未成年との交際疑惑で会見を開いた狩野英孝の囲み取材で、あまりにも芸能リポーターがクズ過ぎると話題になっている。

とくに、狩野英孝の向かって右側の女性レポーターあは誰だとネットでは怒りの声が上がっている。

ネットではこの正義感ぶったババアの記者の性格の悪い質問に批判が殺到している。

ネットでは、当初、狩野英孝へのあまりの女性関係のだらしなさに批判の声が相当上がっていた。

事務所の解雇や芸能界引退まで取り沙汰される事態に。

これは会見でもかなり厳しい質問が飛ぶことは想像できたのだが・・・
スポンサーリンク


狩野英孝の女性芸能レポーターに批判が殺到

厳しい質問、倫理観の問題、様々な質問が狩野英孝に飛ぶことは確かに用意に想像できたのだが・・

それにしても、どうも女性芸能レポーターの人を馬鹿にした態度にネットでは怒りが爆発している。
あのクズ芸能レポーターは誰だと特定作業まで行われはじめているのだ。

しかも、狩野英孝の懸命の話し方にも馬鹿にした態度で、笑い出すなど人としてありえない失礼極まりない行為にあのババア誰だよと怒りの声が上がっている。

終いには、「狩野英孝ガンバレ!!!」と、何故か女性芸能レポーターのせいで狩野英孝が応援される事態に発展。

ネット中継のコメント欄は狩野英孝の事実関係や謹慎処分の内容よりも、「叩きやすいヤツを叩く」という日本のクズすぎるマスメディアは芸能レポーターの質の著しい低下、さらに人格にまで批判の声が上がっていた。


画像引用:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/21/gazo/20170121s00041000117000p.html

特に狩野英孝の左右の女性レポーターに批判が殺到している

スポンサーリンク


女子高生側とは和解成立、父からはこれからも仲良くしてやって欲しいと言われる

 関係者によると、20日までに狩野側と女子高生の両親とは話し合いを済ませており、和解が成立しているという。

 東京都の青少年保護育成条例では、18歳未満の者と性交することを禁じており、狩野が肉体関係を持っていた場合、2年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科されるが、法曹関係者は「立件の可能性は低いのでは」とみている。

さらに、女子高生の父とも面会と謝罪を済ませており、逆に「ウチの娘が大変なご迷惑をおかけして申し訳ない」「これからも仲良くしてやってほしい」との言葉をもらっいる。

さらに、狩野英孝は恋愛感情があったとされており、そこにも芸能レポーターが追求。

追求するのはいいのだが、聞き方に多くのネットユーザーが怒りを覚えたようだ。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。