またも相撲界に衝撃が走ってた。横綱の日馬富士がモンゴル飲み会で貴ノ岩の態度が気に食わないとビール瓶で殴打。頭蓋骨骨折と報道されたのだ。

記事によると、横綱日馬富士が幕内力士へのビール瓶での殴打暴行疑惑が報じられているのだ。

最悪の場合横綱は相撲界追放との話も上がっているだけにかなり現場は混沌とした状態のようだ。

スポンサーリンク


日馬富士が貴ノ岩にビール瓶暴行疑惑をスポニチが報じる

日馬富士が貴ノ岩にビール瓶暴行疑惑を報じたのはスポニチだった。

まずは記事の詳細を引用してみよう。

横綱・日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)に、幕内力士への暴行疑惑が浮上した。関係者によれば、10月26日の鳥取で行われた秋巡業後の酒席で、東前頭8枚目、貴ノ岩(27=貴乃花部屋)をビール瓶で殴打し負傷させたという。貴ノ岩は福岡市内の病院に入院。九州場所を初日から休場しこの日、「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」の診断書を提出した。相撲界は長年、暴力問題の再発防止に取り組んできただけに、疑惑の究明が急がれる。

これが事実であるならば、相撲界にまたまも不祥事、しかも今回はなんと品格が問われる横綱となればそれこそ大問題だ。

モンゴル飲み会で日馬富士が貴ノ岩をビール瓶で殴打か

報道をまとめると、次のような流れになる。

日馬富士は鳥取巡業の打ち出しの後に後輩のモンゴル出身の力士を集めて飲み会を開催した。

そこに貴ノ岩も同席。横綱はその際に酔って貴ノ岩に絡み、さらに態度が気に入らないという理由で、近くにあったビール瓶で思い切り殴打したという。

貴ノ岩は休場を余儀なくされる

ビール瓶で殴打された貴ノ岩は秋巡業後に11月5日から9日まで福岡市内の病院に入院。

負傷箇所が頭部ということもあり、九州場所を初日から休場した。たしかに横綱のちからで思い切りビール瓶を拭いおろしたらとんでもない被害になるのは予想ができる。

しかし、これに対して納得がいかないのが貴乃花親方の対応だ。

貴乃花親方は事件にノーコメントを貫く

この事件で貴ノ岩の師匠の貴乃花親方のコメントがどうにも歯切れが悪い。

日本相撲協会に診断書を提出した師匠の貴乃花親方(元横綱)は「診断書に書いてある通り。本人の体調が悪いということ」と説明するにとどめ、暴行疑惑については「ノーコメント」とした。

スポンサーリンク


貴ノ岩は昨日大怪我の状況だけを報道されていた

貴ノ岩が頭蓋底骨折などの診断書を提出…全治2週間、10月下旬に受傷

大相撲九州場所を初日から休場している東前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花=が13日、日本相撲協会に診断書を提出した。

 診断書によれば、「1脳しんとう、2前頭部裂傷、3右外耳道炎、4右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」。秋巡業中の10月26日に受傷し、全治2週間程度の見込み。状態が安定すれば、途中出場の可能性もあるという。

昨日は上記のような怪我のみが報道されていた。

日馬富士は報道陣に苦笑いで対応

一方で疑惑の渦中にいる日馬富士は取組後に貴ノ岩のケガについて聞かれると無言で苦笑い。引きつったような表情で迎えの車に乗り込んだと報道されている。

日馬富士といえば、とにかく切れやすい事で有名だ。

過去にも三役時代の稽古場での若い衆に対して分厚い板で頭を殴打して親方に取れられた前科がある。

酒に酔っていたとは言え、この報道が事実であれば横綱の進退に大きく関わる大問題だ。

大怪我をした貴ノ岩は期待の若手だった

貴ノ岩は若手の中でも期待の成長株だ。

相撲界では将来の三役候補とも言われる、非常に期待されている力士の中の1人だ。

【氏名】貴ノ岩義司
【読み方】たかのいわ よしもり
【生年月日】 1990年2月26日
【年齢】27歳
【出身】モンゴル・ウランバートル市
【所属部屋】 貴乃花部屋

鳥取城北高校の監督がモンゴルで行った選抜テストに合格し、16歳で日本に相撲留学。
2007年の国体少年個人でベスト4、2008年の世界ジュニア選手権で準優勝するどとにかく真面目な努力家として有名だった。

8歳で母を心臓病、来日してから3カ月後に父を肝臓癌で失うという不幸を乗り越えて異国の地で活躍していた。

2008年11月、少年時代に憧れだった貴乃花が師匠の貴乃花部屋へ入門。

四股名「貴ノ岩」の命名には美輪明宏が関係しており、貴乃花と2人で母校のある鳥取から上京した際に羽田空港のゲートで2人と偶然会った美輪明宏が貴乃花に「岩のようですね」と貴ノ岩の印象について声を掛けたことでその夜に師匠が四股名を決断したというエピソードが有名だ。

通算成績
通算成績:323勝276敗14休(52場所)
幕内成績:124勝143敗3休(18場所)
十両成績:119勝91敗(14場所)

各段優勝
十両優勝:1回(2013年1月場所)
三段目優勝:1回(2009年11月場所)
三賞・金星
三賞
殊勲賞:1回(2017年1月場所)
敢闘賞:1回(2016年7月場所)
金星:1個
白鵬1個(2017年1月場所)

スポンサーリンク





コメントは利用できません。