2017年7月17日(月) 19時00分~21時53分 「プロ野球選手の妻たち」~元甲子園のアイドル愛甲猛を支えた妻の30年愛~で愛甲佐知子さんが特集されることが17日わかった。

愛甲佐知子さんの夫の愛甲猛さんといえば何かとスキャンダラスな野球人生を送った人物だ。
娘の愛甲麗華さんも千葉マリンでビールの売り子として人気者になってた姿が雑誌に特集されるなどしていた。

甲子園のアイドルから失踪騒動まで起こした男を支え続けた愛甲佐知子とはどのような人物なのだろうか?

スポンサーリンク


愛甲佐知子さんの夫はどんな選手だった?

愛甲佐知子さんの夫の愛甲猛さんといえばとにかく甲子園のヒーローでその卓越した野球センスはだれもが認める存在だった。

プロ野球にあまり興味がない方のために愛甲佐知子さんのご主人の波乱万丈の人生を簡単にご紹介しよう。

【氏名】愛甲猛
【妻】愛甲佐知子
【球歴】横浜高等学校⇒ロッテオリオンズ⇒千葉ロッテマリーンズ (1981 – 1995)⇒中日ドラゴンズ (1996 – 2000)


愛甲佐知子さんの夫は、野球センスは抜群、投げてよし打ってよし、さらにルックスよしのアイドル的な存在だった。
今でいう大谷翔平のような二刀流も行けたのではないかと言われている数少ない名選手だった。

しかし・・大谷翔平と違うのは高校時代から筋金入の悪だった。
なにしろ、1年生の時に副キャプテンの安西という人物と一緒になって1ヶ月に渡って野球部の合宿所を脱走して不良仲間の家を転々としていたが、警察に保護されて当時監督を務めていた渡部元智が身元を引き受ける形で野球部に戻るという逸話を残して言ういる。

ただ、猛選手はとにかくルックスが抜群に良かった。
マスコミも、その素行とは裏腹に甲子園のアイドルとして取り扱った。

エースで打者としても三番バッターとして1980年の第62回全国高等学校野球選手権大会では決勝戦でアイドル的な人気を得ていた早稲田実業のエース、荒木大輔に投げ勝ち優勝するなど、人気も実力も高校球児ナンバー1とも言われていた。

ドラフトで密約?

そんな愛甲佐知子さんの夫の猛選手は鳴り物入りでプロ入りすることになる。

猛選手は地元の横浜大洋ホエールズか西武ライオンズへの入団を希望していたとされている。
しかし、実際にドラフト指名されたのはロッテオリオンズにドラフト一位指名されたのだ。

もし大洋から指名されなかった場合は社会人のプリンスホテル硬式野球部を経由して西武に入団するという密約を西武と結んでいたため、ドラフト後の記者会見で「ロッテにはいきたくありません」と発言してしまい、露骨に嫌な表情を浮かべた写真や映像が知られることなった。しかし、他の指名選手に遅れて入団。入団発表での記者会見で「野球をやめたら吊るしの洋服屋がやりたい」というコメントを残す。

スポンサーリンク


プロ入り後は落合に師事、6500万円プレイヤーに!


愛甲佐知子さんの夫の猛選手は、すったもんだの末に周囲に遅れてロッテオリオンズに入団する。

その後は落合に弟子入りしてその才能を開花させる。
最高年俸は6500万円で当時のプロ野球のトッププレイヤーの仲間入りをする。

薬物に失踪騒動、さらに・・なにかとスキャンダラスに報じられた猛さん。

愛甲佐知子さんは愛甲猛さんプロ入り六年目で結婚する

愛甲佐知子さんは愛甲猛さんプロ入り六年目で結婚してる。愛甲佐知子さんと夫の猛さんとの出会いから結婚は爆報フライデーでも特集されていた。

愛甲佐知子さんの娘さんは愛甲麗華さん!千葉マリンで人気者に!

愛甲佐知子さんの娘さんは愛甲麗華さん。

2009年には千葉マリンで大活躍していると週刊誌のFlashで報じられている。

25日発売の写真週刊誌『フラッシュ』によると、愛甲さんの愛娘・麗華さんは、現在千葉マリンスタジアムで売り子のアルバイトをする現役高校生で、主にチューハイを担当する麗華さんは、一日で200杯近くを売り上げるという。

同誌の取材に対し、麗華さんは「父が現役の頃は野球に興味がありませんでした」と語っており、最初のきっかけは、実兄に千葉マリンスタジアムへと連れてこられ、ロッテの応援スタイルに惹かれたという。売り子のバイトは、募集を見て、「野球タダで見れるし」と考えてのことが、今や自らがスタジアムの売れっ子になった。

将来はバラエティタレントを目指しているという麗華さん。愛甲さんといえば、「球界の野良犬」として、プレーのみならず、破天荒な言動にも人気があった選手だ。麗華さんも父親譲りの破天荒なスタイルで、タレントとしてブレイクを目指すようだ。

愛甲佐知子さんは、決して表にでることなく夫を支え続けきた。

その献身的な30年愛がどのような形で放送されるのだろうか。
放送を今から楽しみに待ちたい。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。