田子譲治さんが今、再び脚光を浴びている。

清原和博との因縁と不思議なつながりをテレビで特集されるのだ。
田子譲治さんはジャイアンツのバッティングピッチャーとして清原和博から絶大な信頼を得ていた。

スポンサーリンク



田子譲治の現在と清原和博との因縁とは?

なんと、田子譲治は逮捕後の清原和博の身元引受人に名乗り出たのだ。

田子譲治のプロフィール

【氏名】田子 譲治
【読み方】たご じょうじ
【生年月日】1963年6月28日
【年齢】53歳
【学歴】鳥取西高校
【級歴】鳥取西高校⇒ロッテオリオンズから2位指名

清原和博に敗れた男、そして清原和博の恋人として

鳥取県立鳥取西高等学校野球部で1年秋からエースとなる。早くから好投手として注目され、2年生時の1980年夏の甲子園県予選決勝に進出するが、倉吉北高に敗退。翌1981年夏の県予選決勝では倉吉東高を降し、第63回全国高等学校野球選手権大会出場を決める。1回戦で東奥義塾(青森)と対戦。初回先頭打者に内野安打を許したのみの準完全試合を達成し完封勝利、16奪三振の投球内容が注目される。しかし2回戦で早稲田実業の荒木大輔投手と投げ合い、0-5で敗れた。大会終了後に行われた韓国遠征の全日本チームのメンバーにも選ばれ、第3戦に先発し、7回まで投げて被安打3の1失点で0勝1敗の成績を残している。

同年のドラフトでロッテオリオンズから2位指名を受け入団。金田正一による大絶賛を受けてのものだった。

プロ入り5年目の1985年に一軍に昇格し、翌1986年9月には初先発を果たす。同年は2勝2敗の成績を残した。なお、この年に清原和博(西武ライオンズ)が高卒新人の最多記録となる31本目のホームランを放った際の相手投手が田子だった。

その後は故障もあって登板機会に恵まれず、1990年を最後に現役を引退。

1991年から2009年まで読売ジャイアンツの打撃投手を務めた。ロッテの先輩からの紹介でジャイアンツの打撃投手として入団することが出来たのだ。

前記の清原との因縁からか、ジャイアンツに清原が在籍していた当時は彼の打撃投手を務めることが多く、「清原の恋人」と呼ばれることもあった。

2001年、清原は不調で6番に降格、チームも6年ぶりの7連敗を喫するなどしていた時も清原の特打に付き合った。その結果、清原が2本塁打、4打点の活躍を見せてチームを8試合ぶりの勝利に導いた。清原はヒーローインタビューで開口一番、「付き合ってくれた田子さんに感謝したい」と感謝を述べた。

自宅のテレビで夕食を食べながら観戦していた田子は突然の清原の感謝の言葉に感激し、箸を持つ手が震えたという。清原には「田子さんを驚かせてやろう」という悪戯心もあったらしい。

2009年脱臼で引退、2010年4月より食での地域連携とプロのあり方を考え指導者の下、地域連携と元プロ野球選手のネットワークを生かしたセカンドキャリアネットワークを構築している。

スポンサーリンク


田子譲治は清原和博の身元引受人、そしてなんでんかんでんなどラーメン店にも挑戦!

しかし、野球を離れた田子譲治と清原和博の人生はけっして順風満帆ではなかった。
清原は自らの素行不良が原因でジャイアンツをクビに。

田子は翌年もジャイアンツで打撃投手として契約していた。

しかし・・45歳で肩は限界に。打撃投手を引退。

その後田子さんは右肩を痛め打撃投手を引退。ラーメン店へと仕事を変え日々を過ごしていた時、清原氏逮捕の報道を見て大きなショックを受けた。いてもたってもいられず、自ら警察へ出向き、清原氏の身元引受人を買って出た。だが、その思いは届かず、すげなく断られたという。

 清原氏との対決が人生を大きく左右した田上さん、田子さん。2人が今、清原氏に伝えたい思いを語る――。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。