俳優の成宮寛貴さん34歳にふりかかったフライデーの薬物中毒報道。12月2日発売の写真週刊誌『フライデー』がコカイン吸引画像を掲載すると、業界内外には衝撃が走った。

12月8日続報です! 12月9日発売のフライデーの内容は生々しい隠語を使った音声データのやり取りをスクープしているようだ。

成宮寛貴「コカイン要求」生々しい肉声データ-隠語を使ってやりとり
◆ 俳優・成宮寛貴、コカイン吸引疑惑写真

何しろ、成宮寛貴さんと言えばとんかく裏表が激しい俳優として有名だった。
ついに出たか・・そんな言葉がネットの主な声だった。

これに対して、成宮寛貴さんの所属事務所のトップコートは異例の対応を取ったのだ。
なんと雑誌発売前にもかかわらず報道を否定するコメントを出したのだ。

通常であれば・・

■記事が出る前に編集部から所属事務所に確認。

■その後、雑誌が発売疑惑を報道。

■ここで初めて記事の訂正と謝罪を求める。

■対応に不満があれば法的措置

このような流れが通常だ。
スポンサーリンク



しかし、今回、トップコートは雑誌が発売される前にコメントを発表したのだ。
フライデーは12月2日金曜日の発売だ。

トップコートは12月1日木曜日の段階でコメントを発表、民事刑事問わずあらゆる手段をこうじて法的手段をとると発表したのだ。
※成宮寛貴さん本人のコメントは2日付けで発表

所属事務所コメント全文

弊社所属の俳優である成宮寛貴について、株式会社講談社が発刊した「フライデー 12/16号」(12月2日発売)記載の「成宮寛貴『コカイン吸引』疑惑」に関する記事は、事実無根です。

今後弊社といたしましては、成宮寛貴のイメージを損なう記事の掲載を行った株式会社講談社(フライデー編集部)に対し、断固として抗議し、民事・刑事問わずあらゆる法的措置をとって参る所存です。

ファンの皆様、関係者の皆様には、ご心配・ご迷惑をおかけ致しましたことを心よりお詫び申し上げます。

成宮寛貴コメント全文

今回フライデーに掲載された事実無根の記事に対して非常に憤りを感じます。私、成宮寛貴は薬物を使用したことは一切ございません。

ファンの皆様、関係者の皆様には多大なるご心配・ご迷惑をおかけ致しましたことを心よりお詫び申し上げます。

2016.12.2 成宮寛貴

騒動が広がる中で成宮寛貴 薬物中毒フライデー第二弾が来週の最新号で炸裂するという

実は、フライデーはトップコートが必死の疑惑否定に走る中、フライデーは余裕しゃくしゃくだ。
ネット番組に出演したフライデー編集次長の小柳津純さんは来週の12月9日発売フライデー最新号で成宮寛貴薬物中毒疑惑の第二弾を報道するというのだ。

「想定していた展開。はい。まあそうだろなと」

「当然、向こう再度は反論せざるを得ないので、まあそうだと思うのですが、コチラとしては記事が全てなので。今後の記事で全てやっていくつもりです」

「まだ材料はいっぱいある」

と余裕たっぷりだ。

法廷闘争になった場合も、
「向こうがそう言ってくるなら受けて立つ」としている。
「ソレ相当の確信がないと出せない記事。もっと決定的な材料がある」としてる。

さらに、成宮寛貴 薬物中毒フライデー第二弾が来週の最新号で炸裂することを予告したのだ。
来週の金曜日は12月9日だ。

果たしてどのような最新情報が投下されるのか。
成宮寛貴さんが重度の薬物中毒だとA氏が告発しているが。

はたして新たな情報はどのようなものになるのか続報を待ちたい。

スポンサーリンク


成宮寛貴さんの素行不良は事務所の管理が甘くなっていたから?

成宮寛貴さんは昨年のAスタジオで弟さんを苦労して大学を卒業させて、一流会社に就職させ立派に育て上げた。

とんでもない美談とドラマ相棒の演技が好評で、役者としての評価も高かった。

しかし・・雑誌の取材などで見せる優しくて真面目で正義感の強いという評価とは裏腹に、裏の顔があったの以前から噂されていた。

とくに西麻布や六本木のクラブでの彼の評判はすこぶる悪かった。

「西麻布にある“秘密クラブ”に以前、成宮が何度か来ていた。あんまり感じがよくない子なんで、どんな様子だったかよく覚えてないけど、均整のとれた体の子が好きみたいで、いつもそんな感じの男を連れてました」

雑誌取材で見せる表の顔とは別に確実に裏の顔があったことは事実のようだ。
※裏表がない人間なんていなとも思うが・・・

所属事務所のトップコートは最近は売れっ子芸能人を抱えて、成宮寛貴さんも人気俳優になり自覚が出てきただろうと若手俳優に力を入れていたようだ。

実査に管理が甘くなっていたとの報道もある。

間違いなく来週のフライデーはまた何かが起こる。
しかし。。週刊文春の発売は木曜日。

このまま週刊文春が黙っていない気もする。とにかく、今後の展開を見守るしかないようだ。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。