明日発売の週刊文春で小出恵介さんの相手の17歳のA子さんが、再びインタビューに応えている。

小出恵介は現在は無期限謹慎中の身。一報でA子さんはネット上で名前や顔写真が特定。さらにA子さんの母親を名乗る人物まで登場していた。

さらに、大阪府警が府青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検するなど事件は一般的には一応の解決したかのように感じている方が多い。

しかし、またしてもA子さんが週刊文春でインタビューに応えて小出恵介側との相違点を訴えた。

スポンサーリンク


A子さんは名前が特定されて顔写真が出回りも、またもや文春で告白した

9/21日発売の週刊文春で、A子さんはなんと顔写真などは掲載していないものの、動画でインタビューに応える姿が掲載される。

まずは、週刊文春の内容を引用する。

 今年6月から、17歳の少女と飲酒・○行に及んだことで無期限謹慎中の俳優・小出恵介(33)。9月13日、大阪府警は小出を府青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検した。

 小出は調べに対し、相手の少女・A子さんについて「落ち着いた雰囲気だったので、17歳には見えなかった。年齢は後から気づいた」などと話しているという。

 だが、週刊文春は問題発覚直後の6月当初よりA子さんに取材をし、小出はA子さんが17歳であると知っていた、との証言を得ている。

「その場(小出と出会ったバー)には私以外にもう一人、17歳の女の子がいて、あとの女性は20代後半と30代だった。二人になったとき小出さんは『最初はもう一人の17歳の子を持ち帰ろうと思っていたんだけど、A子が来たからA子にした』と言っていました」「小出さんはマネージャーもいる前で『17歳と分かっていて手を出してすいませんでした』と謝った」(A子さん)
※一部伏せ字 

これによると、A子さんは17歳であることを知っていたと反論している。

さらに、示談が成立していると報道された事実も、小出恵介氏側とは大きな食い違いがあるという。
小出恵介の“ウソ” 17歳少女の告白《予告編》

小出恵介を告発したAがさんは名前や素性が特定、顔写真も拡散された

今回話題のAさん。年齢はまだ17歳だった、ネット上では既に名前が特定されていた。

さらに顔写真まで拡散されていたが、それ以上に予想外だったんが、彼女がシングルマザーだったということだ。さらに、彼女の母親まで途上してツイッターで様子をTweetするなど、多きな話題になっていた。

セラミック氏など多くの名キャラクターが登場した小出事変

小出恵介氏が若い女の方とのアヴァンチュールを楽しんだ今回の事件。

小出恵介氏はとんでもない状況に追い込まれているが、この事件を面白くしてしまったのはA子さんの周囲の個性的な面々だった。

この事件ではMさんという色黒で歯の白い男性が、黒幕ではないかとネット上では盛り上がっていた。
セラミックというあだ名までついて大騒ぎになっていた。

しかし、同然、M氏は全く事件とは無関係の人間だった。
にもかかわらず、あたかも犯人のようにバッシングの被害にあってしまった。

さらに、小出恵介と同じような関係にあった女性が、自分と勘違いして、Tweetしてしまった為に炎上。
A子さんの母と名乗る女性も登場してもはやカオス状態になっていた。

小出恵介事変とは一体なんだったのか

小出恵介さんは今年5月に大阪の繁華街で17歳の少女を深夜まで連れ回して飲酒させたなどとして書類送検された今回の事件。

9月13日に大阪府の青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検した。

しかし、A子さんは6月の週刊文春の取材で

「無理矢理ではない」「小遣い稼ぎで週刊誌に連絡した」

そのよれをはっきりと認めている。

これ以上、なにを争うつもりなのだろうか?

小出恵介氏は書類送検され起訴されるせよ、不起訴になるにせよ、社会的制裁は受けている状態。
A子さんが、これ以上週刊誌に出続けると、印象が悪くなるし、同様かそれ以上に被害にあっている女性が金目だとして声が上げにくくbなるのではとほ批判の声も上がっている。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。