千葉県柏市内の老人ホームに入居していたパーキンソン病患者の男性(72)が昨年12月、市立柏病院で介護タクシーを呼ぶよう頼んだところ断られ、約1カ月後に別の場所で遺体で発見されていたことが病院関係者らへの取材で分かった。

毎日新聞のスクープだ。
市立柏病院の看護師の対応にネットでは様々な意見が出ている。

お友達や海外には巨額の金をばらまいたり支持者には法外な値引きしながら社会保障をガンガン削っていくお坊ちゃまくん総理のせいで日本の医療は崩壊寸前だ。

スポンサーリンク


市立柏病院への非難と、問題の本質を問う声

まず、ビジネスは結果責任だ。

市立柏病院への批判は、今は避けられないだろう。ただ遺族以外の看護師への個人攻撃はしてはならない。
・・しかしだ。あまりのもこの報道は酷すぎる。

 病院関係者らによると、男性は昨年12月下旬に同病院で診察を受けた後、介護タクシーを呼んでホームに帰ろうとした。電話をかけるのに必要な現金を持ち合わせていなかったため、病院案内窓口で電話を依頼したが看護師から「対応は難しい」と断られたという。

確かに毎日激務に追われている医療関係者は多い。

ただ、今回は男性は要介護3。

どうして、一手間が取れなかったのだろうか?

男性は「そうですよね」と言って立ち去ったがその後行方が分からなくなり、ホーム側はその日のうちに病院と警察に連絡。1月下旬になって病院から約1.5キロ離れた川の近くで遺体で見つかった。死因は凍死で、行方不明になった日が死亡日とされたという。現場は空き地や草むらが広がる道路からは少し離れた場所だった。

たしかに、部外者や現場を知らない人間がカンタンに批判してはならない。
ただ、今回ばかりは明らかに介護と手助けが必要な患者さんだった。

それに対して、対応を行わなかったのは明らかに問題がある。

スポンサーリンク


市立柏病院の言い分は?

市立柏病院の言い分はどのようなものだろか?

 病院の対応と男性の死亡の因果関係はわからないものの、6日にあった市議会一般質問では病院の対応を疑問視する声が上がった。市保健福祉部の佐藤靖理事は「男性には個々の患者の要望に応えるのは困難と伝え、理解もいただいた」と説明。

 病院は取材に「外来患者は1日500人以上おり、対応には限界がある」と話している。

たしかに、対応には限界がある。
人手不足でギリギリの人員配置で運営しているのかもしれない。

ただ、繰り返しになるが、今回の看護師に対応を以来したのは要介護3の男性だ。

病院案内窓口で電話を依頼したが看護師から「対応は難しい」と断られた。
はっきり言ってめんどくさかったのだろう。

とにかく、もう一度丁寧に対応する最低限の状況判断を下せなかったのは明らかなミスだ。

市立柏病院の看護師紹介にはこのようにうたっている。

私たちは、患者さまの個々の価値観や時代の変化に伴う多様なニーズを尊重し、医療・看護の情報を発信・共有しつつ、安全で信頼性の高い看護を提供したいと考えています。

そのため、さまざまな背景をもつ患者さま一人ひとりに対して「自分達が何をすれば良いか」を自ら考え、行動できる(=自律)看護師の育成を目指しています。

さらに看護師の理念をこう説いている。

『私達は、患者さまの個々の価値観や時代の変化に伴う多様なニーズを尊重し、医療・看護の情報を発信、共有しつつ、安全で信頼性の高い看護を提供します。』
『私達は患者さまとご家族の気持に寄り添い、身近な存在となるように努めます』
『ウェアツィ立ちは看護チーム間の組織呂kを最大限に活用し、入院から退院に向け一貫した看護サービスを提供します』
『私達は地域支援活動をサポートします』

実際に上記の標語が少しでも活かされていればこのような悲しい結果にはならなかったのではないだろうか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。