人気俳優の川隅美慎とタレントの足立梨花さんの熱愛同棲が今日発売のフラッシュでスクープされた。

フラッシュをみるかぎり、これは完全に熱愛と同棲はほぼ確実な印象を受けた。
スーパーで仲良く買い物をする姿は新婚家庭そのものだった。

今回は人気タレントの足立梨花と川隅美慎との美男美女カップルだけにかなり高い関心が伺えそうだ。

まずは、テレビメディアへの露出が少ない川隅美慎さんとはどんな方を簡単にまとめる。

※追記 双方の事務所が「仲のいい友人」と川隅美慎と足立梨花の報道を否定

 2人は高校の同級生で、同誌によれば、「同棲状態」。スーパーで買い物をする写真なども掲載されている。

 足立の所属事務所はデイリースポーツの取材に、「仲のいい友人の1人と聞いています」と回答。関係者によると、2人は同棲はしていないという。

スポンサーリンク


ウエディングの撮影って楽しい♡ #weddingdress #ウエディング

足立梨花さん(@adacchee)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク


川隅美慎さんの経歴とプロフィール

まずは足立梨花さんの熱愛同棲のお相手の川隅美慎さんの経歴とプロフィールをまとめます。

【氏名】川隅美慎
【読み方】かわすみ びしん
【生年月日】 1992年12月31日
【年齢】24歳
【学歴】日出高等学校(目黒区) ?※足立梨花さんと同級生
【身長】178cm
【趣 味】料理、カメラ
【特 技】 ダンス、サッカー、殺陣
【主な舞台】
2017/02 「ノラガミ-神と絆-」(2/16〜2/26 AiiA 2.5 Theater Tokyo)
2017/03 「龍よ、狼と踊れ」(3/8〜3/20 CBGKシブゲキ!!)
2017/04 「イケメン戦国 THE STAGE〜真田幸村編〜」(4/19〜4/23 博品館劇場)

川隅美慎さんは仮面ライダーになりたいと俳優を目指す。
大阪・京橋のダンススクール「キャレス」の出身。かつて清水翔太や松下優也らも在籍した同校生による男性パフォーマンスユニットSUGERに途中加入し、大阪を拠点にストリートライブなどの活動を行う。2006年9月にキャレスよりSUGERが株式会社キティとマネジメント契約を結んだことが発表され、自身も同社所属のタレントとなる。同年11月、グループ主演舞台『廃墟に咲く花』に出演。

2008年10月にSUGERが解散すると、本格的に川隅美慎さんは俳優として活動を開始。
2017年1月1日、ブログで長年所属した株式会社キティからキャストコーポレーションに移籍した事を発表した。

スポンサーリンク


フラッシュで足立梨花さんと川隅美慎さんの同棲熱愛スクープ

まなみん💕 #ガルアワ #ガールズアワード #GirlsAward

足立梨花さん(@adacchee)がシェアした投稿 –


5/8発売のフラッシュで足立梨花さんと川隅美慎さんの熱愛同棲スクープした。

二人で仲良くスーパーで買い物する姿が大々的に写真画像つきで報じている。

川隅美慎さんと足立梨花さんは同級生とうことで日出高等学校あたりの同級生なのだろうか?

足立梨花さんがは日本一Jリーグに詳しいタレント

足立さんは「日本一Jリーグに詳しい女優」を自称している。3年間の女子マネジャーの経験は大きかったようで、「この年の女性でJリーグに詳しい人はいない。海外チームなら知っているって人はいると思うんですけど、J1、J2合わせて40チームを知っている人はなかなかいないと思う。自分の中で自慢できるポイントです」と印象的な笑顔を浮かべ、胸を張る。

【氏名】足立 梨花
【読み方】あだち りか
【生年月日】 1992年10月16日
【年齢】24歳
【学歴】菰野町立菰野中学校 日出高等学校(目黒区)に入学

色々な仕事をこなせるタレントを目指しているが、元はモデル志望で『CanCam』(小学館)などの雑誌に出演してみたいという。好きなモデルは、SHEILA。

憧れの人として、石原さとみを挙げている。
スカウトキャラバンで特別賞を受賞した入来茉里とは、同コンテストのグアム合宿で仲良くなった。
趣味は、アニメ鑑賞と音楽ゲームとご当地キティ集め。アニメに関しては月に30本見る程の大のアニメ好きである。好きな声優は鳥海浩輔。2017年3月より、アニメ及び付随するカルチャーを紹介する番組『アニカル部!』(アニマックス)のMCに抜擢された。
愛読漫画は『進撃の巨人』。好きな登場人物はリヴァイで、誕生日祝いもしている。
好きなアーティストは、乃木坂46とAKB48とB’z。

板野友美、桜庭ななみ、田中あさみ、西内まりや、元女優の篠原愛実、などと仲が良く、剛力彩芽とは親友である。
『龍神(りゅうじ)』という15歳年下の弟が1人いる。
『Jリーグ 特命PR部 女子マネージャー』として活動したことで、ドラマだけでなく、サッカー関連番組やバラエティ番組へ出演する機会が増えた。また仕事以外でも何度かJリーグ観戦に足を運んでおり、高校サッカー決勝を観戦したこともある。初年度で当時Jリーグに所属していた全37クラブのホームスタジアムを訪問するなど、3年間の活動を通じて「日本一Jリーグに詳しい女優」と自称する程知識を深めた。
2013年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、能年玲奈演じる主人公と敵対する役柄で出演した際には、足立のブログやインターネット上で、能年ファンから足立への批判が続出し、足立自身も性格が悪いと誤解されることもあった。これに対して足立は、本来の性格とは逆の意地悪な役柄の演技に成功し、ドラマでの演技が視聴者に伝わっていると、前向きに解釈している。これらの演技が評価され、同年のフジテレビの土ドラ『山田くんと7人の魔女』でも、主人公をいじめる役に抜擢されており、足立自身も敵役、いじめっ子、嫌われ役を今後も演じることを望んでいる。
家族構成は両親と弟との4人家族。JRA元騎手で元調教師の飯田明弘は母方の大叔父、その息子でJRA元騎手で調教師の飯田祐史は母方の叔父に当たる。
受賞歴

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。