2015年に公開されて話題沸騰だった実写版シンデレラが4/21日放送の金曜ロードショーで放送される。

シンデレラはグリム童話集の作品で1950年にはアニメとして映画化されている。

今回は、ディズニーが素晴らし技術でシンデレラを実写化した。
ガラスの靴やかぼちゃの馬車など誰もがそのストーリーはなんとなく知っている長名作です。

今回の実写版の吹き替えはシンデレラが高畑充希さん。
王子様が城田優さん。

スポンサーリンク


エラ・・シンデレラ⇒リリー・ジェームズ⇒高畑充希

トレメイン夫人⇒ケイト・ブランシェット⇒塩田朋子

ドリゼラ・トレメイン⇒ソフィー・マクシェラ ⇒新谷真弓

アナスタシア・トレメイン⇒ホリデイ・グレインジャー ⇒加藤忍

キット王子⇒リチャード・マッデン ⇒城田優

フェアリー・ゴッドマザー⇒ヘレナ・ボナム=カーター ⇒朴璐美

国王⇒デレク・ジャコビ ⇒糸博

大佐⇒ノンソー・アノジー ⇒乃村健次

大公ステラン・スカルスガルド  広瀬彰勇

スポンサーリンク


実写版シンデレラのあらすじ

勇気と優しさを忘れなければ奇跡は起こる!!
強く美しい少女の恋と魔法の物語

エラ(リリー・ジェームズ)は行商人の父と優しい母と共に森の中の屋敷で暮らしていた。幸せな日々が続くと思われたが、突然母が病死してしまう。それでも、母と交わした「勇気と優しさを忘れない」という約束を胸に、美しい少女へと成長する。そんなある日、父が再婚することになり、エラの家には、プライドの高いまま母(ケイト・ブランシェット)と姉たち(ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー)がやってくる。優しい父もその後ほどなくして亡くなってしまい、まま母たちはエラを屋根裏部屋に追いやり、使用人のように扱い始める。寒さをしのぐために暖炉の前で眠り、灰を顔につけたまま働くエラを「灰まみれのエラ=シンデレラ」とからかうまま母たち。いつでも母との約束を守り続けてきたエラだったが、3人の仕打ちに耐えかねて遂に家を飛び出してしまう。
そんなエラが森で出会ったのは、陽気な青年・キット(リチャード・マッデン)。エラとキットは互いに惹かれ合うが、実はキットは王子だった。彼は死を目前にした父王(デレク・ジャコビ)から、政略結婚を勧められていたが…

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。