“スーパー歌舞伎”「スーパー歌舞伎IIワンピース」で市川猿之助さんが左の腕を骨折する重傷をおった。

9日午後、東京・中央区の新橋演舞場で、歌舞伎俳優の市川猿之助さんが舞台の最中に腕を骨折するなどの重傷を負っていたことが分かった。

関係者によると9日午後3時半前、中央区銀座の新橋演舞場で、歌舞伎俳優の市川猿之助さんが「スーパー歌舞伎2(セカンド) ワンピース」の公演の最中に左腕を骨折するなどの重傷を負ったという。

スポンサーリンク


10/10 追記 左腕開放骨折…全治6カ月

終演後、救急車で病院へ搬送され、検査を受けた結果「左腕骨折」との診断された。

都内の病院に救急搬送され、そのまま入院し緊急手術を受けた。全治6カ月。

市川猿之助が気丈にコメントを発表

「心配しないでください。僕はゴムゴムの実の能力者のルフィです!僕は元気です!」と、腕が伸縮する主人公の能力にちなんで気丈にアピール。「なるべく早く復帰し、麦わらの一味として活躍できるよう、まずは治療に専念します」と物語に絡めて早期復帰を誓った。

スポンサーリンク


市川猿之助の容態最新は左腕骨折


事故が起こったのは“スーパー歌舞伎”「スーパー歌舞伎IIワンピース」の舞台の最中だった。
日本全国で20万人を動員した初演から2年。今回は兄エースを助けるため、ルフィが決死の覚悟で戦いに挑む「頂上戦争編」が描かれる今回の作品の最中に事故は起こった。

歌舞伎俳優の市川猿之助さんが「スーパー歌舞伎IIワンピース」の公演の最中に左腕を骨折するなどの重傷を負った。

最新の容態は左腕を骨折するなどの重傷

とのこと。

これらの報道から左腕の骨折以外にも何かしらの怪我を負っているものと思われる。

猿之助さんは舞台脇の昇降装置に衣装を巻き込まれ左腕を骨折したということで、病院に搬送されている。

この事故で警察が出動して、警視庁が猿之助さんがケガをした詳しい経緯を調べている。
新橋演舞場では、人気アニメ「ワンピース」を歌舞伎化した舞台を上演中だった。

スポンサーリンク


事故の詳し状況 追記

事故の詳し状況の追記になります。

スポニチが報道したところによると歌舞伎俳優の市川猿之助(41)が9日、主演のスーパー歌舞伎2「ワンピース」のカーテンコールの際に、「せり」とよばれる舞台の昇降装置に乗って下がる際に衣装が巻き込まれけがをしたという。

また、病院に運ばれたが、意識はあるという。

海外進出にも意欲を燃やしていた市川猿之助さん


市川猿之助さんは東京・新橋演舞場で行われたスーパー歌舞伎II『ワンピース』の公開けいこ前の囲み取材に出席。

その取材で

原作の『ONE PIECE』は、先日連載20周年を迎え、ハリウッド制作で実写ドラマ化が決定するなど、海外でも人気の高い作品。猿之助は、歌舞伎版の海外進出にも「いずれやりたいと思っている」と話した。

過去には宝塚で昇降装置の事故が発生していた

昭和33年4月1日午後6時半頃,宝塚歌劇史上最大のタブーとされた大事故だった。

昇降装置の駆動部分に衣装を巻き込まれた痛ましい事故になってしまったのだ。

歌舞伎俳優の市川猿之助は同公演について自信をのぞかせていた

猿之助は同公演について「自信があります。完成形に近づきました。すごくいい出来です」と意気込んでいた。同公演は今月6日が初日。11月25日が千秋楽の予定だった。

市川猿之助さんの舞台の事故でネット上の声

▼左腕骨折って。主演だし。大丈夫かな?
▼昇降装置とか危ない。昔、宝塚でも事故があった
▼むかし宝塚の人が舞台の装置にってのがあった
▼腕の骨折で済んで良かったかもしれない。衣装が絡まった場所次第ではとんでもない大事になってた
▼速報見て咄嗟に宝塚の事故思い出したよ
▼昇降装置って怖い。そもそも今回のワンピース公演が結構な装着や仕掛けが多かっただろうから、今後の公演にも影響が出ますね。
▼【昇降装置】恐ろしいな。骨折って公演続けられるの?
▼バイキングでワンピース歌舞伎を扱っていたが、その時の坂上のシラけた顔がすごかった。
▼前回博多座で見たけど、演者さんはかなりハードな舞台で(観るのは凄い楽しい)大掛かりな装置もあるし大変そうと思ってた。猿之助さんは早変わりで衣装も着込んでたのかな?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。