2017年10月29日放送のサンデー・ジャポンで宮崎謙介さんがゲスト出演することで話題になっている。

ここで敢えて避けて通れないのが、宮崎謙介さんとグラビアアイドルの宮沢磨由さんとの不倫報道だ。

しかし、現在の二人は不倫の過去を乗り越えてそれぞれが新しい道に進んでいるようだ。

改めて、あの騒動を振り返るとともに、二人の現在の懸命な姿をご紹介しよう。人間一度や二度の失敗はつきもの。それぞれが前みてがんばている姿はなぜかホッとしてしまう。

スポンサーリンク


上西小百合さんもツイート!ついに宮崎謙介さんがサンジャポでメディア解禁へ!

それにしてもサンジャポという番組は賛否は別しとして日曜の午前とは思えないほど攻める番組だ。

昨年、ゲス不倫の魁としてベッキーさんや川谷絵音さんと並んで世見から猛バッシングを受けた宮崎謙介さんと当時グラビアアイドルだった宮沢磨由さん。

なにしろ、ベッキーと川谷絵音さんは不倫といってもお互い本気でのめり込んでしまった。
それに対して、宮沢磨由さんさんも「家庭を壊す気はなかった」「LINEを消去しよう」とバリバリの不倫を楽しんでいた二人。

とくに、宮崎謙介さんは、育児休業中でしかも奥さんは切迫早産の危険がせまり入院しているあいだに宮沢磨由さんを自宅マンションに呼び寄せて不倫をしていただけに非難が集まってしあまった。

そんな宮崎謙介がついにサンジャポに登場。あの上西小百合さんも危機感を募らせるツイートで話題になっているのだ。

しかも、デイリーがすぐさま反応して記事にしてしまう。

 「宮崎謙介元衆院議員が騒動後初のテレビ出演!サンジャポのスタジオで総選挙やいろんなニュースで本音炸裂!?」と告知した。

 これに速攻で反応したのが、上西小百合前衆院議員。ツイッターに「ついに出てきたな。永田町&赤坂のチャラ男」と投稿。「杉村太蔵さんより、この人の方が小百合的には警戒」と危機感をツイートした。

スポンサーリンク


宮崎謙介とグラビアアイドル宮沢磨由さんとの文春・不倫報道とは一体なんだったのか

宮崎謙介さんとグラビアアイドル宮沢磨由さんとの育児休業中のゲス不倫報道。

当時は、ベッキーとゲスの極み乙女のボーカル&ギターの川谷絵音さんの不倫の時期ともかさなり、大騒動に発展していた。

宮崎謙介さんは身長188cm、体重80kgで雰囲気イケメン。全くもってイケメンではない。

しかし、顔が持てるのなど20代前半まで。男性としてのバイタリティ、職業や仕事に対しての取組みなどが一定の層の女性からは非常にモテたようだ。

宮崎謙介さんと宮沢磨由さんとの不倫が報道されたのはと週刊文春2016年2月18日号だった。

当時の見出しを引用するとなるほど、わずか二年前とは思えないほど内容が充実している。

○清原和博懺悔告白  相談役に号泣カミングアウト
○被害額56億円 ホリエモンが“宇宙詐欺”に引っかかった!
○甘利事務所「UR口利き」動かぬ証拠
○「狩野英孝は大うそつき」川本真琴妹が激白

などトップニュースが並ぶ中の一つとして宮崎謙介とグラビアアイドル宮沢磨由さんとの不倫報道がでたのだ。

育休国会議員宮崎謙介(35) の
“ゲス不倫”撮った

妻・金子恵美議員(37)出産6日前に地元京都で美人タレント(34)とお泊まり。本誌直撃に「勘弁してよ、こんな時期に」──その言葉そっくりお返しする。

当時は政局は甘利大臣の斡旋利得贈収賄疑惑。さらにゲス&ベッキー。SMAP解散騒動の真っ盛りだった。

少し話しはそれるが、あの騒動から二年、川谷絵音さんは新バンドで週刊文春の編集部でミュージックビデオの撮影をするなどしている。時が解決してくれるものもあると実感する。

しかし、この話題が、あまりにゲスすぎて大騒動に発展していく。

スポンサーリンク


妻は切迫早産で入院中に自宅で不倫

2016年2月、金子が出産(切迫早産)のため、緊急入院していた1月30日から31日にかけて、宮崎が自身の選挙区にある京都市伏見区内の自宅マンションでグラビアアイドルの宮沢磨由さんと不倫をスクープされたのだ。

宮崎謙介議院は当時、国会議院でありながら男性の育児参加の推進を理由に育児休業中だった。

そもそも、育児休業とは雇用者と従業員の雇用関係の中で発生する権利であり、国会議員にその資格があるのかという根本的な問題。

さらに、「育児休業」を「育児休暇」と間違えて連呼するなど、法律を司る国会議員とは思えい言動が批判されていた。

そんな中での不倫騒動に世見は一斉にバッシングした。

二人が出会ったのは1/4そこからFacebookで宮崎謙介さんが猛アタック

ちなみに、この週刊文春の報道ではグラビアアイドルとしているが、後に日刊スポーツで宮沢磨由さんと報道されいている。

宮沢磨由さんはメディアに顔を隠しながらも積極的に露出。売名行為と一部で揶揄されるなどちょっとした騒動になっていた。

二人が出会ったのは1/4。

1月4日にも衆議院第一議員会館を訪れており、同日行われた自由民主党の新年会において和装で登場した宮崎の着付けを担当した。
そこからまずはFacebookのメッセージで猛アタックを開始。

さらに、宮崎謙介さんが宮沢磨由さんに送ったLINEは1日に400通との報道で全国の有権者や支持者を愕然とさせたのは記憶に新しい。

「私のど真ん中はソナタ」
「会いたくてたまらない病」
「裏切られたらどうしよう。死ぬ!」

などなど、懐かし当時のメッセージが暴露されている。

どうして不倫相手の宮沢磨由さんはココまで真実をメディアの前でペラペラと喋ってしまったのだろうか。

それは、宮崎謙介さんほ保身にイラツイた宮沢磨由さんの逆襲だったとも言われている。

「あれはハニートラップ」発言にキレた?

とにかく宮崎謙介の熱烈なラブコールに奥さんの金子恵美さんの妊娠も忘れて燃え上がっていた二人。

そこからとんでもない宮崎謙介の言い分が発覚する。

宮崎が党関係者に「ハニートラップに遭った」などと弁明していたことが報じられたのだ。

1日に400回もLINEして私のど真ん中はソナタ」だなんだと言っておきながら・・。
逆に、宮沢磨由さんもはめられたとテレビカメラの前で話すなどなんだが泥仕合に。
2月15日、宮沢磨由さんはTBSの取材に応じ、宮崎と初めて出会ったとされる1月4日の状況について証言した。

その取材の証言がこれまたすごかった。

宮崎は「着付けってどうやるのか教えて」と声をかけた上、女性タレントの手を握るなどしていたという。

その後、宮崎は女性タレントに対しLINEで

「好き」「会いたくてたまらない病」「私のど真ん中は“ソナタ”」「京都に来ない?」

といったメッセージを一日に400回以上も送りつけ、何度も繰り返し自らの写真をLINEで送るよう要求したという。

結局、宮崎謙介さんは議員辞職。宮沢磨由さんも世見から大バッシングに合う羽目になってしまったのだ。

宮崎謙介と宮沢磨由さんの現在

そんな二人は今現在、どうしてるのだろうか。
サンジャポに出演する宮崎謙介さんは現在は会社を立ち上げて子供たちの教育関連の事業で頑張っているようだ。

もともと、早稲田大学商学部から一流企業やベンチャー企業を渡り歩いて自らの会社を起業していたねっからのビジネスマン。

現在は子供たちにプログラミングを教えるという、公共性の高い仕事をしていると報じられている。

一方の宮沢磨由さんはブログなどで活き活きとした活動を報告しているようだ。

ダンサーやインストラクターに恋愛カウンセラーに着付け師と充実した日々を送っているようだ。

妹さんの写真とともにアップされいるが確かに年齢を感じさせない美人姉妹といったところのようだ。

そして奥様の金子恵美さんは・・

そんあ二人のせいで、一躍時の人になってしまった美人議院として話題の金子恵美さん。

10月の選挙で見事に落選。

公用車も格安豪華な議院宿舎もこれでおさらば。

しかし、昨年の妊娠時期の激動を乗り越えて、あの宮崎謙介と離婚もせずにいる姿はまさに鉄の女性。

今回は落選してしまったものの、2019年にはまた選挙がある。
しばらくはゆっくりと子育てしてまた、復活を願う金子恵美さんのファンも多いかもしれない。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。