栃木県那須町のスキー場付近で発生した雪崩事故で、生徒ら8人が犠牲になった大田原高校山岳部顧問の 猪瀬修一氏が29日、県庁で事故後の初めての記者会見を行った。

引率した 猪瀬修一顧問は「絶対安全だと判断したが、こういう事態になったことを反省しなければならない」と謝罪した。

広告

高校生ら8人が犠牲になった雪崩事故を受けて、事故当時、現地にいた講習会の責任者である栃木県高校体育連盟登山専門部・猪瀬修一委員長らが会見を開きました。

植木洋一校長も「あってはならない痛ましい事故になってしまい、心からおわびする」と謝罪した。 

ネット上では厳しい声も・・警察が業務上過失致死で逮捕の可能性も浮上

今回の痛ましい事故では家族や友人、さらに学校関係者の方々のショックは想像を絶するものだろう。

しかし、ネット上では様々な意見が上がっているのは事実だ。

まずは、ネット上の声を幾つか拾ってみよう。

■反省ってレベルじゃないでしょ
■絶対じゃなかったじゃないのさ
■被害者が気の毒やわ。
■自然相手に絶対はないよ
■絶対安全って雪崩注意報が出ていても?
■あきらかな判断ミス
■先生がGOサイン出し、生徒が「大丈夫なんですか?」って言える雰囲気だったのか?
■絶対って難しいですね。
■この人大丈夫かよ?自分の判断に間違いないと思ってるよな、自信過剰が事故起こしたんだよ
■責任感ありますか?
■自然を相手にする部活の顧問が、天候にたいして絶対安全って見識を疑います。
■「絶対」とかいう時点でアウト
■『絶対』は気軽に使わない方が良い
■天候情報の宝庫である気象庁が雪崩注意出してるのに素人が絶対大丈夫っておかしな判断ですよね
■絶対安全なんてない
■被害者が、かわいそうで仕方ない
■絶対安全って言葉はもう使ってはいけないと思いますなぁ

「絶対安全」猪瀬修一顧問の言葉と、ネット上の方々が疑問を感じる方が多いようだ。
広告

「判断に疑問」「先生責められない」など多くの声があがる

この開演に先立って、緊急の全校集会が開かれ、生徒に説明が行われた。

県立大田原高校(大田原市)で29日午前、緊急の全校集会が開かれた。集会後、生徒からは「雪崩注意報が出ていたのに」と訓練を強行したことへの疑問や、「先生は責められない」との声が聞かれた。同校では保護者説明会も行われた。

引用:時事ドットコムニュース http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032900426&g=soc

今回の大きすぎる犠牲に監督責任が発生するのは当然。

さらに、位置情報を発信できるビーコンを持って行かなかったり、気象庁の注意報など、多くの瑕疵は明白だった。

再発防止と徹底した原因究明が急務

今回の痛ましい事故によって多くの若い命が失われ、そこに何かしらの瑕疵があったのは事実だ。
しかし、個人を徹底的に叩くことは絶対にあってはならない。

あまりに大きすぎる代償故に感情的になってしまうのは致し方ないのかもしれないが・・
いずれにしても、再発防止と徹底した原因究明が急務だといえる。

https://twitter.com/touton_seiton/status/846999760729001984


https://twitter.com/bububu81/status/846998780809482241

広告

コメントは利用できません。