スナックママ4人連続殺人事件の五人目の被害者・芸能人Kこと桂あやめさんが2017年9月1日放送の爆報!THEフライデー【あの美女は今…人生の大勝負!一発大逆転SP】に出演する事が分かった。

今回はスナックママ四人連続殺人事件の衝撃の結末と、久々にゴールデンタイムに出演する桂あやめさんを特集する。

 

桂あやめさんは三代目桂あやめとして活躍されている。

今回、爆報!THEフライデーにも被害者Kとして登場してメディアの前で事件の詳細を告白する。

桂あやめさんの経歴プロフィール

【氏名】三代目 桂あやめ
【読み方】かつらあやめ
【本名】入谷ゆか
【生年月日】1964年1月31日
【年齢】53歳
【学歴】私立夙川学院高等学校 中退
【事務所】よしもとクリエイティブ・エージェンシー

桂あやめ(本名:いりたにあやめ)さんは幼いころから落語に親しんでいた。中学のころには桂文枝のファンでテレビや寄席などをチェックしていた。

19歳にして弟子入りして1982年には初舞台。
現在は2001年に授かった娘さんと幸せに暮らしている。38歳での高齢出産ということもあって注目されていたが無事に出産している。

広告

スナックママ4人連続殺人事件の概要

スナックママ4人連続殺人事件は1991年(平成3年)12月に、兵庫県・島根県・京都府でスナックを経営する女性4人が、当時35歳の男の西川正勝によってなきものにされた事件。警察庁広域重要指定119号事件に指定された。

  • 1991年12月12日、兵庫県姫路市のスナック経営女性(当時45歳)
  • 1991年12月21日、島根県松江市のスナック経営女性(当時55歳)
  • 1991年12月26日、京都府京都市のスナック経営女性(当時55歳)
  • 1991年12月28日、京都市のスナック経営女性(当時51歳)

いずれも、深夜の時間帯に犯行に及んでいる、さらに金品を奪っていることから同一犯の犯行とされた。
現場から採取された指紋から西川正勝が操作洗浄に浮上。

12月30日に全国に指名手配された。

広告

桂あやめは5人目の被害者だった

年末に立て続けに起こった事件で全国で五人目の被害者になったのが当時から落語家として活躍していた桂あやめだった。

1992年1月5日、大阪市天王寺区内にある女性落語家の桂あやめ(当時は桂花枝、27歳)の自宅マンションに隣人を装って侵入。桂あやめさんにも犯行に及んだ。不幸中の幸いで桂あやめは失神してしまったために、命を奪われること無く、西川は現金14万円を奪って逃走している。

スナックママ4人連続殺人事件 西川正勝の逮捕は六人目の被害者の説得だった

スナックママ4人連続殺人事件の結末は衝撃的なものだった。

西川正勝は1992年1月7日に天王寺区のマンションに侵入して金を奪おうとするも、侵入した部屋の住人から自首するよう説得され逮捕に至る。

スナックママ4人連続殺人事件 西川正勝

スナックママ4人連続殺人事件で逮捕された西川正勝は、驚いたことに一審で無罪を主張全面的に争う姿勢をみせていた。

1995年9月11日、大阪地裁で死刑判決がくだされる。
西川正勝と弁護団はすぐさま大阪高裁に控訴。

2001年6月20日、大阪高裁で控訴棄却
この時の西川正勝と弁護団の主張はこうだ。
控訴審で弁護側は、兵庫県姫路市のスナック経営女性の事件についてのみ罪を認めたが責任能力を否定していた。
また他の事件については全面無罪を主張した。

2005年6月7日、最高裁で上告棄却・死刑確
結局、西川正勝は刑が確定して2017年7月13日、金田勝年法務大臣の執行命令に基づき大阪拘置所にて刑が執行された。

広告
コメントは利用できません。