朝から信じられないニュースが飛び込んで来ました。胆のうガンで闘病中だった渡瀬恒彦さんの訃報にショックを受けている方が多い。

余命わずかで激やせ写真の噂がでるなどファンは心配の声が上がっていた。

何しろ、来月からは、渡瀬恒彦さんが主演の9係が放送される予定。
さらに、タクシードライバーの推理日誌シリーズなどでも現在も人気を博しており、72歳にして若いファンが多いという世代を超えて愛される役者さんだった。

スポンサーリンク


渡瀬恒彦さん余命わずかでもカメラの前で演技を続けた

「十津川警部」「おみやさん」「タクシードライバーの推理日誌」「9係」など世代を超えて愛された名俳優がまた一人旅立ってしまった。

渡瀬恒彦さんが14日、胆のうがんのため東京都内の病院で死去した。72歳だった。

言わずとしれた兄は石原軍団の渡哲也さん。

兄とは違った魅力でコンスタントにテレビドラマや映画に出演。とくに土曜ワイド劇場や9係などで若い方のファンも多かった。

がんとの闘いは一進一退を繰り返していた。

渡瀬さんは15年夏ごろに体調不良を訴え、検査の結果、胆のうに悪性腫瘍が見つかって都内の大学病院に入院。5カ月間、仕事を入れず、抗がん剤の投与と放射線治療を受けた。効果が出て、少しずつ仕事復帰を果たしたが、完治せず、入退院を繰り返していた。

しかし、次第に体重が落ちはじめて、ファンの間では余命を心配する声が上がっていた。

さらに、ネットでは1月21日に松方弘樹さんが74歳で死去した際にコメントを発表したものの映像を見た方がおらず、いつのまにか激やせ写真の噂が広まりファンは心配していた。

スポンサーリンク


兄とは違った道を・・電通の社員から芸能界いりした異色の俳優

早大法学部を除籍になった後、電通PRセンターに入社。兄の渡は既に日活の青春スターとしてスターの階段を駆け上がっていたが、渡瀬さんは芸能界に全く興味がなかった。そこを口説いたのが東映の岡田茂社長(当時)で、69年に同社と契約を結んだ。

兄の渡哲也さんは、押しも押されもせぬ石原プロの稼ぎ頭として大活躍していた。
一方で渡瀬恒彦さんは、全く俳優には興味が無かった。

しかし、仁義なき戦い」シリーズなど数多くのやくざ映画やアクション作品で徐々に頭角を表していく。

そして今から39年前の78年に出演した深作欣二監督の「赤穂城断絶」と野村芳太郎監督の「事件」の演技でブルーリボン賞助演男優賞などを受賞した。

映画界には無くてはならない俳優に育っていった。

その後も「震える舌」「南極物語」などの話題作で抜群の演技を披露。
晩年は「十津川警部」(TBS)「おみやさん」さらに9係など人気シリーズを次々にヒットさせていた。

スポンサーリンク


ネットでは追悼と9係はどうなるのか心配する声

ネットでは渡瀬恒彦さんの訃報に追悼と9係はどうなるのか心配する声などが上がっている。

■本当に残念。
おみやさんもタクシードライバーも9係も安定して楽しめるドラマだった。もっと長く楽しめると思ってたんだけど。

■ちょっと早いですね。安らかにお休みください。

■4月からのドラマを楽しみにしていただけに、本当に残念。合掌。

■これはショック、良い俳優だったのに。

■もっとみたかったですね

■渡瀬さん主演のドラマ、特に9係、好きでした。亡くなられたなんて
凄いショックです。ご冥福をお祈りいたします。

■渡瀬さんが主演された十津川警部のシリーズ、おみやさん、警視庁9係みんな好きでした。
4月から始まる9係も楽しみにしていたのですが、もう見れないのが残念です。
心よりご冥福をお祈りいたします

などの、驚きと追悼の声で溢れている。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントは利用できません。