先週フライデーが報じた成宮寛貴さんのコカイン吸引疑惑。明日12月9日発売のフライデー最新号に成宮寛貴フライデー第二弾が最新号に続報として掲載されることがわかった。

 

記事のタイトルは『 成宮寛貴「コカイン要求」生々しい肉声データ-隠語を使ってやりとり』となっている。こちらも雑誌を購入次第、内容をまとめたい。

まずはココまでの成宮寛貴のコカイン・ケタミン・大麻などの使用疑惑報道の概要を振り返ってみよう。

フライデーが「 成宮寛貴「コカイン吸引」疑惑の現場写真!-人気俳優のウラの顔」として予告をして、当サイトで何処よりも早く第一報を打った。

成宮寛貴フライデー第2弾は続報!「コカイン要求」生々しい肉声データ-隠語を使ってやりとり!

詳細が判明次第追記します!
スポンサーリンク


衝撃の成宮寛貴のコカイン吸引疑惑・オネエファッション・ねるねるねるねとたのしいケーキ屋さん、そして降板報道

12月9日発売のフライデー最新号では新たな爆弾投下をフライデーは予告している。

フライデー最新号の発売を前に改めて、ココまで成宮寛貴さんのコカイン吸引疑惑をまとめた。

12月1日、翌日発売のフライデーの中吊り見出しに衝撃的な文字が踊った。

「 成宮寛貴「コカイン吸引」疑惑の現場写真!-人気俳優のウラの顔」
◆成宮寛貴、テレビ朝日系「相棒」、大麻、ケタミン、麻薬他

雑誌がコンビニなどの転倒に並ぶ深夜0時までは実はネットメディアは静観していた。当然のように疑惑の段階で画像や写真が出回っていない段階でこのフライデーのスクープ報道に触れるものは皆無だた。

ネットではどうせガセネタだろうという意見がほとんど。2ちゃんねるなどのネットリテラシーの高いユーザーだけが当初から事実なのではと騒ぎになっていた。

そして、フライデーが深夜0時を回ったところでYahoo!ニュースに次のタイトルで記事を公開した。
「成宮寛貴「コカイン吸引」疑惑の現場写真!」

その成宮が手にした白い粉の正体は、コカインだというのだ。

本誌が写真を入手したのは、11月下旬のこと。提供者は成宮の友人だと名乗るA氏だ。写真が撮られたのは11月9日の午前3時半、場所は都内にある成宮の自宅マンションだという。この日、成宮は深夜になって友人二人を自宅マンションに誘い、酒盛りを始めた。その場で、コカイン吸引に耽ったというのだ。
引用:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161202-00010000-friday-ent

あっという間に大騒動になったのだ。


この、コカイン吸引疑惑は衝撃的だった。

これに対して事務所は異例の対応をとったのだ。
フライデー最新号の記事内容「コカイン要求」生々しい肉声データ-隠語を使ってやりとり!(※詳細が分かり次第)と成宮寛貴のオネエファッションやエルメルバーキン、そしてねるねるねるね疑惑からテレビ朝日ドラマ降板の動きをまとめる!

スポンサーリンク



※フライデー最新号 成宮寛貴第二弾の「コカイン要求」生々しい肉声データ-隠語を使ってやりとり!報道は雑誌を購入後詳細をまとめる予定です。

通常、雑誌などのスキャンダル記事の場合は事務所の対応にある一定の順序がある。

雑誌発売前に出版社が本人・または事務所を直撃して確認

雑誌を発売して疑惑と該当タレントの双方の言い分を掲載。

ここで事務所はコメントや謝罪や訂正記事を表明

出版社の対応次第で解決できない場合は法的処置に出る。

しかし、今回、成宮寛貴さんの所属事務所のトップコートは異例の対応を取った。

なんと雑誌発売の前日に事務所として疑惑否定のコメントを発表、翌日に成宮寛貴さん本人から疑惑を否定するコメントが出た

 2日に報じられることを知ったトップコートは1日、顧問弁護士と対応を協議。同日夜に文書でコメントを発表し、「成宮寛貴のコカイン吸引疑惑」に関する記事は「事実無根」と主張。講談社およびFRIDAY編集部に対し「断固として抗議し、民事・刑事問わずあらゆる法的措置を取って参る所存」としている。

成宮も直筆署名入りでコメントを発表。「事実無根の記事に対して非常に憤りを感じます。私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」と疑惑を否定した。

謝罪・訂正の要求がなく、発売前日にいきなり法的措置を取るとの声明を出すのは異例。その理由について、事務所関係者は「事前に(同誌から)問い合わせがあり、全面否定したが強行に掲載されたため」と説明した。

引用;http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000198-spnannex-ent

次のページではテレ朝のドラマの降板オネエ疑惑再燃、そしてねるねるねるね騒動の真実をまとめる!
スポンサーリンク



次ページに続きます

ページ:

1

2
コメントは利用できません。