夜、3人はホテルのレストランで食事をし、そのまま部屋へと流れ、飲み直すことになったそうです。そのうちAさんが畠野さんのマッサージを始め、親密な雰囲気になった。結局、畠野さんは2人に挟まれ、ひとつのベッドで朝まで過ごしたというのです。また別の日、畠野さんの官舎で飲んでいると、Aさんが畠野さんにキスしたこともあったそうです」

本誌の直撃取材に畠野氏は次のように答えた。

「いわゆる“淫らな行為”は一切していません。純粋にマッサージしてもらっていただけです。(キスは)他の皆もいる前で、自分からはしていません。正当化するわけではありませんけど、酔ってチューする女性っていますよね」

「週刊文春」1月19日(木)発売号では、畠野氏とA女史の2ショット写真や、メールのやりとりなども含め、詳しく報じている。

スポンサーリンク


ハニートラップ説まで浮上・・果たして、タダのデートマッサージなのか不倫なのか

それにしても、芸能人につづいて、まさかの国防を担う自衛官までもが不倫疑惑を報道される日本のモラルの崩壊にはいささか驚いた。

芸能人は仕方がないにしても・・・

韓国との関係がこじれまくって、ロシアには金だけ取られて、アメリカのトランプ次期大統領には名指しで経済批判されている中で、日本の国防を担うエリート自衛官にはもう少しモラルがあった方が、個人的には信頼感は増すと思うのだが・・・

一事が万事。
芸能人の不倫など、正直どうでもいい。

しかし、国防軍のエリートとなると、子供たちの大きな憧れの的だ。
国防だけでなく、災害時などの出動など、本当に頭が下がる思いだ。

しかし、子どもの憧れであればあるほどさすがに襟を正して欲しいものだ。

ハニートラップ説も出ているが、引っかからなければいいだけの話だ。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。