中川俊直の女性問題のスキャンダル。
愛人への重婚ウエディングとストーカー登録という前代未聞の引責辞任で事実上の更迭となった。

安倍総理が国会で「森友学園」についての追求が行われているなかで同僚の前川恵議員との深夜の渋谷区の高級マンションでの密会不倫をフライデーされてから一ヶ月。

今度は中川俊直が愛人との重婚ウエディングトラブルと警察にストーカー登録されるという前代未聞のスキャンダルを報道されるのだ。
そして、今回の中川俊直の更迭以上に大きな自民党議員のスキャンダルも合わせてお伝えする。

スポンサーリンク


父は中川秀直元内閣官房長官を父に持つエリートだった

今回の女性スキャンダルで雑誌発売前に引責辞任で、事実上の更迭となった中川俊直氏。

彼の父は元内閣官房長官を努めた中川秀直氏だ。
中川俊直もエリート街道をひた走り、早稲田大学に入学、抜群の親の七光りもあってかテレビ東京に入社。

スポーツや政治部の記者を経てテレビ東京を退職。

父の中川秀直議員の秘書を13年間勤めた。

2012年に初当選している。

2006年に一度選挙に立候補して落選してる。

3月には同僚の前川恵議員と不倫現場をフライデーされていた

3月といえば、安倍総理の妻で私人の安倍昭恵さんが森友学園の件で野党から追求を受けていた時期だ。

その時期にのんきに同僚の前川恵議員と渋谷区の高級マンションで不倫とはなかなか凄い人物だ。

政務活動費で夫を養う二度の離婚的と三度目の結婚をした三原じゅん子議員など自民党議員の貞操観念や倫理観はどうなっているのだろか。
ちなみに、昨年の育休中に不倫して辞職した宮崎氏。文春に撮られた不倫相手以外にも議員同士で三角関係だった。奥さんも元カノも自民党議員同士だったのだ。

民進党の細野豪志のモナ不倫が霞んでしまう勢いだ。

中川俊直と前川恵の渋谷区の高級マンションでの不倫をフライデーにスクープされた時でも辞職をしなかった中川俊直氏。

フライデーの場合は自民党議員同士。お互いが口を割らなければ決定的な黒にはならない。
しかし、今回は週刊新潮のスクープが発売される2日前に引責辞任となると、完全に黒と自白したようなものだ。

スポンサーリンク


週刊新潮はストーカーと愛人との重婚ウエディングを報じる!

 

20日発売の週刊新潮ではなんと愛人との重婚ウエディングが奉じられるという。

しかし、それだけではない。

なんと中川俊直が警察にストーカーとしてデータベースに登録されたというのだ。

ちなみに中川俊直が所属する自民党と公明党は昨年、SNSを使った執拗(しつよう)な書き込みを規制対象に加え、罰則も強化するストーカー規制法改正案をまとめた。議員立法として秋の臨時国会に提出してる。

まさか身内の現役国会議員がめでたくストーカーとして登録されるとは思いもしなかっただろう。

自民党は女性スキャンダルだけでなく、現役議員の覚せい剤逮捕も控えているとの噂も

官邸や自民党執行部の今回の対応の速さは実はこのあとに大きなスキャンダルが控えているとの情報があるからだ。

それが、現役国会議員の覚せい剤での逮捕だ。
すでに麻取が徹底マークをつづけていて逮捕は6/18との情報まであるのだ。

当然のように官邸もすでにこの議員から事情聴取をすませているものの、周囲からはクロのとの噂でもちきりだ。

安倍晋三首相(62)をはじめとした政府与党は森友学園問題で野党の厳しい追及を受けているが、仮にXが逮捕となれば、さらなる窮地に立たされることは確実。事情を知る関係者によると「官邸もXの薬物疑惑は把握しており、すでに事情聴取を終えている。Xは『やっていない』と完全否定したそうだが、周囲の情報からシロとは言えず、官邸はその処遇に頭を悩ませている」という。

この他にも維新の会の議員にも大麻疑惑が報じられるなど、日本の政治の堕落ぶりはとどまるところを知らないようだ。

Facebookで応援の声もあるが果たして議員辞職まで発展するのだろうか?

⇒中川俊直のハワイ重婚写真と奥さんはガンで闘病中だった!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。