若手実力派女優の清水富美加さんの公式twitterが11日、突如として閉鎖。さらに、閉鎖される前には何かを発表するというTweetがあっただけにファンを心配させている。

さらに、レギュラー番組も体調不良により、次々に休止や放送差し替えになるなど、完全に所属事務所のレプロとの間でトラブルが起こっていることだけは間違いないようだ。

ネットでは、すでに、第二の能年玲奈こと、のんになってしまうのではないかと心配の声が上がっている。

これまでの経緯をまとめてみよう。

スポンサーリンク


清水富美加 事務所トラブル!か!

清水の公式アカウントは「@lespros_fumika」というものだったが、すでに削除されている。

実は、この清水富美加の公式twitterが消去されるまえに気になるつぶやきを残しているのだ。

「新しい個人アカウントをつくりました。今後はこっちで更新します。このツイートは、すぐに消されちゃうかもしれないので、皆さんフォローやスクショなど宜しくお願いします。来週、ある「宣言」をします。皆さんどうか、、、」

そして、このtwitterでのつぶやきを最後にtwitterアカウントが消去されてしまった。


これはどう考えても清水富美加と所属事務所のレプロとの間で何かしらのトラブルが発生したのは間違いないようだ。

そして、新しい本人と名乗るtwitterアカウントにはさらに意味深な投稿が2つTweetされている。

能年玲奈の独立騒動ではバーニング側の圧倒的な嫌がらせと圧力、さらに大手メディアの超へっぴり腰のへりくだり報道によって一切のメディアへの露出が激減した人権侵害事件が記憶に新しい。

今回は、清水富美加のファンは何かしらの大きな騒動になることはもはや避けられず一大スキャンダルになりそうだ。

所属事務所のレプロは体調不良で押し通すつもり!

このtwitter騒動以降、清水富美加の所属事務所のレプロは、出演番組をすべて体調不良により欠席と発表している。

次から次に、清水富美加のスケジュールをドタキャンしているのだ。

これに対してネットでは、真実を報道しないメディアとバーニング系のレプロへの批判で炎上している。

第二の能年玲奈になるのではないかと心配の声も同時に上がっている。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。