史上最強の安倍晋三独裁政権は今日も絶好調だ!!憲法と漢字が若干苦手な安倍内閣がまたも読売新聞にスキャンダルをリークした。
少しは産経新聞にも花を持たせて上げてはどうか?

文部科学省における組織ぐるみの天下りの問題で1月に引責辞任した前川喜平さん(前事務次官、62歳)が出会い系バーに出入りしていたと、5月22日の読売新聞が報じています。そのバーは援助交際などの温床になっているとのこと。

実は、加計学園グループの一連の安倍晋三のお友達優遇措置に対して「総理のご意向」という文科省の内部文章を朝日新聞で告発したのが前川事務次官と言われているのだ。

当然のように官邸はこれを怪文書として切り捨てたが文科省は「その文章の存在は確認できなかった」としたのだ。
本当になかったなら「なかった」と言えばいい。まさに霞ヶ関文学の言い回しで「総理のご意向は確認できなかった」としたのだ。


スポンサーリンク


前川喜平事務次官の出会い系バー報道

ではまず前川喜平事務次官の出会い系バー報道から見ていきたい。
官邸がリークし読売新聞に記事を掲載させたのが22日の7時だった。

文部科学省による再就職あっせん問題で引責辞任した同省の前川喜平・前次官(62)が在職中、売春や援助交際の交渉の場になっている東京都新宿区歌舞伎町の出会い系バーに、頻繁に出入りしていたことが関係者への取材でわかった。

教育行政のトップとして不適切な行動に対し、批判が上がりそうだ。

関係者によると、同店では男性客が数千円の料金を払って入店。気に入った女性がいれば、店員を通じて声をかけ、同席する。

女性らは、「割り切り」と称して、売春や援助交際を男性客に持ちかけることが多い。報酬が折り合えば店を出て、ホテルやレンタルルームに向かうこともある。店は直接、こうした交渉には関与しないとされる。
引用:読売新聞

スポンサーリンク


前川喜平事務次官は天下り斡旋問題で詰め腹を切らされていた

実は前川喜平事務次官は文科省の天下り斡旋問題で責任を取らされていたのだ。

はっきり行って天下りなどどこの省庁でも積極的に行われている。なぜ文科省と自分だけが責任を取らされるのかと内心では怒り心頭だったのだろう。

文科省の前川事務次官辞任へ 天下りあっせん問題で引責
文部科学省が国家公務員法に違反し、同省前局長の早稲田大学への「天下り」をあっせんした疑いが指摘されている問題で、前川喜平事務次官の辞任が19日、固まった。内閣府の再就職等監視委員会が調査を進めているが、同省人事課や幹部が組織的に関わった可能性が浮上しており、責任をとるとみられる。
引用:http://www.asahi.com/articles/ASK1M36HNK1MUTIL005.html

加計学園に対する総理のご意向をリークした官邸からの圧力

しかし、もう日本国民も馬鹿ではない。

さすがにこの報道は加計学園グループに対する特別かつありえない特別優遇措置と税金の横流しが事実であることを国民に印象つけてしまったようだ。

本当の保守が出てきて欲しい!今や議論不能のカルトしかいないのか

今回の官邸がみすみす加計学園グループの総理のご意向メモを認める形になってしまった事件。

もう情報は出すなよという圧力をかけたつもりだろう。
前川さんももう官僚としては完全に終わってしまった。どこかに天下りするにも現状はなかなか厳しい。

この際、もってるものをぶちまけて古賀茂明さんみたいに生きていけばいのに。

次のページではアベ友の加計学園グループの何が問題か?をまとめる。

スポンサーリンク


次ページに続きます

ページ:

1

2
コメントは利用できません。