毎週のように週刊文春がスクープを連発している。

 

今回は、サンデーステーションのプロデューサーX氏が美しすぎる弁護士の亀石倫子さんに「セ○○ラ騒動」を繰り広げて大問題に発展しているというスクープが飛び出した。

報道が事実ならば、サンデーステーションのプロデューサーX氏は亀石倫子弁護士のストーカー状態。

サンデーステーションのプロデューサーX氏とは一体誰なのだろうか?ネット上ではすでに浦本勲氏の名前などが浮上している。万が一、これが別の人間だったら浦本勲プロデューサーもいい迷惑だ。

だた、亀石倫子氏もサンデーステーションのプロデューサーX氏も双方がセ○○ラ騒動を否定している。週刊文春がセ○○ラとの刺激的なタイトルを付けていることに違和感を覚えているネットユーザーも多いようだ。

改めて、週刊文春の現在わかっているセ○○ラ騒動の内容をご紹介する。

スポンサーリンク


美しすぎる弁護士の亀石倫子さんとサンデーステーションのプロデューサーX氏のセ○○ラ騒動

まずは、週刊文春の記事の予告から、今回のセ○○ラ騒動をまとまる。

美しすぎる弁護士とテレ朝プロデューサーの「セ○○ラ騒動」

今年3月、警察によるGPS捜査の是非を問う訴訟で違法判決を勝ち取った美しすぎる弁護士、亀石倫子氏(43)。彼女と「サンデーステーション」のプロデューサーX氏の間で、「セ○○ラ騒動」が起きていたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

「X氏がゲストコメンテーターの亀石氏に対し熱を上げ過ぎてトラブルになったと聞いています。X氏は『報道ステーション』などの番組で長くディレクターを務め、今年4月から『サンステ』のプロデューサーに昇格。キャスティングも担当する番組の実力者です」(テレ朝関係者)

今年5月から亀石氏は「サンデーステーション」に出演しているが、9月末頃から「セ○○ラ騒動」が局内で取り沙汰されている。

問題視される言動のひとつが、「恋愛小説事件」だ。自作の小説を亀石氏にメールで送っているのだ。

他にも食事の席で「キスをしたい」と伝えたり、亀石氏が帰阪する新幹線に乗り込んでくることもあったという。

報道番組のプロデューサーが出演者に対し私情を持ち込むべきでないことは言うまでもない。実際、テレ朝の現場スタッフからは「X氏の行動を不問にすれば、今後うちはセ○○ラ、パワハラ問題を報道できないじゃないか」という声も上がっているという。

本誌の取材に亀石氏もX氏も事実関係を認めながら、「私はセ○○ラという認識はない。テレビ朝日さんに対して本当に恩しかありません」(亀石氏)、「セ○○ラという意識もないし、問題になることはしていない」(X氏)と答えた。

テレ朝にもX氏の「セ○○ラ騒動」について確認を求めたが、「現在、事実関係を調査中です」と回答はしなかった。

「週刊文春」10月12日発売号では、「セ○○ラ騒動」の全容に加え、亀石氏、X氏へのインタビューを詳報している。

スポンサーリンク


サンデーステーションのプロデューサーX氏は誰なのだろうか?

ここで、まず気になるのが、美しすぎる弁護士の亀石倫子氏にセ○○ラストーカー行為を行っていたサンデーステーションのプロデューサーX氏とは一体誰なのだろうか?

ウィキペディアによると次のよいうにサンデーステーションのプロデューサーが掲載されている。

スタッフ[編集]
プロデューサー:丸山真樹、中山真吾(以上、サタデー)、浦本勲(サンデー)
チーフプロデューサー:渡辺信太郎(サタデー)
協力:ANN系列各社
制作著作:テレビ朝日

これらの情報意外にネット上では、サンデーステーションのプロデューサーX氏が誰なのかにつながるヒントは掲載されていなかった。

記事が出るにあたって、番組プロデューサーの項目が見当たらないのは不自然にも思えるのだが・・。

セ○○ラ被害者の亀石倫子さんは数々の民主主義を守る裁判で勝ち抜いてたエリート弁護士

亀石倫子さんとしては、抜群の美貌と知能で多くの難解な裁判を勝ち抜いてたエリート弁護士だ。

令状なしのGPS捜査を違法とする最高裁判決を勝ち取り、ダンスクラブの風営法違反事件などで無罪判決を得てきた気鋭の弁護士としても有名だ。

【氏名】亀石倫子
【読み方】かめいし・みちこ
【生年月日】1974年生まれ
【年齢】43歳
【出身】北海道・小樽出身
【経歴】

1997年に東京女子大を卒業後、札幌の情報通信企業に就職 。2000年に退職し、大阪へ移る。2005年、大阪市立大法科大学院入学。2009年、大阪弁護士会に登録。2016年に法律事務所「エクラうめだ」を開設。

ネット上の声

▼美しすぎないが、かわいい43歳♡
▼お互いセ○○ラじゃないって言ってるのに、なんのこっちゃ(笑)
▼双方がセ○○ラを否定しているのに、何で週刊誌が取り上げてるのか意味が分からない。
▼これはセ○○ラじゃないじゃん。
女性側の弁護士が否定してたらセ○○ラは成立しないんだけど。
▼自作の恋愛小説を送るなんて怖すぎる…。
プロデューサーなら実名だして報道すべきだと思うけど。
テレ朝って、あまりいい人材がいないんですね。
▼双方が否定している段階で、なんでセ○○ラ騒動になるの?
▼てかどっちもセ○○ラ否定してるならとりあえず問題なし?
▼くだらないね。
▼ポエマーの上を行くノベラー

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。