連日のように子どもたちに対して先生たちの問題行動が明るみになっているいが、京都新聞がとんでもない女性常勤講師の問題が報道された。

なんと京都市西京区の私立小学校の小学二年生に対して教室封鎖して帰宅したい女児に対してバリケードを作って封鎖していた事がわかった。

スポンサーリンク


ネットではさすがに、これは教師にフォローのしようがないと怒りの声が上がっている。

京都市西京区の市立小学校の小2に対して教室封鎖した小学校はどこだ、女性講師は誰だと怒りの声が上がっている。

帰宅させたくない!女性講師が教室封鎖して小2女児帰さず

まずは、京都新聞の第一報からニュースを引用する。
京都市西京区の市立小学校で昨年11月、女性常勤講師(51)が、担任していた当時2年の女児(8)を教室から出さないようにするため、同級の児童に机や椅子をバリケードのように並べさせ、出入り口を封鎖していたことが4日、分かった。
 学校などによると、11月上旬の授業中、女児が「帰りたい」と言い、教室から出たがった。講師は女児の体を抱えて静止しながら、クラスの児童に机を動かすよう指示。複数の児童が机や椅子を教室の前後の出入り口に並べて封鎖し、後方のドアは施錠した。担任は校長に対し「帰らせたくなかった」と説明したという。
 別の日には、帰ろうとした児童の上履きを、3・4時間目の授業中に預かり、靴下で過ごさせたという。女児は、別のクラスの男児から悪口を言われるなどのいじめを受けたことも重なり、2月中旬から不登校になっている。
 校長は「行き過ぎた指導で申し訳ない。今後は、児童が学校に復帰しやすい環境をつくりたい」と話している。
引用:京都新聞

まず大問題なのが、結果としてこの被害にあった小2の生徒は現在不登校になっている。

教育の現場に正解はないが、はやり結果責任が問われる現場であることは間違いがない。
とくに教育現場は、学級崩壊やモンスターペアレントなど以前とくらべて格段に教育が難しくなっている現実がある。

それだけに、これだけの情報では一概に批判はできないが、それでも今回の事件は多くの問題をはらんでいる。

スポンサーリンク


生徒にバリケードを作らせ教室を封鎖

今回、驚いたことにこの女性講師はバリケードを作って教室を封鎖した歳に同級生の児童に指示してバリケードを作っているのだ。

一概に、女性講師を非難はできないが、どんな理由があっても他の児童を巻き込むことは許されないだろう。

京都市西京区の市立小学校の小2教室封鎖どこ?女性講師は誰だと怒りの声が上がる

確かに、現在は多様な価値観の中で既存のルールや教育指導要領にそった教育だけでは現場は立ち行かなくなっているのは間違いない。

その中で、女性講師が行った行為が結果として生徒の不登校に影響したことは間違いないだろう。
結果として、児童が不登校になっている以上、問題があったのは間違いない。

京都市西京区の市立小学校の小2教室封鎖どこ?女性講師は誰だと怒りの声が上がるのも無理はない。

しかし、一方で冷静な意見も目立っている。
ネット上での多様な意見がある。


https://twitter.com/uchida_kawasaki/status/849396679015006209

最大の悲劇は、悪人の暴力ではなく、善人の沈黙である

マーティン・ルーサー・キングの言葉にこんな名言がある

最大の悲劇は、悪人の暴力ではなく、善人の沈黙である

個人攻撃で負わせるのではなく、子供たちや現場の教師がどうしたらより良い学校生活を送れるのか、地域ぐるみで真剣に考える時期が来ているのだろう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。