校閲ガール デラックス・スペシャルが遂に2019年9月20日に『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』としてスペシャルドラマとして帰ってくる。
そこで、校閲ガール デラックス・スペシャルのあらすじとネタバレや感想などをまとめる!

悦子(石原さとみ)が校閲部から『Lassy』編集部に異動して一年、スペシャルドラマは、冒頭からいきなり急展開を迎える。

恋人の幸人(菅田将暉)ともラブラブで順調な日々をを送っていた悦子(石原さとみ)。
しかし、スペシャルが始まって数分で幸人(菅田将暉)との間に『とんでもない急展開』が起こる。

さらに、今回は悦子が泣き作家が原稿に込めた思いを謎解きのように紐解いていく!

放送前から、ファンの間ではかなり話題になっていたドラマの見どころや、あらすじと感想などをまとめる。

スポンサーリンク


校閲ガール デラックス・スペシャルのあらすじ

今回の校閲ガール デラックス・スペシャル『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』はいつものレギュラーメンバーも勢揃い!石原さとみ演じるド派手ヒロイン河野悦子が大暴れする。

憧れの職業に悦子の夢と現実。さらに波乱の恋の行方など、スピード感あふれる内容になっている。

悦子(石原さとみ)が校閲部から『Lassy』編集部に異動して一年。幸人(菅田将暉)との交際も順調!そんな中、凄腕の新編集長・二階堂(木村佳乃)がやってくる。ベテランスタッフのクビを切るなど冷酷な二階堂に悦子は猛反発し、編集部を追い出されてしまう。そんな悦子を茸原(岸谷五朗)は校閲部に温かく迎える。さらに、幸人の新しい担当編集(佐野ひなこ)の存在に胸騒ぎ。仕事に恋に大ピンチの悦子、一体どうする!?

校閲ガール デラックス・スペシャルのあらすじネタバレ

※最終的な校閲ガール デラックス・スペシャルのネタバレは放送後に追記します。

今晩放送される、校閲ガール デラックス・スペシャルが遂に2019年9月20日に『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』。

まずは、このスペシャルドラマの見どころからご紹介したい。

ドラマの主人公の、悦子(石原さとみ)が校閲部から見事に憧れの『Lassy』編集部に異動して一年がたとうとしていた。

念願の恋人となった幸人(菅田将暉)との交際は誰もが羨むほど順調。

来いや仕事に充実した毎日を送っていた。

そんな中、ある日、編集部に敏腕の編集長がやってくる。
『Lassy』に凄腕の新編集長・二階堂(木村佳乃)だ。いきなり悦子(石原さとみ)は神編集長に疑問をぶつけてしまう。

「奥多摩オトナ遠足」という特集記事の内容に矛盾を感じたのだ。黙っていられない悦子はさっそく二階堂に指摘してしまう。

しかし二階堂は、驚くほど冷淡にこう言い放つ。

『ファッション誌に厳密な校閲は必要ない。』

ばっさりと言い切ったのだ。

それでも悦子は記事の内容を確認するため、校閲部の米岡(和田正人)、藤岩(江口のりこ)と一緒に奥多摩観光へ。

しかし、ただ記事の内容を確認するで終る悦子ではない。なんと奥多摩敢行の地で新企画を思いついてしまうのだ。

見事に悦子のその企画が採用され、悦子は二階堂から期待を掛けられるように。

ただ、順調な仕事とはウラハラに悦子の恋は暗雲が立ち込める。

悦子(石原さとみ)の恋人の幸人(菅田将暉)は、仕事で新しい担当編集者・花恋(佐野ひなこ)と出会う。新しい担当編集者・花恋(佐野ひなこ)幸人の大ファンだという。しかも、女子力の高い笑顔と谷間はくっきり。幸人はすっかり花恋と急接近してしまう。

そんな中、二階堂が『Lassy』廃刊とウェブへの完全移行を発表する。しかし、悦子は、二階堂の方針に反対。すると、二階堂からクビを言い渡され…。恋に仕事に大ピンチの悦子は、一体どうする!?

スポンサーリンク


地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子スペシャルの感想

スポンサーリンク


校閲ガール デラックス・スペシャルのキャスト

河野悦子:石原さとみ

景凡社校閲部員。栃木県出身。本来はファッション誌「Lassy」の編集部を希望し、7回目の就活で採用されたが、配属されたのは校閲部だったため、いつの日か「Lassy」に移るのを目標としている。
初めのうちは校閲の仕事に対してあまり積極的ではなかったが、慣れるに連れて本から様々な知識を得るようになり、その知識を「Lassy」の編集部に移った際に活かそうと思うようになる。「Lassy」の校閲の応援に行った際、後述の波多野に失敗を叱責されたためショックを受け、翌日人が変わったようになり、ファッションも地味になってしまった。
「Lassy」の編集長・亀井に雑誌企画のプレゼンに参加するよう誘われたが、校閲部の仕事に忙殺され、参加できなかった。
校閲部のオフィスを「部屋が地味」という理由で少しずつ飾り付けていた。
料理は、後述の作家桜川葵に「家庭的」と言われたほど上手い。
後述の「是永 是之」を初見で「ぜえい ぜえ」と誤って読んでしまい、以後その読み方が癖になってしまった。
「Lassy」のファッションショーに行った際、幸人が「是永 是之」であることを貝塚に教えられた。
場面転換の際、次のシーンでの彼女のファッションが表示される。

折原幸人:菅田将暉

大学生。「是永 是之(これなが これゆき)」のペンネームで作家業もしているが、そのことを公表していなかった。いわゆる覆面作家。
実は、後述の大御所作家・本郷の息子で、覆面作家であることを公表しなかったのは父の名を辱めないようにするためだった。
住んでいたアパートを追い出されたため、森尾にルームシェアを提案され、彼女の部屋に転がり込み、同居を始める。その後、森尾の後押しもあり、読者投票により、「Lassy」の男性専属モデルに選ばれた。そのことによりモデルとしての収入を得たため、ルームシェアを解消した。その後は本郷と同居している。
小説を書くことに行き詰まっていたが、新たにノンフィクションを書きたいと思い、取材をしていた。その執筆に追われ、モデルの仕事に穴を空けることが多くなり、モデルをクビとなる。だが、これにより作家業に集中でき、「東京 B-SIDE」というタイトルの作品を完成させることが出来る。

森尾登代子:本田翼
米岡光男:和田正人
藤岩りおん:江口のりこ
尾田大将:田口浩正
今井セシル:足立梨花
波多野 望:伊勢佳世
佐藤百合:曽田茉莉江
青木祥平:松川尚瑠輝
正宗信喜:杉野遥亮
東山:ミスターちん
西田:長江英和
北川:店長松本
坂下梢:麻生かほ里
目黒真一郎:高橋修
亀井さやか:芳本美代子
貝塚八郎:青木崇高

茸原渚音:岸谷五朗
本郷大作:鹿賀丈史

二階堂凛:木村佳乃
橘花恋:佐野ひなこ

校閲ガール デラックス・スペシャルの感想

校閲ガールってどんなドラマ?

『校閲ガール』(こうえつガール)は、宮木あや子が原作の小説シリーズ。第1作は2014年3月14日にKADOKAWAから出版されている。

2016年10月から12月まで日本テレビ系で石原さとみさんが悦子を演じてテレビドラマ化され大ヒットしてた。
河野悦子(こうの えつこ)は、ファッション雑誌の編集者になることを夢見て、大手出版社に就職するが、校閲部に配属される。夢見ていた華やかな世界とはウラハラに地味な部署に配属された悦子が、持ち前の明るさと行動力で奮闘する。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。