兵庫県姫路市のわんずまざー保育園で信じられない運営方法で、本当に保育士なのかと批判の声が上がっている園長の小幡育子氏。

ネットではあまりに劣悪な運営方法に小幡育子に逮捕の声が上がるなどこの騒動は、子どもを持つ母親や父親から怒りの声が上がっている。

今の日本は所得の再分配などは二の次、三の次。
トリクルダウンという机上の空論で大企業優先と私達の年金を株式投資にぶち込株価上昇の自作自演で所得格差は拡大。

子どもを生んだお母さんやお父さんも、子どもを預けてすぐに働きに出なければならない時代だ。
その、子育て世代のお母さんやお父さんを狙った悪質すぎる行為に小幡育子やわんずまざー保育園は摘発事案だのとも言われている。

スポンサーリンク


小幡育子に逮捕も?わんずまざーに行政指導

あまりにも悪質な小幡育子園長のこども園の運営がまりにもひどい。

子どもたちも、そこで働く保育士たちにもあまりに劣悪な環境だったようだ。
今回の行政指導は定員を大幅に上回る園児を次自体に隠して受け入れいていた。

さらに、その受け入れていた環境もとても認定こども園とは思えない不適切な環境。小幡育子が目指した教育とはなんだったのだろうか?

園児40人余りで発注された給食を約70人で分け、おかずがスプーン1杯だけの子も…。兵庫県と姫路市の特別監査で、異常な保育実態が明らかになった私立認定こども園「わんずまざー保育園」(同市飾磨区加茂)。定員を大幅に超える園児を受け入れる一方、保育士の人数を水増しし、虚偽の報告でつじつまを合わせていた。

神戸新聞NEXTが怒涛の報道を続けた。

報道によると小幡育子が園長を務める「わんずまざー保育園」(同市飾磨区加茂)に特別監査が入ったのが2月23日。

関係者の情報提供がきっかけだったという。

市などによると、「わんずまざー保育園」の施設の面積などから算定された同園の定員は46人だった。

しかし、「わんずまざー保育園」の園内にはなと0歳から5歳までの子供たちが70人ほどひしめいていたという。

0~1歳児の給食はなんとスプーン1杯分

小幡育子氏が園長を務める「わんずまざー保育園」に特別監査が入った2月23日、園が発注した給食は42人分だった。

しかし、これを70分で取り分けると当然のように足りなくなる。
なんと、0歳児から1歳児の給食はスプーン1杯分しか行き渡らなかったという。

給食の不足は常態化し、土曜日に限っては10食のみに固定し、これを園児40人前後に分配。おやつは午後1回だけで、4、5歳児は「ビスケット3枚」もしくは「かっぱえびせん6本」に制限した。
引用ソースクレジット:神戸新聞NEXT https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201703/0010013113.shtml 

さらに、驚くべき事態がこの園では起こっていた。


スポンサーリンク


残った給食を冷凍保存して後日再提供

この小幡育子氏が園長を務めるわんずまざー保育園では給食に関してさらに驚愕の実態が明らかになる。

なんと、余った給食は冷凍保存し、足りない日に解凍して提供。1カ月以上過ぎても使うケースがあったという。
育ちだざかりの子供たちに食べ物を与えないばかりか、とにかく経費削減だけの為に行っていた行為はもはや人間の良心のかけらもない。

給付期を水増し請求して小幡育子が個人的に資金をプールしていた。

給付金を水増し請求するため、架空の保育士3人を計上し、給与分は園長が個人的にプール。同じ敷地内で運営する学童保育の小学生らの送迎を保育士にさせたり、夜間のベビーシッターを兼務させたりしていたことも確認された。

 同園はこうした実態を隠すため、市への報告書類などを改ざんしていたという。

もう、ここまでくると、刑事事件として立件すべきではないのだろうか?
小幡育子で検索をかけると逮捕という検索補助ワードが出て来るが、これは納得だろう。

もはや保育以前の問題だ

小幡育子氏が園長をつとめるわんずまざー保育園はもやは保育、教育以前の問題だ。

子どもが十分に教育や保育を受けるどころか満足に食事も与えずに狭い場所に押し込み、保育士を水増しし資金をプールしていた。

もはやこれは刑事事件として立件すべき事案ではないだろうか?

私利私欲の為に子どもにこのような犠牲を強いるのは教育者や認可以前に人としての心をすっかり失ってしまったようだ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。