実名報道で定評のある産経新聞だが身内には甘いのか?千葉県我孫子市六実のりんちゃんの事件取材中の記者が聞き込みを断られた家の壁を蹴り倒す動画が公開され炎上した。

この動画が公開されるとネット上はすぐに炎上。

さらに産経新聞がニュースにしたことで話題は大きくなった。

Yahoo!ニュースのトップ、コメント数も爆発的に増えtwitterのトレンドいり。
感じの動画も急上昇するなど、その衝撃の大きさを物語っていた。

広告

まずは共同通信社の衝撃の壁蹴り動画をご覧ください。

まずは共同通信社の衝撃の壁蹴り動画をご覧ください。

衝撃というか、カメラに犯行がバッチリ映ってるという澁谷恭正容疑者と同じ行動を取るって・・。

広告

共同通信社の20代の男性記者の名前は誰?

今回、産経新聞がいち早くこの壁蹴り動画を記事にした。

相変わらず仕事が早い産経新聞。

これに対して、先程、共同通信社が事実を認めて謝罪した。

ちなみに、共同通信社の謝罪も記事にしてるw

この報道関係者は共同通信社(東京都港区)の20代の男性記者だったことが17日、同社への取材で分かった。

 同社は「社として厳粛に受け止めている。事情を聴いた上で厳しく指導する」としている。ネット上で動画が公開されたことを受け、社内で調査したところ記者が名乗り出た。記者と同社幹部は17日、この住民に謝罪した。蹴った理由については「まだ確認できていない」という。

 同社総務局は「許されない行為であり、ご迷惑をお掛けした方に深くおわびします。本人を厳しく指導するとともに記者教育を徹底します」とのコメントを出した。

ネットでは共同通信社に対して厳しい意見が目立っている

広告
コメントは利用できません。