茨城県でおきた茨城大農学部2年の女子学生(当時21歳)の事件でで警察は犯人を逮捕したと発表した。茨城大農学部2年の女子学生(当時21歳)の犯人の名前や顔写真はまだメディアにも発表されておらず、取り急ぎの第一報となった。

13年の時をへて犯人逮捕に結びつけた警察の執念の捜査に賞賛の声が上がっている。

同時に、この事件では多くの謎があり事件の真相究明に向けて犯人の逮捕は大きな一歩となった。

>>続報:犯人のフィリピン国籍の工員ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者が逮捕<<

広告

茨城大農学部2年の女子学生(当時21歳)の事件で 犯人逮捕!名前や顔写真は?

 

この事件は、平成16年1月に茨城大農学部2年、茨城大農学部2年の女子学生=当時21歳=が被害にあった未解決事件だった。

茨城大農学部2年の女子学生(当時21歳)が被害にあった場所もわからないまま。
しかも彼女がどうして深夜に外出しなければならなかったのか?

さらに、かなり視力の悪かった茨城大農学部2年の女子学生がコンタクトもメガネもセずに外出するなど不自然な点く謎の多い事件だった。

茨城大農学部2年の女子学生が変わり果てた姿で発見されたのは16年1月31日早朝だった。
司法解剖の結果、死亡推定時刻は31日午前0時~2時とみらているが、その他にも胸や肩などにもかなりのキズがあったとれる。

茨城大農学部2年の女子学生が発見現場からは5キロから6キロほど離れたごく普通のアパートに住んでいた。

茨城大農学部2年の女子学生行動に疑問点が多く、テレビでも連日に渡って放送されていた

実は茨城大農学部2年の女子学生は事件発覚前夜の1月30日に当時茨城大学農学部四年の男子大学生と食事をしていた。

そして、そのまま二人は同じアパートに帰宅するも、男子大学生はかなり酒によっており、そのまま寝てしまったという。

茨城大農学部2年の女子学生が外出する気配を感じていたが、この男子生徒は気にもとめずにそのまま寝ていたという。
原田さんはすでにパジャマに着替えていたが、ジャージーとダウンジャケットがなかった為に軽装に上着とうい格好で深夜に外出したようだ。

テーブルには原田さんの筆跡に似た字で置き手紙がおいていたったという。

「友人に会いにでかける。遅くなる」

広告

茨城大農学部2年の女子学生の事件はさらに謎を極めたが年々情報提供は少なくなっていた

茨城大農学部2年の女子学生はどうして外出しなければならなかったのか?

また、このときの置き手紙にあった友人とは誰なのか?
犯人が逮捕された今、やっと真実が明るみになるのだろうか。

茨城大農学部2年の女子学生の視力は0.1程度。深夜にめがねもコンタクトレンズもしないでの外出はどう考えても不自然だ。

彼女が普段から使用していた自転車は自宅から北西約3キロの土浦市内の電器店近くで発見されてる。

このため原田さんは自転車に乗ったと思われるが、夜間に裸眼のまま、ここまで外出したというのはいかにも不自然なのだ。

一体、茨城大農学部2年の女子学生は何の目的で誰に呼び出されて被害にあったのか・・・ 多くの謎が残る事件だった。

>>続報:犯人のフィリピン国籍の工員ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者が逮捕<<

広告

茨城大農学部2年の女子学生の事件で犯人逮捕に13年の時を経て警察の執念の捜査に賞賛の声

▼長い時が経ったが、捕まって良かった
▼すげえええええ やっと遺族の方も少しほんの少し報われた
▼よくやった!
▼頑張って働いている警察の人もいるんですね
▼警察よくやった!真相解明を望みます。
▼今更でも犯人逮捕できて良かったと思う。
▼続報が気になります。
▼時間がかかったが、捕まって良かった。
▼捜査関係者の方、お疲れ様でした。

広告
コメントは利用できません。